LINEで送る
Pocket

写真 2015-10-21 14 56 57
 
 
 
10月21日(水)に開催された中之島地区まちづくり協議会主催の地域コミュニティーイベント・グラウンドゴルフ第6回「ワールドカップイン中之島」に行ってきました。
 
中之島地区まちづくり協議会では、大原運動公園を主に利用し、月に1回(年間7回)、グラウンドゴルフ大会を地域の方々の交流イベントとして開催しています。
 
グラウンドゴルフは中之島地区だけではなく、六日町地域や大和地域でも、地域コミュニティーイベント・交流会として、あちこちで行なわれています。
 
今回はいつもの大原運動公園ではなく、昨年4月にオープンしたばかりの舞子高原ホテルのスキー場をコースにしたグラウンド・ゴルフコースで最高の秋晴れの中、開催されました。
 
 
写真 2015-10-21 13 21 31

写真 2015-10-21 15 09 41

IMG_9127

写真 2015-10-21 15 09 36
 
 
大会会場に着くなり、
 
 
「タカフミくーん!(参加者に)こっち入ってやろぉてぇー!」
 
「1人さあー、メンバーが足りなくなってさあー!!」
 
 
お断りする理由はなく、小林タカフミ参加者最年少として「ワールドカップイン中之島」に万を持して参戦してきました。
 
 
写真 2015-10-21 13 30 22
 
 
とはいうものの、グラウンドゴルフってなんなんだ…
 
 
 

みなさん、グラウンドゴルフって知ってますか?

 
写真 2015-10-21 15 04 59

IMG_9134
 
 
南魚沼市内の河川敷や公園などで、グラウンドゴルフを地域のおじさんやおばさまがやっている風景はよく見ていたのですが、私はやってことはないですし、ルールもわかりませんでした。
 
ということで、まずは簡単にグラウンドゴルフとはどういったスポーツなのかということを。
 
 
 

グラウンドゴルフとは…

 
doug

    どこでもできる

  • 規格化されたコースを必要としません。
  • プレーヤーの目的、環境、技能、などに応じて、運動場、河川敷、公園、庭などどこでも、自由にコースを設定することができます。
    準備は簡単

  • ゴルフのように穴を掘る必要がなく、ホールポストを立てるだけで準備は完了です。
    ルールは簡単

  • 規他のスポーツに比べて、ルールがきわめて簡単で、一度プレーすれば覚えられます。
    高度な技術がなくてもできる

  • グラウンド・ゴルフの技術は他の競技スポーツを同じように、トレーニングによって向上し、競技性も高くなります。しかし、ゲームを楽しむためには必ずしも高度な技術を必要としません。子供から高齢者まですべての人が、楽しくプレーすることができます。したがって、グラウンド・ゴルフはファミリースポーツとして楽しむ条件を全て備えたスポーツです。
    プレー方法

  • 専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を数えます。
    場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、どこでも、だれでも手軽に楽しむことができます。又、ホールインワンもあり、その場合、自分の各ホールの合計打数から3打をマイナスするという特典が設けられており、プレーヤーの励みと意欲を高める工夫がなされています。
 
 
 

中之島地区まちづくり協議会・荒川事務長から開会のごあいさつ

 
IMG_9130

IMG_9129

IMG_9133
 
 
中之島地区まちづくり協議会・荒川事務長から開会のごあいさつと、まずは私を含め、初参加の人もいたので、ルール説明。
 
見てください、この荒川事務長のキャップとサングラス。

気合いがスゴい!”荒川プロ”ですよね(笑)
 
そして、参加者のみなさんも気合い充分!
 
 
写真 2015-10-21 13 31 51

写真 2015-10-21 13 35 24
 
 
そして、毎回恒例らしい参加者による記念撮影。
青空ブルースカイ!
 
グラウンドゴルフミニ大会27.10.21 3
 
ちゃっかり私も入りました。ピーーーーーース!

