LINEで送る
Pocket

「地域づくり協議会で、お花を植えていますよ」と
何度かこちらのブログで、ご紹介しました。

薮神地区センターの芝桜。

こちらは、東地区センター。

そして、中之島地区センターです。

今回は、城内地区です。
霊峰 八海山、そして山麓にある「八海山ロープウェー」に向かう道路の
長――――い距離の歩道に、プランターに植えられた、可愛らしい花が、いくつもいくつも並んでいます。

「これは誰が飾ったんだろう?」と思い、城内地区センターの吉田事務長に聞いてみました。
すると、「あの花は、子どもたちが植えているんだよ。」とのお答え。
・・・・子どもたち?

「城内小学校と城内中学校の子どもたちが、花をプランターに植えて、
道路に飾るんです。そして、水やりなどのお世話も子どもたちがやっているんですよ。」と

嬉しそうに誇らしそうに教えてくださる吉田さん。
素敵な取組みですね。

他にも、城内小学校と、城内中学校の間の道路に飾ってあるということなので、行ってみました。

これが、城内中学校の前の道です。

遠くまで、プランターが並んでいるのが分かりますか?そして、城内小学校の前の道です。

この花を見ていたら、城内地区センターの吉田事務長が
「城内は、まとまりがいい地域だ。」と仰っていたのを思い出しました。

子どもからお年寄りまで、みんなで一緒に地域を良くしていこうと、活動をしている。
これも、そのひとつなんですね。
子どもたちがお世話してくれるおかげで、この花たちが、大きくなっていきます。
花盛りになった頃に、またお伝えしますね。

記:長谷川佐江子

LINEで送る
Pocket