LINEで送る
Pocket

 

みなさんこんにちは、小林 卓史です。

市内の学校は夏休み期間中🍉

おらしょのゆーへいくんは一言。

「いいなぁ〜☺」

おらしょの中で、1番若い支援員のおもわずでした😅

 

さて先日、薮神地区にある特認校・後山小学校の駒形 政美 校長から、

他の学校では見ない取り組みだと思います」

と取材のご依頼をいただきました。

 

アクリル絵の具で「抽象画に挑戦しよう!」

IMG_5014

浦佐地区にある池田記念美術館による「抽象画」を

作成するワークショップとのこと

美術館が学校側に声をかけての取り組みでした。

出来上がった作品は10月8日(日)から行われる

八色の森の美術展+八色の森の子ども絵画展2017」に

展示されるそうです。

yairoweb2-23

“抽象画”❓❓

と思いながら、後山小学校に向かいました🚙💨

 

後山ブナ林公園

IMG_4897

“後山”と言えば…

私はまずココを想像します。

場所は後山小学校から歩いてすぐ❗🏃💨

今回のワークショップは“南魚沼の桃源郷”とも言える

後山ブナ林公園」をステージに行われました🌴

 

「これからステキな時間が始まりますよ」

IMG_4886

駒形 校長のご挨拶で始まりました。

テーマは「絵の具遊び」🎨

造形と自然”を学ぶ。

今回、講師として池田記念美術館がお招きした

結城 ななせさんがお越し下さいました。

IMG_4893

子どもたちに創造的で豊かな放課後の居場所を提供する

ことを目的とした「やまがたこどもアトリエ」という活動している

山形県鶴岡市在住の現代作家さんです。

 

「ふれあい」「個性」「自分を引き出す」

IMG_4915

大きなカーテン地をキャンバスに11名の生徒が一斉に描き出しました。

ワークショップの様子は最後に映像がありますので、

ぜひそちらをご覧ください🎥

 

「みんなで作るとこんな美しい作品になると思わなかった」

IMG_4982

子どもたちは最後に、1人1人感想をお話ししてくれました。

 

「ブナ林みたいになった」

「とってもスゴい作品ができた」

「みんなで作ることでステキになった」

「楽しいキモチになった」

 

一緒にワークショップをお手伝いされていた池田記念美術館の

高橋館長は

南魚沼から世界に通じるアーティストを出したい

と、おっしゃっていました。

IMG_4936

このワークショップはすでに、

◯ 浦佐小学校3〜4年生
◯ 南魚沼市総合支援学校と赤石小学校の交流授業

を行ない、10月の美術展に展示される予定です。

後山小学校の生徒さんの作品がどういったものになるのか、

今から楽しみです😄

IMG_4978

今回、取材をさせていただいていた中で、生徒のみなさんの

“挨拶・礼儀・言葉づかい”がとてもすばらしかったです。
(同じ子を持つ親として、ヤバい❗と思った瞬間でした😅)

IMG_5011

普段、学校で学ぶ絵画とは違い、今回は大自然の中で、

みんなで一緒に1つの作品を作る”という総合学習。

見ていて、とてもうらやましかったです👀

こんな授業はホントに楽しんだろなぁ〜と思いました。

うちの子どもにもやらせたいと😊

 

やらされている勉強ではなく、自ら楽しんで学んでいる姿が

印象的でした。

IMG_5004

こんな学校だったら、「通いたい・通わせたい」って、

思うだろうなぁ〜、生徒がもっと増えたらいいなぁ〜😊

そう言えば、主任もなんか

「山の学校」おいでよ!おいでよ!移住定住作戦

なんての妄想してたな〜💬☺

 

学校教育も多様化が進んでいる近年で、南魚沼市にこんなに

ステキな小学校があることを再確認した1日でした。

 

最後に子どもの楽しそうな学習の様子を、ぜひ映像でご覧ください🎥

「抽象画に挑戦しよう!」後山小学校 授業映像

 

記:小林 卓史

 

関連記事

 

 

 

LINEで送る
Pocket