LINEで送る
Pocket

IMG_7081
 
 
 
お盆に余川白山神社祭礼が開催されました。
朝から、こどもみこしに参加し、夜は余川白山神社で本殿に隣接している余川公民館をステージに、余川八木節保存会による八木節や、よさこいソーランが披露され、こどもから大人まで多くの方々が祭りを楽しんでいました。
 
 
IMG_7091

IMG_7101

IMG_7165

IMG_7170

IMG_7180
 
 
 

余川八木節保存会

 
この祭りの最初と最後に披露された余川八木節保存会による八木節。

先日、主任の昌子さんも言っていた、やぎ、ぶし…

IMG_7189

IMG_7201

IMG_7190

IMG_7206
 
 
八木節は元々、群馬県と栃木県の代表的な盆踊りで笛や太鼓の旋律で、木樽を叩いて音頭をとり、チャカポコ、チャカポコと軽快なリズムを聞かせ、華やかな傘踊りがついた日本三大民謡の一つ。
 
 
 
…がしかし!!
 
 
 
インターネットで検索してみると、群馬県と栃木県の八木節の情報は出てくるけど、余川の八木節の情報が全くない…
 
いやいやいや、ご安心あれ。心配ご無用!!
 
 
 

秘密兵器『余川誌』

 
私には先日、手に入れた余川の歴史を全て知ることができるコレがある!
 
 
 
じゃーーーーん!!
 
 
 
11880683_1630241790572573_6399786272207843988_n
 
 
『余川誌』
 
 
これで事件は解決だ!ジッチャンの名にかけ…
 
 

 
 
 
??
 
 
 
 
 
あれっ…
 
 
 
 
 
載ってない!!なぜだーーーーーーー!!なぜなんだーーーーーーー!!
 
 
 
 
 
さすがにこの瞬間は少し焦りました。
しかし同時に、余川住民の地域コミュニティーの1つとして継承し続けている余川八木節保存会のことをしっかり知り、残していかなければという使命感にかられました。資料にもネット上にもほとんど残っていない『余川八木節保存会』。
 
我々、地域復興支援員の任務の1つに

伝統文化の継承、こどもたちの活動学習支援
 
 
があります。
 
 
ここはジッチャンの名にかけて、なんとかせねば!

困ったあげく、いつも頼りにさせていただいている昌子さんに相談すると
 
 
 

「資料やネットの情報だけじゃなくて、知ってる人に会って話しを聞くんだよ!」
 
 
 
ひぇ〜〜〜!!(汗)

 
 
 
昌子さんがすぐに連絡をしてくれまして、現在の余川八木節保存会会長の遠山 力氏にお会いし、いろいろとお話しを聞かせていただきました。昌子さんにはいつもいつも感心させられるのですが、さすがスゴい人脈!
 
まず遠山氏からお話しを聞いて、とても驚いたことが…
 
 
 

余川八木節保存会とイチローじいちゃん

 
うちのイチローじいちゃんが昔、余川八木節保存会の会長をしていたということ!
なんて繋がりだ!!
 
 
6P5A8327
 
 
すぐにイチローじいちゃんからも、自宅で話しを聞いてみました。
 
「何も残ってないからなあ…」
 
と言いつつ、当時のことを断片的ですが、少しずつ話しを始めました。
 
昔、イチローじいちゃんがこどもの頃… 今、88歳だから約80年前の(笑)… 1935年の頃に、余川の大人たちに混じって踊った記憶があるそうです。
 
しかし、その後、戦争による不況で、国民の心は落ち込み、次第に余川で八木節踊っている住民の姿はなくなったそうです。
 
時は経ち、人々の心が次第に豊かになり、今から20年前の1995年(平成7年)の地域の忘年会の席で、村人の女性の1人が、
 
「お盆のお祭りがつまらない。八木節踊りの保存会を作ったらどうか?」
 
というような話しをきっかけにその場に居合わせた全員が賛成し、余川八木節保存会が発足したとのことです。
 
イチローじいちゃんは当時について、
 
「いやぁ、大変だったな〜。みんな(余川住民)まとめるのが。アレ(八木節)をやることはお金とかメリットとかじゃなくて、余川のためだったんだからさぁ〜。まぁ〜ず、いろんなことを言う人がいたっけ」
 
さらに続けて、
 
「家業もあったし、いろいろ役員もやってたし、忙しくて大変だったけど、ばあちゃんのバックアップがあったおかげ…」
 
ばあちゃんはもう亡くなっているのですが、少し寂しそうに話しながらも普段はあまり笑うことのないイチローじいちゃんの表情が少し微笑んでいるように見えました。
(そんな時、ばあちゃん子だった私はいろいろ思い出して、ほぼほぼ泣きかけていました(涙))
 
「あの頃(20年前)は1番良かった。奮闘してた、奮闘。余川に貢献しようと苦労の連続だった。その反面、喜びがあった」
 
と最後に言っていました。
 
そして、自宅に残っていた貴重な当時の写真を見せてくれました。
 
 
20150818163540415_0001 2

20150818163540415_0001

20150818163540415_0001 3
 
 
記録が何も残っていないからと、断片的な当時の話しでしたが、ますます気になり始めました。とは言っても、イチローじいちゃんは10年以上も前に、余川八木節保存会から退会しています。
 
イチローじいちゃんも詳しいことはやはり現会長の遠山氏に聞いたほうがいいと。
何かもう少し詳しい話しが聞けないかと、図々しくも、遠山氏のご自宅にもお邪魔させていただきました。
 
 
IMG_7200
 
 
 

余川誌に続く、新たな秘密兵器との出会い

 
最初は先日の余川白山神社祭典のお話しなどをしていたのですが、遠山氏が急に何か思い出したかのようにご自宅の2階にかけ上がられ、1冊のノートを持って来られました。
 
代々の会長から引き継がれたもので、余川八木節保存会創設のことや、会議やイベントのことを記してある議事録的なノート。
 
それは余川八木節保存会の歴史を唯一たどることのできる1冊の貴重なノートでした。
 
 
IMG_7835
 
 

「すっごいお宝が出てきましたねー!!」
 
 
 
 
 
と思わず興奮してしまいしました(笑)

…とここまでかなり長くなってしまって、読んでいただいている方、申し訳ございません。私には編集能力がぜんぜんないもので…
そして、ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

まだまだ続きます!
…が今回はこの辺で失礼させていただきます。

次回、最終回?はこのお宝ノートをめくっていき、余川八木節保存会の歴史を掘り下げていきたいと思います。
 
 
 
もう少しつづく
 
 
【続き】
▼余川八木節保存会の歴史 −自分の生まれた地域を知る Vol.3−
http://minamiuonuma.life/blog/9318
 
【前回】
▼新潟県南魚沼市余川の歴史 −自分の生まれた地域を知る Vol.1−
http://minamiuonuma.life/blog/8030

LINEで送る
Pocket