LINEで送る
Pocket


みなさんこんにちは、小林 卓史です。

前回より、市内12地区にそれぞれある地域づくり協議会の

“補助員”さんの役割について、記事を書き始めました📖

第1弾は、特技を活かして働いている補助員さんを紹介しました📖

▼「特技を活かす」補助員さんのお仕事《浦佐編》
http://minamiuonuma.life/blog/30703

第2弾の今回は“昔のある経験がこんなところで活きるとは❗❓”

という補助員さんを紹介いたします🐮


各地域づくり協議会の役割の中に、

毎月決まって「1日」「15日」の2回ある業務があります。

南魚沼市在住の方のご自宅に届く「市報」の集荷・配送です📰

IMG_9895

市報が届くまでの配送の裏側を、おらしょでも何度か

密着取材しています📔

▼アンカーにバトンが届くまで
http://minamiuonuma.life/blog/13467

市報集荷・配送業務の多くは、各地域づくり協議会の

事務長さん(男性)が担当しているところがほとんどですが、

補助員さんが担当している協議会があります。

しかも、女性です👩

なぜ女性なのでしょうか❓

その理由を知るために、密着してきました✋


2018年2月1日(木)朝8時30分 @南魚沼市役所 大和庁舎

IMG_9891

大和地域(浦佐、薮神、大崎、東)4地区の市報は、

南魚沼市役所 大和庁舎より、毎月1日、15日の朝に

運び出されます🚚💨

IMG_9879(左:東地区・小幡事務長、右:大崎地区・丸山事務長)

月2回の市報集荷の時間は、協議会の貴重な情報交換の場でもある

とのことです。

その数、全部で約5000部❗❗

大和庁舎では朝行くと、各行政区ごとに棚で仕分けられています。

IMG_9896

ココからが、大和地域の市報配布担当者のお仕事👇

簡単に説明すると…

①市報と一緒に、中に挟み込まれるチラシや地域だよりなどを
 行政区ごとにひとまとめに縛る。
         ↓
②まとめた市報を運び出し、車に積み込む。
         ↓
③積み込んだ市報を、各行政区長宅へ届ける。

IMG_6811

大和地域では現在、浦佐・大崎・東地区の3地区は、

男性の事務長が、市報配送を担当しています👨

しかし、薮神地区だけは女性の補助員さん👩

必死に追っかけてきました🏃💦


薮神地区地域づくり協議会・補助員さんの紹介

IMG_9921

◯お名前:小幡 邦子さん
◯補助員歴:約8年
◯勤務日時:月曜日〜金曜日の週5日(8:30〜17:00)

◯主なお仕事
・施設管理(掃除・利用受付)
・電話対応
・事務補助
・コピー機利用管理
・市報集荷・配送
※業務内容は多岐に渡るため、代表的な一例です。

◯就任のきっかけ
3児の母親で、子育てが一段落して、仕事を探していたタイミングで、
薮神地区の知り合いの方から紹介してもらい、推薦していただいた。

旦那さんの扶養に入っているので、扶養内で働けて、
子どもたちに何かあった時でも、ある程度の融通を
利かせていただき、働きやすく助かっている

単刀直入に聞いてみた


takafumi

「市報配布、大変じゃないですか❓」




薮神地区地域づくり協議会 補助員・小幡さん

「ぜ〜んぜん。定期的に外に出て、地域の人たちと
コミュニケーション取れるから楽しい
のよぉ〜。
こないだも区長さんの家に届けに行くと、
お茶飲んでってとか、寄っていかっしゃいとか(笑)」




takafumi

「事務局にずっといたら、そんなことないですもんね」




薮神地区地域づくり協議会 補助員・小幡さん

「そうそう。気分転換にもなるし、運動不足解消にもなるよ(笑)
 地域の人たちと顔を合わせるって、この仕事は大事だと思うんだよねぇ」




小幡さんの市報の集荷から、区長宅への配送までを

密着していた中で、女性ならではの3つのことを見つけました👀

①行政区ごとに市報を縛る際に、重くなりすぎないように、
 なるべく小分けにして、運び出しやすくする📦

②市報をまとめる手際がとても良く、いつも1番遅く作業を
 始めるにも関わらず、1番早く配送に出発する(笑)大和事務長 談

③11軒の区長宅に、届ける車での道順が効率的すぎて驚いた❗🚚😱


さらに聞いてみた

IMG_9907
途中の区長宅の前で、思わず小幡さんに聞いちゃいました😅




takafumi

「いつもこんな道通ってるんですか❓(汗)なぜこんなに薮神に詳しいんですか❓」




薮神地区地域づくり協議会 補助員・小幡さん

昔ねぇ〜、牛乳配達してたのよ🐮




takafumi

「えぇ〜❗❗どおりで…(汗)」




昔、家業で牛乳配達の手伝いを5年くらいしていたそうで、

その時の経験で、薮神地区内の家は、だいたいわかるそうです🏡


また疑問

IMG_9911

では、薮神地区地域づくり協議会は最初から市報配達をしてもらうために、

補助員さんを募集したのか❓

青木事務長に聞いてみました👂




薮神地区地域づくり協議会 青木事務長

「もちろんそんなことはないよ。女性には女性ならではの、気配りがある。だから、自分が8年前に事務長になったタイミングで、地域の方からの推薦があって、翌月にはもう小幡さんに来てもらったんだよ。」




