LINEで送る
Pocket

 

みなさんこんにちは、小林 卓史です。

市内は塩沢、浦佐、六日町と、夏の一大イベントの

お祭りが終わりました🏮

そして、いよいよ新潟も梅雨明けが近づき、

猛暑の夏がやってきますね🏊

 

「市内の“わかりづらいネーミング”調査」シリーズも

いよいよ第6弾👊

このあたりで締めて、最後にまとめてみたいと思います。

市内で6つ見つけた“支援センター”と付く団体や施設。

支援センター 南魚沼

おらしょで調査した結果…🔎

 

 場所や役割、どういった方が担当しているのか、 

 わからない人が多いという事実 😭」

 

前回は「南魚沼市地域包括支援センター」を紹介させていただきました。

残るは“支援センター”は…

 

⑥ 子ども・若者育成支援センター

子ども・若者育成支援センター

ネーミングからして、“支援”の対象者はなんとなくわかりますね。

通称「子若センター」と呼ばれています😄

私は市報でよく「子ども・若者育成支援センター」という名前を

目にしていました👀

南魚沼市 市報

義務教育期の不登校・問題行動などを抱える子どもや、

義務教育終了後(〜39歳)のニート・ひきこもりなどの

若者に対して相談支援をしているところです。

場所は二日町グラウンドや体育館が隣接した

南魚沼市勤労青少年ホーム(ヤングプラザ南魚沼)

と呼ばれる施設内に併設され、市が直営で施設管理をしています。
(グラウンド、体育館は「公益財団法人 南魚沼市文化スポーツ振興公社」が指定管理)

南魚沼市勤労青少年ホーム(ヤングプラザ南魚沼)


“ニート”、“ひきこもり”って?

近年、社会問題にもなっている“ニート”や“ひきこもり

という言葉は当たり前のように使われています。

改めて、どういった状況の方を指す言葉なのでしょうか❓

ニート

15歳から34歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者

ニート - Wikipedia

ひきこもり

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」
時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める。

引きこもり - Wikipedia

では、どうして増えているのでしょうか❓

◯ 親が生活の保護をしている
◯ 他人への関心が薄いため
◯ 家にいても楽しめるから
◯ 勉強ができずに劣等感を抱えていた
◯ イジメで心に深い傷を負っている
◯ 社会に出ようとして初めて挫折をした
◯ 理想主義者で世間と折り合いがつかない

ニートになる原因7つ

などの例が挙げられるそうです。

ですので、この「子若センター」に来られる方は、

ご本人だけではなく、ご家族の方がまず相談に来るケースもある

そうです。


では、どんな方が相談に乗ってくれるのでしょうか❓

施設は3F建ての建物になっています。

◯1F
・事務室(若者担当/義務教育終了〜39歳)
南魚沼市子ども・若者育成支援センター 相談員

・相談室1〜3

IMG_4519
IMG_4510
IMG_4505

◯2F
・センターひろば、支援教室 R1(きらきら)、支援教室 R2(のびのび)
・音楽室
IMG_4499

・軽体育室

IMG_4493
IMG_4495

◯3F
・事務室(教育支援担当/小中義務教育)
・講習室(和室)
・相談室(わの部屋)

1階と3階にそれぞれ事務室・相談室があります。

事務室にはそれぞれ元々、教育に関わっていた学校の先生や、

カウンセラーなどの資格を持った相談員、事務職員

現在19名いらっしゃいます。

みなさんにご挨拶をさせていただいたのですが、

優しい方ばかりな印象をもちました。

 

どんな“支援”を行うのか❓

IMG_4518

先程も紹介しましたが、事務室が2つあり、担当が分かれています。

 

■ 教育支援担当(小中義務教育)

「学校・家庭・子若センター」で連携しながら、

教育相談(カウンセリング)を中心に支援しています。

「みんなと仲よくなりたい」
「自分の思いを伝えたい」
「こんな自分になりたい」

など、成長過程で出会う様々な問題解決に向けて、

チームによる相談支援を行なっています。

■ 若者担当(義務教育終了〜39歳)

