今年も、残すところ、あと僅かとなりました。

皆さん、慌ただしくお過ごしではないでしょうか。

そんな中、12月22日(月)に

「12地区地域づくり協議会 全体会議」が開催されました。

これは、各地区の情報交換、交流の場として、毎年

市が開催しているものです。

今年の参加者は30名。

各地域づくり協議会の会長・事務長の皆さんと

市の担当職員の方たち、私たち支援員も参加させていただきました。

会議 (2)

まずは、活動状況などの取りまとめ報告。

地域活性化支援事業の実績及び収支決算の概要や

地域コミュニティ活性化事業実施状況などです。

続いて、平成27年度予算方針と地域づくり協議会の今後の展望について。

EPSON083

事務連絡と続き、10分間の休憩。

休憩

最後にグループトークです。

最初から、4つのテーブルに分かれて座っていただいていて

テーブルごとに意見交換をします。

DSC01600

グループトーク

各テーブルの進行役の方が中心となり、進めていきます。

私たち支援員は、記録係を担当させていただきました。

協議会がめざす、地域づくりの目標・姿は?

協議会を構成する地域の現状・問題点は?

この事業で期待することは?

などについて、各協議会の会長・事務長の皆さんが、自分たちの

協議会はこのようにやっている、問題点はこういうところだ。

また、新しいコミュニティ活性化事業をやってみた。と

話をされて、それについて、活発な意見交換がされました。

本当に熱いテーブルトークで、時間が足りないくらいでした。

意見交換が終わると、各テーブルの進行の方が、取りまとめて発表します。

発表 (3)

発表

発表

どのテーブルからも、たくさんの意見が出されました。

この全体会議に参加させていただき、あらためて

各地域づくり協議会の、会長・事務長の皆さんの

地域づくりに対する熱い思いを感じることができました。

そして問題点も明確になりつつあり・・・

一番大事なのは問題点を出し合う事で、みんなで話し合い意見交換し、改善されること・・・

また、目標に向かって取り組むことを明確にすることで、どう動くかが見えてくること。

地域づくり協議会の連携なども大事・・・と思いました。

地域の熱い思いを、どんどん情報発信していきたいと思います!

記:長谷川佐江子