LINEで送る
Pocket

南魚沼市の五十沢地域には、豊かな自然の中に
しゃくなげ湖、キャンプ場(オートキャンプ、バンガロー)などの
アウトドア施設が多くあります。

その中のひとつ、五十沢キャンプ場で、6月15日(日)に、
南魚沼市市制施行10周年記念「山菜まつり」が開催されました。

「山菜まつり」参加の受付を済ませると、このような物をいただきました。

五十沢キャンプ場のパンフレットと、イベントのお知らせ
それから、「たけのこ汁」引換券です。
この引換券には、番号が書いてあり、
あとで行われる、抽選会の、番号になります。

午前10時 開会式が始まりました。

開会式が終わると、山岳ガイドさんの案内で
「天竺の里」の散策です。
「天竺の里」とは、五十沢キャンプ場から、車で15分ほど
林道を山へ登っていった所にある、森林公園です。

その昔、地元の人々から「天国のように美しく、訪れた者を魅了する」
と言われ、親しまれたことから、「天竺」の名がついたと言われています。
原生林を通るトレッキングコースに
さぁ出発です。

とてもお天気がよくて、新緑が眩しいほどでした。

大きな岩がたくさんあります。

大きな岩の下に「ヒカリゴケ」いうコケが生えている場所があります。

蛍光の緑色のような、不思議な光を放つので、こう呼ばれているそうです。

写真では、分かりづらいのですが、岩の下の真ん中にあるコケが
蛍光の緑色に光っているように見えましたよ。

原生林というだけあって、本当に自然がそのまま残されています。
きれいな空気を吸って、歩いていると、清々しい気持ちになります。

いっぱい歩いて、暑くなってきました。
「疲れた~」という声も、ちらほらと聞こえてきます。

「そろそろお昼になるので、山菜まつりの会場に戻りましょう。」
と、ガイドさんが言うと、「やった~!」と喜ぶ声がたくさんあがりました(笑)

お楽しみの、お昼ごはんです。

さきほど、いただいた「たけのこ汁引換券」で、たけのこ汁を
いただきます。
南魚沼地方に昔から伝わる郷土料理の「きりざい丼」もあります。

皆さん、ゆっくり召し上がっています。

オカリナコンサートもあり、美しい音色が響きわたります。

ゆったりとした時間が流れていました。

最後に、抽選会です。
1等景品が「八海山」のお酒1升、2等景品が「商品券」です。
番号が発表されるたびに、「やった~」とか「はずれた~」と
声が聞こえてきて、盛り上がりましたよ。

「天竺の里」は、駐車場から展望台(風の丘)に向かう歩道や、
みやて小屋周辺の林間遊歩道はユニバーサルデザインを基調とした
設計(バリアフリー)となっており、幼児から年配の方まで、安心して散策が
できるようになっています。

大自然のやさしさに癒されに、ご家族みんなで出かけてみませんか。

記:長谷川佐江子

LINEで送る
Pocket