LINEで送る
Pocket

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様には、

心よりお見舞い申し上げます。

 

毎日、ニュースや新聞では、

東北地方の地震・津波による被害の状況が、

次々と報道されていく中、

地震発生から1週間がすぎた、3月20日(日)。

 

南魚沼市民の中で、私達でも何かできる事はないだろうか!

と思っている方々が集まり、

支援物資の収集と募金活動を行う事が決定し、

当センター支援員もお手伝いに行ってまいりました。

 

当日の朝、745分から南魚沼市民会館に集合し、

9時からの物資受付の為に、まずは会場の準備から。

 

入口付近に受付を3ヶ所作り、

まずは受付で、物資の種類と数量を確認。

 

奥の多目的ホールでは、

物資の種類により、置き場所を作り、仕分けして置けるような場所も完成!

 

開始時間前までは、

受付3つで足りると思われていたのですが、

いざ9時に開始してみると、ものすごい人!人!人!の列となり、

急遽、5つに増やす場面もありました!

e794bbe5838f-217-2

 

e794bbe5838f-218-2

 

e794bbe5838f-219-2

 

車と会場を何度も往復して運んできてくれる方。

家族みんなで持ってきてくれる方。

家に余っている物はなかったからと、

わざわざスーパーで買って持ってきてくれる方。

物資の仕分けを手伝って行ってくださる方・・・

 

年齢、性別、職業を問わず、多くの方々が同じ気持ちで、

貴重な時間・ガゾリンを割いて集まってくださいました。

e794bbe5838f-214-2 

e794bbe5838f-215-2

 

午後から、当センターの支援員小林と阿部は、

ジャスコ六日町店様へ移動し、募金活動を行ってきました。

南魚沼市女子力観光プロモーションチームの

メンバーのみなさんも一緒です。

e794bbe5838f-222-2

 e794bbe5838f-225-2

 

小銭のつまった貯金箱を手渡してくださる方、

自分のお小遣いから募金してくれた子供たち

行きも帰りも募金してくれる方・・・

e794bbe5838f-221-2

 

ここでも、多くの方々が募金に協力してくださり、

本当にたくさんの義援金が集まりました。

e794bbe5838f-223-2

 

こんなに多くの方々が、

少しでも支援したい!と思ってくださっている事を

現場で感じた日でした。

 

ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました。

 

これからも、南魚沼センターでは、

被災者の皆様に少しでもお役に立てるよう

頑張って活動していきたいと思っております。

LINEで送る
Pocket