LINEで送る
Pocket

南魚沼市旧大和町エリアに「薮神」という地区があります。

薮神地区地域づくり協議会は、公民館薮神分館と一体となって

地域づくりに取り組んでいます。

地区センター「まほろば」が地域コミュニティの中心施設。

薮神地区センターは、地域の方たちからとても親しまれて

いますが

それには青木事務長の工夫があるんです。

今日はそのうちの一つをご紹介します。

実は以前は、草ぼうぼうとなっていた建物入口部。

二年前から手入れをし「芝桜」を植えました。

通学途中の子ども達も「わぁ~キレイ」「お花かわいいね」

「僕のお家にもあるけどこんなにきれいじゃないよ」

「あかしろピンク~」と大はしゃぎ。


小さな子供も通学路が綺麗だったり整備されていれば嬉しいのです。

青木事務長は言います。今度はこれを植えるよ。

夏から秋にはまた綺麗な花が咲くからね。

そして、まほろばのゲートボール場の脇に

小さな畑があります。

ここも事務長のアイディアで「いちご」を植えました。

昨年は地域の保育園の園児たちがお散歩に来て

いちご狩りをして大喜びだったそうです。

「美味しい、美味しいと喜んで食べて行ってくれたよ」青木事務長は嬉しそうに笑います。

また今年も植えました。

おじいちゃんおばあちゃんはゲートボールで体力つくり。

幼稚園の子ども達はいちご狩り。そこで交流も生まれます。

小学生たちは自然に元気な挨拶をしてくれます。

環境を少し変えるだけで素晴らしいコミュニケーションが生まれるんですね。

これは普通の会社でも、自宅でもできることだと

地域づくりや美化運動のお手本になりますね。

何事にも工夫って大事だな・・・

青木事務長の工夫はまだまだあります。

次回に つづく。
記:小林昌子

LINEで送る
Pocket