私たちは地域の皆様の様々な取り組みや情報発信などのお手伝いをしています。

大崎地区地域づくり協議会 会長

  • HOME »
  • 大崎地区地域づくり協議会 会長

大崎地区地域づくり協議会 会長  目崎 健一郎 (めざき けんいちろう)

  目崎 健一郎 (70歳) 
  大崎地区地域づくり協議会 会長  

 

目崎さんは、平成29年度より大崎地区地域づくり協議会の7代目会長に就任されました。

1代目 目崎 健一郎 会長(1年)
2代目 松田 紀孝 会長(2年)
3代目 松田 幸雄 会長(1年)
4代目 中島 智 会長(1年)
5代目 馬場 忠利 会長(2年)
6代目 星野 琢之 会長(3年)
7代目 目崎 健一郎 会長

お気づきのように、目崎さんは平成19年度の大崎地区地域づくり協議会発足時から

1年間、初代会長も務められていました。

建設業に携わっていたことから、基礎事業については理解もしやすかったそうですが、

当時は提案事業についての不安も多く、大和市民センターにも何度も相談に訪れながら、

大崎地区地域づくり協議会の礎をつくられました。

 

「交通安全の看板等設置」「環境保全の看板等設置」「花いっぱい運動」は、

目崎さんが初代会長の頃に始められ、現在まで引き継がれています。

 

「断ることが苦手で、色んな役が回ってくるがそ。」

 

そうおっしゃるとおり、今までに大崎小学校PTA役員や

後援会長・龍谷寺世話人・祭典委員などを務められ、

現在でも、大前神社翁式三番や大崎ダム公園鯉のぼりまつりなど、

地域とたくさんの関わりを持っています。

 

「大崎には小さいけれども団体やイベントがたくさんあって、

第一線を退いた人たちが頑張って引率している。

そういった人たちの援助をしていきたいね。

こちらで把握できていない団体もあるかもしれないけど、

『地域づくりだより』で事業を知ってもらえば、声が上がるかもしれない。

学校や幼稚園も含めて、小さなことでも言ってもらえば応えたい。」

 

それからもう一つ、力を入れたいことが、大崎小学校周辺の植物・環境整備です。

「小学校のすぐそばに住んでいて、1年365日見てるんだんが、

荒れたところがあったりするのがよくわかるがそ。

空き缶が投げ捨ててあったりもするけど、

普段から綺麗に整備してあれば、ごみを捨てる人もいなくなるすけね。」

 

子どもたちのすぐそばにいる目崎会長だからこそ、

地域の安全や環境を守る地域づくりにつながっているのかもしれません。

趣味は野菜づくりで、珍しい野菜の種を取り寄せて栽培に挑戦している、

とおっしゃった笑顔には、地域の方々から慕われる目崎会長のお人柄が表れていました。

PAGETOP
Copyright © 南魚沼地域復興支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.