LINEで送る
Pocket

ドカーンと大雪が降ってしまい

皆さん、除雪に明け暮れております。

そんな中、南魚沼センターにおたよりが届きました。

EPSON020

EPSON023

EPSON021

このように、毎月おたよりが届くのですが、これは南魚沼市内12ヶ所にある

地域づくり協議会が発行している「地域だより」です。

今年7月1日に発行された、「南魚沼地域復興支援センター通信」で

ご紹介しました、地域づくり協議会の事務長の皆さんがつくっています。

EPSON025

EPSON026

一部ですがご紹介します。

まずは、石打地区まちづくり協議会の「飯士山(いいじさん)」です。

飯士山とは、石打地区のランドマークで、標高1,111m

「上田富士」とも呼ばれる山です。

「地域の皆さんからの情報や、地域に昔から伝わる伝統料理なんかも

どんどん紹介したいと思っているんだけど、スペースに限りが

あるからなー。」とおっしゃる、事務長の細矢さん。

載せたい話題がたくさんあるって素敵です(^^♪

次に、中之島地区まちづくり協議会の「ふうきんと」です。

このおたよりには、一番上に

「いち早く春を告げ、雪どけの喜びを運んでくれる草花

→それが「ふうきんと」と書かれています。

あったかい気持ちになります(^^)

ゴルフ交流会やグランドゴルフ大会の様子、毎週行われる

卓球練習日のカレンダー、年に一回開催される「商工祭」の

お知らせなど、本当に盛りだくさんなのです。

毎月1日と15日に発行されますが、なんと!号外が

年に何回も出るのです。↓↓↓

EPSON027

荒川事務長が、地域の皆さんと一緒に、楽しんで地域づくりを

されている様子が、とてもよく伝わってきます。

続きまして、大崎地区「地域づくりだより」です。

こちらは、写真がたくさん掲載されていて、地域の皆さんが

楽しそうに活動している様子が、よく伝わってきます。

「写真をたくさん載せると、見やすくなって

皆さんがよく見てくれるんですよ。」と

高橋事務長はおっしゃいます。

今回のおたよりでも、今年度の大崎地区地域づくり協議会の活動が

たくさんの写真で詳しく紹介されています。

どちらの地域のおたよりも、各地域づくり協議会の事務長が

地域の皆さんにわかりやすく、楽しく読んでもらえるように

知恵をしぼって作成されています。

これらは、その地域の方しか読むことができませんが

事務長の皆さんが、頑張っておられることを

多くの皆さんに知っていただきたくて、ご紹介しました。

他の地域のおたよりも、また次回ご紹介します。

記:長谷川佐江子

LINEで送る
Pocket