LINEで送る
Pocket

南魚沼復興支援センターは、市役所北分館3階にあり(1階はJA)

市役所に御用がある方をはじめ、JAの金融ご利用の方など

日々、「こんにちは~」と事務所に顔を出してくださるお客様が多いです。

ありがたいことです。

時には職員二人とも外回りをしていて、せっかく来訪して下さったにもかかわらず

真っ暗・・し~ん・・・留守のこともあります。

そんな時はこのようなメモを入り口に貼って出かけるのですが

事務所不在の時は申し訳ございません。<m(__)m>

昨日は大崎の市議会議員さんが来てくださいました。

昨日、地元「大崎地域づくり協議会」の年度始めの総会と懇親会があり参加してきたのだそうです。

やはり、地域づくりに携わる役員の皆さま方ですので、懇親会で地域の問題点などが話し合われたそうです。

議員さんはたくさんお話しを伝えてくれました。

例えば・・・市の大きなイベントも、その時お客さんが何万人来たとか言うけど、

それが地域の商店や商売の活性に継続的に繋がるものにするには・・・?

もっと地域を「売る」にはどうしたらいいかな?

という話になりました。

昔の大崎はとても華やかだったそうです。

芸者さんの置屋があったり、本通りには商店がズラリ

お豆腐屋さんが多かったし衣料品、雑貨屋さん、天ぷら屋さんまで

それはそれは賑やかな町。

今では大崎にはスーパーが1軒しかなくなり、人もまばら・・・。

「その1軒のスーパーに私は大崎菜を買いに行きますよ!!」というと

議員さんは嬉しそうでした。

大崎菜は地域の伝統野菜です。

今大崎菜を作る農家さんが少なくなったそうです。

組合はたったの6軒になり。担い手がいない。高齢化でどんどん辞めていく。

空いてる畑がたくさんある。このままだと大崎菜は絶えてしまう。と・・心配です。

大崎地区は

大崎菜という伝統野菜と湧水、美味しいお蕎麦屋さん

石川雲蝶の彫刻がある龍谷寺、翁式三番(大前神社) は

平安時代の猿楽を残した珍しい郷土芸能で新潟県の無形文化財となっています。

観光面からみても素晴らしい地域

支援員のもとに地域のお話を伝えてくださる議員さんがいてくれることもありがたいです。

観光で培ってきたことを活かして、一つ提案させていただきたいことが見つかりました。

地域の活性化の支援ができるよう頑張りたいと思います。

記:小林昌子

LINEで送る
Pocket