ちょっと待てよ… ということは、

薮神の青木さんと小幡さんのタッグは、なんと結成8年❗❗🏆


私も今までに何度も、まほろばにお邪魔させていただきました。

その中で、いつも感じる薮神地区地域づくり協議会の

“あたたかさ”と“チームワークの良さ”

8年間、一緒に仕事をしていると聞いた時に、何だか胸がスッとしました。


おらしょの事務所では、こんな会話もありました。




小林 昌子

“まほろば”っていう愛称があるのも、親しみやすいし、あたたかさを感じるよね」




takafumi

「そうですよね。〇〇農村改善センターや〇〇開発センターに地域づくり協議会があるって言われても、自分には関係なさそうだし、関心が湧かない名称ですよね。」




小林 昌子

「農業❗❓開発❗❓固いイメージで親しみも持てないし、やっぱり“まほろば”みたいに、他の協議会にも親しみやすい愛称が欲しいよね」




現在、南魚沼市内の12地区ある地域づくり協議会の名称や

事務局のある場所の名称は、以下のとおりです。

▼南魚沼市の地域づくり協議会と設置場所の名称一覧

地域コミュニティ活性化事業とは/南魚沼市ウェブサイト

みなさんはどう思いますか❓


薮神地域コミュニティセンター“まほろば”が完成して30年がすぎ、

過去におらしょで“まほろば誕生秘話”も取材しています📖

▼祝・薮神地域コミュニティセンター「まほろば」30歳!
http://minamiuonuma.life/blog/19046


再びまほろばへ

先日再び、薮神地区地域づくり協議会がある

まほろばに行くと目に飛び込んできたのは、

前日の積もった雪を一生懸命片付ける小幡さんの姿。

IMG_0177

事務長が不在の時は、運動不足解消も兼ねて、

雪かきもするそうです(笑)

たくさんの地域の方が集まる“まほろば”の入口確保は、

気持ちよく施設を利用してもらうための大切な雪国の仕事


この日もそうだったのですが、いつも私がお邪魔させて

いただいている間に、次々と地域の方々がやってきます。


・ゲートボール、グラウンドゴルフをやりに来る地域のおじいちゃん、おばあちゃん
・イベントや協議会関連事業の打ち合わせにやってくる役員さん
・地区の困りごとを相談に来る区長さんや地域のみなさん


ちょうどコピー機を使いたいという70代の方がお見えになり、


70代の方

「まぁ〜ず、助かってるてぇ〜✨」




の一言。

まほろばは、薮神の憩いの場なんですね☺


地域のみなさんに頼りにされているまほろばファミリーの御三方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(左:和田さん、中:小幡さん、右:青木事務長)

薮神地区のみなさんが、青木事務長を始め、小幡さん、

そして同じ事務所で業務を行なっている多面的機能支払事業担当の

和田さんの3人を頼りに次々とやってきます




小林 昌子

地域づくり協議会って、小さな家族みたいなものだからねぇ。薮神って、そんな感じするよねぇ」




最後に青木事務長は、こんなことをおっしゃっていました。




薮神地区地域づくり協議会 青木事務長

「今年で10周年の地域づくり協議会。
今までやってきて1つわかったことは、
いかに地域のみなさんの目線になって物事を考えられるか
ということだね。だから小幡さんにも市報配達を手伝ってもらって、地域の方々と顔を合わせてコミュニケーションをとってもらっていたことが、今は良かったと思っている。事務所にずっといたら、地域のことなんてわかんないよ。」




お話しを伺っている間も、何度も、

こんな優秀な人(小幡さん)が居てくれるから、本当に助かってるてぇ~☺

と、笑いながら話していた青木事務長。

そして、ちょうどバレンタインデーの日に伺ったので、

大量のチョコを用意してくれていた小幡さん🍫

IMG_0189

ご多用の中、ご協力いただきましてありがとうございました😄


薮神地区の補助員さんの役割でわかったこと

◯昔の経験が活かされた、まさに適材適所のお仕事をされていた。
◯女性が入ることによって、事務局に家族のようなあたたかさが生まれている。
◯地域づくりには、地域の方々と顔を合わせてのコミュニケーションが大切

次回第3弾は、女性目線で地域づくりを支える

女性が活躍している協議会を紹介したいと思います。


つづく


記:小林 卓史


補助員さんのお仕事シリーズ①(前回)

▼「特技を活かす」補助員さんのお仕事《浦佐編》
http://minamiuonuma.life/blog/30703


薮神地区地域づくり協議会 関連記事

▼薮神地区地域づくり協議会の紹介
http://minamiuonuma.life/community/area_yabukami

▼薮神地区地域づくり協議会「まほろば」ブログ
http://mahoroba-yabukami.hatenablog.jp

▼おらしょの日記《薮神編》
http://minamiuonuma.life/blog/category/blog/yamato_area/yabukami

LINEで送る
Pocket