LINEで送る
Pocket

5月25日(日)

第10回「八海山登山マラソン&新緑ウォーキング大会」が

開催されました。

霊峰 八海山をかけ登る、高低差965mの、超・極 過酷な15kmの

ヒルクライムレースと、新緑を楽しみながら、ゆっくり登る

新緑ウォーキングの大会です。

ラン15㎞は、女子12歳から18歳、男子50歳以上など、8つの

カテゴリーに分かれています。

ラン6kmは、12歳以上の男子と、女子。

ウォーク6kmは、中学生以上と、小学生以下の2つの

カテゴリーに分かれています。

9時30分、城内中学校のグラウンドで、開会式が始まりました。

選手宣誓です。

会場では、城内中学校の吹奏楽部の生徒さんが、素敵な音楽を

演奏してくれていました。

いよいよスタートです。

よーい、バン!

まずは、八海山にむかって、道路を走ります。

そして、八海山ロープウェー山麓駅でも、

大勢の人が応援しています。

こちらは、ラン6kmとウォーキングのスタート直前です。

給水所では、城内中学校の生徒さんが、ボランティアをしていました。

山道を、山頂駅目指して、かけ登ります。

山頂では「トップの人が見えたぞー頑張れー」と

皆さん、大きな声で応援しています。

「来たー!」と大歓声。

トップランナーがゴールしました。

それから、皆さん続々とゴールします。

応援している、お子さんは「パパまだかなー?」とか

「ママ大丈夫かな?」と、出場している

お父さんお母さんのことを、心配していて、微笑ましかったです(笑)

ゴールの給水所です。

超 過酷なレースを終えて、喉がカラカラです。

「もう一杯ください。」の声がたくさん聞こえてきました。

ここでも、城内中学校の生徒さんが、一生懸命お仕事を

していましたよ。

ゴールで応援をしていて、すごくビックリしたのが、

ゴールをしたあと、少し休むと、今来た道を走って降りて行く選手が

何人もいるということです。

こんな過酷なレースを、終えたばかりだというのに、まだ走るんですか?

本当にビックリしました。

さぁ、レースのあとのお楽しみ♪

南魚沼産コシヒカリのおにぎりと、塩ちゃんこです。

美味しそうー

ここでも、城内中学校の生徒さんが、塩ちゃんことおにぎりを渡してくれました。

美味しく頂いていると、表彰式が始まりました。

ランの部15km・男女別総合1位〜3位、各カテゴリー1位〜6位

ランの部6km・男女別1位〜6位、その他飛び賞が表彰されます。

ランの部15㎞・男子総合1位〜3位の方たちです。

表彰のあとに、一言ずつ感想を仰いました。

この大会への出場は、1位の方が5回目

2位の方が4回目、3位の方が3回目だそうです。

皆さんが仰ったのが

「走っている途中で、申し込んだことを後悔する。

あまりの苦しさに、やっぱりやめておけば良かった。と必ず思います。

でも、頑張って走って、やっとの思いでゴールするのだけれど

それが、本当に気持ちいいんです。

その気持ち良さを知ってしまうと、また来年も出場しよう!と思うんです。来年も必ず出ます!」

というお言葉でした。

聞いていて、感動しました。

この大会は、県外からも、たくさんの人が参加しています。

何回も出場するということは、とても魅力があるということですよね。

私は、城内中学校の生徒さんが、たくさんお手伝いをされているのを

見て、地域のみんなで盛り上げていこう!という思いを

とても感じることができました。このブログを読んでくださった方、来年はぜひ(*^_^*)

市民一同お待ちしています。

記:長谷川佐江子

LINEで送る
Pocket