 
 

グラウンドゴルフは想像×100倍くらいおもしろいスポーツ

 
写真 2015-10-21 13 47 08
 
 
まずは総勢24名の参加者のみなさんが4人1組になり、計6組で組ごとに分かれます。
そして各組で3コース(黄コース、緑コース、青コース)を回りました。
 
私は荒川事務長と同じ組でプレー。
 
見た目どおり… 荒川事務長はかなり上手でビックリしました!

そして、グラウンドゴルフ… これがかなりおもしろい!想像してた10倍… いや50倍… いや100倍!!
 
3コースを約2時間かけて、歩いて玉打って、歩いて玉打ってなんですが、とてもいい運動になりました。汗だくになりました、天気が良すぎまして。健康にいい!太陽と山の恵みを思う存分いただきました。
 
スポーツの秋。最高です!
 
 

初めて出会う地域の人たちもみんな仲良く

 
写真 2015-10-21 13 47 04

写真 2015-10-21 13 56 17
 
 
広いコースの中で歩いて移動する時間も多いので、いろいろな人と話しをする機会も自然と増えます。
 
同じ組のメンバーはもちろん、違う組のみなさんとも、
 
 
「若いショ(人たち)はやっぱうまいなー、次からもコレ(ゴルフ)を仕事として来たらいいさ(笑)」
 
「ホールインワンが出たがあーてー」
 
「ナイスばーでー!!」
 
 
ナイスばーでー!?ナイスばーでー!!ですよ(笑)
 
今回は参加していませんでしたが、こどもたちも参加することも多いとのことで、世代を超えて地域のみなさんと交流できる、とてもいい地域コミュニティーだと感じました。
 
 
写真 2015-10-21 13 59 40
 
 
私と同じ組で、一緒にコースを周った1人の女性の方がいました。
 
その女性の方は今回の中之島で開催されるグラウンドゴルフイベントに参加することも、グラウンドゴルフをすることも初めてだとお話ししていました。
 
 
「今回は何がきっかけで参加されたんですかー?」
 
 
と聞いてみました。
 
 
すると、
 
 
「市報をふと見ていたら載っていて、オモシロそうだから参加してみようと思ったの」

「前は他のところに住んでいたんだけど、数年前に舞子(中之島地区)に引っ越してきたの」

「今日は地域のみなさんといろんなおしゃべりができたし、スゴい楽しかったわ」
 
 
とおっしゃっていました。

市報をたまたま見て知ったらしく、こういった地域イベントがあることは知らなかったようでした。しかも、引っ越してきたので、中之島のみなさんとの交流がほとんどなかったと。
 
おそらくもっと早くからグラウンドゴルフの情報を知っていたら、その女性の方はだいぶハマっていたご様子だったので、ずっとレギュラーとして参加していたでしょうね。
初めてとは思えないほどセンスも良かったですし、今ごろ荒川プロのようになっていましたね(笑)
 
中之島地区の定番イベントになりつつあるグラウンドゴルフですが、こういったすばらしい地域コミュニティーイベントの情報発信支援を支援員として、もっともっといろいろな角度から発信していかなければいけないなーと感じましたね。
 
 
帰り際にその女性の方に、
 
 
「次回も参加するんで、一緒にまた行きましょうよ!」
 
 
と誘ったら、
 
 
「5ヶ月間海外に行くのー♡」
 
 
と(笑)
 
 
また来年、一緒にグラウンドゴルフをしましょう!
 
 
写真 2015-10-21 13 36 26
 
 
あっ!最後にこのグラウンドゴルフ「ワールドカップイン中之島」は中之島地区まちづくり協議会の地域コミュニティー事業として開催されているため、参加費は無料です。
しかも、この日は終了後、舞子高原ホテルでドリンク・ケーキなどもふる舞われたそうです。
 
最後までいたらよかったーーー(涙)

LINEで送る
Pocket