LINEで送る
Pocket

魚沼地方には数字がつく町の名前がたくさんあります。

六日町、十日町…など、

その中でも南魚沼は特に多いと思います。

二日町、五日町、六日町、九日町。四十日と書いて「しとか」だったり

五十沢で「いかざわ」だったり。

10までの地名の由来となった数字は

市が立つ日を指すといわれ、地名が六日町なら、毎月6のつく日に

立った定期市に由来するんです。

おもしろいですね。

さて、南魚沼市、九日町ってご存知でしょうか?

旧3町ですと大和町の浦佐地区です。

こちらに桜の名所があるんですよ~。

その名も洞源寺坂さくら祭りです。

毎年、素敵なさくら祭りを、地域の方々が開催してくださっています。

ほらほらこんなにビールに合うおつまみの出店や

お餅つきが行われます。

楽しそう!!

九日町の洞源寺坂の桜は、平成元年に地域住民のご協力を得て植樹をしたそうです。

「九日町桜並木の会」の方に、いろいろ教えて頂きました。

「『誰でも気軽に楽しめる場』として、

洞源寺坂さくら通りが地域づくりに貢献できたならとっても嬉しいです。」

と、日々開花の様子を伝えてくださいます。

18日の桜ちゃんはこんな感じ

つぼみです。19日は・・・

そして、昨日の桜ちゃんはおめかししておもてなしの準備。

25年ぶりにぼんぼりを新しくして夜はライトアップするんだそうです♪

さぁ、そろっと満開ですよ~

4月27日(日曜日)は、お誘い合わせて「九日町」へお出かけ下さい。

「花より団子」の方もぜひお待ちしています。

記: 小林 昌子 (花より団子組)

LINEで送る
Pocket