LINEで送る
Pocket

毎年3月3日に開催される「浦佐毘沙門堂裸押合大祭」。

この大祭の一切を取り仕切っている「浦佐多聞青年団」。

以前、こちらのブログでご紹介しました。

http://minamiuonuma.life/?p=6230

この多聞青年団の団員は、大祭の1ヶ月前から

「二足四足を食さず」と言われ、肉・魚・卵・乳製品を

口にしません。いわゆる精進食です。

体の中から清めていきます。

そして、大祭の成功を祈願し、1週間前から水行が始まります。

1週間 毎日毎日、冷水に浸かり、身を清めます。

今年は、2月25日(水)から開始されると

お聞きしたので、見学に行ってまいりました。

静まり返った境内に緊張感が漂います。

この日はテレビ局カメラや新聞社の取材の方が数人

来ておられました。

他は人影は無かったように思います。

外気は2度でした。

ごおぎ(すごく)雪がつもってる中

ダウンコートを着込んでいても、「寒い、寒い!」と言っていると、

上半身裸の男たちが…

「サンヨーサンヨ」の掛け声とともに、4人1組で

「うがい鉢」の冷水の中へ。

サンヨーサンヨ

うがい鉢

手を合わせ、毘沙門天の真言を大きな声で唱えます。

うがい鉢 (2)

そして、「サンヨーサンヨ」の掛け声とともに戻って行きます。

体からは湯気が…

サンヨーサンヨ (2)

 

まずは、最高幹部と年男が最初に水行します。

時間をずらして、次期幹部が続きます。

また時間をずらして、一般団員が水行を行います。

時間をずらすのは、規律があって、

幹部、時期幹部、一般団員が同じ場所に同じ時間

居ることが許されず、すれ違う事さえも許されないために

時間を20分くらいずつ、ずらします。

最高幹部と年男が水行をやり終えると、境内に集まり、

「豊年踊り」を踊ります。

境内

豊年踊り

 

時間は19時ごろ・・・

とにかく寒い!!!この寒さの中、このかっこうで

しかも水に中に入るのです。

寒そうな素振りなど微塵も見せずに!

更に更に、大祭当日まで1週間、毎日続けるのですよ!

すごいことです。

精神が強くなければ、とても出来ることではないです。

大祭当日は、大和中学校の生徒さんも、水行を行います。

もちろん男子だけです。

先日、大和中学校で行われた、「水行説明会」の様子です。

はんたこ

わらじ

はんたこのはき方、さらしのまき方、わらじのはき方を

多聞青年団の幹部の皆さんが、男子中学生に教えます。

それから、「サンヨーサンヨ」と掛け声を掛けながらの

4人1組での歩き方。

サンヨーサンヨ

SDIM1927

生徒さんも、寒い中、水行をするのです。

頑張れ!中学生!

コチラ↓は国際大学での「水行説明会」の様子です。

国際大学

国際大学 (2)

毎年、浦佐にある国際大学の学生さんも、水行に参加されるそうです。

祭り当日だけではなく、とにかく、お忙しい浦佐多聞青年団の皆さん。

幹部の皆さまは大祭1週間前からは、お仕事も休まれて

日々準備など活動されているのです。

ビックリしてしまいました(@_@)

いよいよ、来週の火曜日が3月3日。

大祭当日です。

ラストスパート!最後まで風邪などひかれませんように!

頑張れ104人の浦佐多門青年団の皆さん!!!

 

画像提供:浦佐多聞青年団様

 

記:長谷川佐江子

LINEで送る
Pocket