LINEで送る
Pocket

登山ブームです。
新潟県の中越地方は名山が目白押し。
中でも魚沼地域は
日本百名山がズラリ
今日はその中でも南魚沼が誇る巻機山と麓の集落「清水」のご紹介を。

日本百名山の一つ巻機山(標高1,967m)の登山口に位置する清水集落は、
古くから関東と越後をつなぐ要衝の地でした。
戦国の武将上杉謙信は、関東出兵の折に軍馬を引き連れて何度も山を越え、
明治時代には越後のお米を関東に運ぶため山を切り開く大工事が行われたそうです。


さて、

現在の清水集落には18世帯約60人が暮らしています。
かつては山仕事が主たる仕事でしたが、林業の衰退でほとんどの世帯が、
10キロ以上離れた市街地に通勤するようになっているそうです。

標高600m前後の集落には、冬場には4m近い雪が積もります。

何カ月もの間、毎日のように家の周りの除雪が必要になり、
その負担は高齢化した家庭に重くのしかかっています。

高齢化率も約40%となっており、過疎高齢化が進んでいるのです。

「ずっと住み続けられる清水に」を合言葉に、
2008年に「清水地区活性化委員会」が組織され、伝統の原木なめこの事業化などに取り組んでいます。

夏は涼しく大自然を満喫できます。
民宿も5軒ありますのでぜひ遊びに来てください。
清水に住む人たちが大事にしている自然。
その自然に感謝し崇める神事として
清水にある巻機権現社境内で、里山伏による火渡り勤行が執り行われます。

炎の舞い上がる様は幻想的で、冬のしおざわ雪譜まつりを思い起こさせます。

御護摩の後の、まだ火が少し残っているところを裸足で渡る修行で、
火によって煩悩を焼き尽くし、平和や繁栄、厄払いなどの祈願をします。

修験者による火渡りの後には、一般の方も火渡りに参加する事が出来ますよ。

この機会に、「花の巻機」と謳われる高山植物が咲き誇る巻機山と
巻機権現の山伏の行「火渡り」を体験してみませんか?

記:小林昌子

LINEで送る
Pocket