LINEで送る
Pocket

毎週水曜日に、塩沢中学校で行っている「子ども観光大使」の勉強会に、

 

先日何と!

 

井口一郎 南魚沼市長 が激励に訪れてくださいました!

 

 e794bbe5838f-003-2 

市長より、

 

『みなさんの力で、観光客のみなさまへ南魚沼の魅力をPRしていただき、

 

また訪れたいと思う南魚沼市にしてください』

 

とエールを頂くと、緊張してカチンコチン(_;)になる生徒さん達!

 

まずは、当センター支援員 小林の合図で、いつもの挨拶から始まります。

 

小林: では、いつもの様に、私と約束した三つを言ってから、勉強会に入ります。

   はい!ひとつ目は?

 

生徒達: 『はい』と言う、素直な返事。

 

小林: 二つ目は?

 

生徒達: 元気な挨拶。

 

小林: 三つ目は?

 

生徒達: 履物をそろえる。

 

小林: はい!よくできました!

 

・・・聞いてる私がドキドキします・・・(_;)

 

次は、日頃の努力の成果をお見せするべく、

 

自己紹介を順番に行ってもらいます。

 e794bbe5838f-004-2

大人の私たちでも「自己紹介」と言われれば、とても緊張しますよ・・・

 

それを生徒さん達は、各自オリジナルの自己紹介を考え、

 

一生懸命練習し、市長の前で堂々と笑顔で発表する事ができました!

 

ここだけの話・・・

 

小林が生徒さん達に初めて会った時は、挨拶するのもはずかしそうだったそうです。

 

それが、ここまで成長してくれるとは!

 

小林と私は、母親になった気持ちで見守っていましたが、

 

全員がちゃんと言えた時は、

 

サッカーの日本代表が韓国に勝った時にやったガッツポーズよりも、

 

もっと大きなガッツポーズを・・・やりたかったです!!!

 im00019387

しかし、まだまだ緊張の時間は続きます。

 

次は、小林から突然名前を呼ばれ、

 

先日行った 牧之通りについて、

 

「自分たちの言葉で、どのようにまとめ、どんな風に紹介するの?」

 

と聞かれています!

 

当てられた生徒さんは、ドキドキです!

 e794bbe5838f-005-21

緊張した面持ちで、井口市長に

 

「薄荷(ハッカ)」や「雁木」、「雪」や「なぜ牧之通りという名前になったのか」

 

の説明などを行っていましたが、

 

これまた、ちゃんと中学生らしい言葉でちゃんと纏められていて、

 

井口市長も感心されておられました。

 

また、井口市長から新しい情報をうれしそうに授業していただく場面も!。

 

①井口市長の親戚に、九州から南魚沼市へ嫁いで来た方がいて、

 

あまりの雪の量に驚き、

 

「この雪は、本当に春になれば消えるのですか?

一年中ずっと残っているんじゃないですか?」

 

と言われたそうです。

※私も初めて見た時は、同じような事を思いました・・・

 

②降雪と積雪の違いについて、

 

 降雪→降った雪を、そのまま足していった量

 

 積雪→降った雪が地面に積もっている現在の高さ

 

なので、降雪量は20mくらいになるんだよ!

 

と教えてくださいました。

 

生徒さん達は、緊張しながらも、必死でメモメモ・・・( ..)φ

 

みんなの頑張っている姿を見た井口市長から、最後に

 

「次は、デビューした姿を見に行きますよ!」とうれしいお言葉をいただき、

 

みんなでお礼を言い、ここで井口市長はお帰りになられました。

 

・・・井口市長が帰られた直後の、みんなです。

 e794bbe5838f-006-21

緊張の糸が切れ、全身の力が抜けてます(^_^;)

 

頑張った証拠です(^_-)

 

そして、まだまだ勉強会は続きます。

 

次は、1/21の地元新聞にも掲載されていました、

 

新しく塩沢の牧之通り郵便局に飾られた「銀座 歌舞伎座の鬼瓦」についてのお勉強と

 

先ほどの続きで、牧之通りについての復習です。

 e794bbe5838f-008-21

観光ガイドのお仕事は、

 

古い歴史を覚えるだけでなく、

 

新しい情報にもアンテナをはって、覚えていかなければならないんです!

 

頭の中がパンパンで、破裂しないか心配です・・・(-_-;)

 

途中、私のよく行く、牧之通りにある「OHGIYA  CAFE」の話になり、

 

小林より、「どんな店なのか、みんなに説明して」と突然振られた私・・・

 

慌てふためいて、モゴモゴどもってしまいました・・・

 

大人の私が、これじゃあダメですよね・・・(>_<) 反省です!

 

 

その日の帰り・・・夕方はかなり雪が降っていて、

 

少しの時間でしたが、車にしっかり雪が積もっておりました。

 

車に乗って帰る道すがら、

 

先ほどまでガイドの勉強会に参加していた生徒さんが

 

長靴を履き、雪が積もる歩きにくい歩道を

 

傘をさし、必死で歩いて帰る姿を見ました。

e794bbe5838f-010-2 

学生時代は、倉敷という雪の降らない町で育った私にとって、

 

この雪で足場の悪い中、歩いて帰っている彼らの姿には、

 

本当に感心させられます。

 

彼らにはきっと、雪を知らない私には持っていない、

 

鍛えられた体力と根性があるのではないかと思います。

 

その、雪で鍛えられた身体と心で、

 

プレデビューの211日(金・祝)を成功させてほしい!

 

と願う阿部なのでした・・・(*^_^*)

LINEで送る
Pocket