「高校不登校・中途退学、ニート、ひきこもり」
「高校生活がうまくいかない…」
「子どもへの接し方がわからない…」
「ひきこもっていたが、外に出てみたい」
「家族以外の人と話がしたい」

など、進路に悩む若者が、将来に向けて

一歩を踏み出せるように、他機関と連携し、

総合的な支援を行なっています。

 

「安心して過ごせる“居場所”の提供」

南魚沼市子ども・若者育成支援センター

“居場所”を作ることが大切と言われていました。

相談者の希望に応じて、いろんな活動を行うことができます。

例えば…

☆ 読書📖
☆ 音楽鑑賞🎶
☆ ものづくり✄
☆ パソコン練習💻
☆ お楽しみ会 🎉
☆ 女子会 💕

おらしょの主任がこんなことを言っていました。


小林 昌子

「もちろん“居場所”作りはまず大事だと思うし、そのあと学校や社会に出ていけるようになるまでの支援や、その後を見守る支援も大事だよね☺」




小林 昌子

「こういう悩みって、やっぱり経験した方じゃないとわからない部分ってあると思うの。過去に経験した方が、こういった方々の悩みや相談に乗ってくれたりしたらいいのになぁ〜😊」




「学校・家庭・地域」の連携

南魚沼市子ども・若者育成支援センター 職場体験

おらしょでは今年、子若センターのご依頼で、

職場体験の受け入れをさせていただきました。

今回、いろいろ教えていただきました阿部センター長と羽吹さん。

阿部 正敏 羽吹 雅子

「学校・家庭・地域」の連携がこれからますます大事だと

おっしゃっていました。

南魚沼市では現在、こんな地域連携があります。

「学校・家庭・地域」の連携
(※平成29年度より「しおざわ本部」が塩沢小学校を拠点に開始されました。)


学校に任せきりではなく、

子どもたちを「地域で育てる」ことが大事

これから市内の連携を強化するために、

情報発信や、地域人材の育成が不可欠だとおっしゃっていました。

 

そして先日、おらしょの事務所に来られた方からこんなお話しをお聞きました。

 

「最近の子どもは遊ぶことも教えなきゃいけないんだよ😅

“遊び尽くす教育”も必要❗」

 

えっ❗❓そんなことも…

って、なりました、私💦

そんなのただでさえ負担の大きい学校の先生に

任せちゃいけないですよね。

でも、こうした“支援センター”が中心となって、

地域全体で“支援”していくことがとても大事だと

言うことを改めて感じました。

 

阿部センター長と羽吹さん、とても勉強になりました📖

ありがとうございました。

 

これで市内に6つある“支援センター”の調査は終了です。

ただ今回、各支援センターにお話しを伺って、感じたことは、

 

 “どの支援センターにも知らなきゃもったいない支援がたくさんあった” 

 

という点です。

次回、シリーズ最終回で各支援センターで調査した内容を

まとめてみたいと思います。

 

《▶ シリーズまとめに続く…📖》

 

記:小林 卓史


☎ 面談相談はまず電話でご予約ください

南魚沼市子ども・若者育成支援センター

■ 住所
〒949-6772 新潟県南魚沼市二日町428番地1

■ お問い合わせ
◯南魚沼市教育委員会 子ども・若者育成支援センター 育成支援係
TEL/025-773-6611
FAX/025-773-6632

●教育相談専用電話
TEL/025-773-3177、025−773−3187
※相談受付:月曜日〜金曜日 9:30〜16:30
(祝日、振替休日、12/29〜1/3を除く)

●若者相談専用電話
TEL/025-773-6616
※相談受付:月曜日〜金曜日 9:30〜16:30
(祝日、振替休日、12/29〜1/3を除く)

■ ホームページ
http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/soshiki/kyouikuiinkai/ikuseishiensentar/

 

南魚沼市にある“わかりづらいネーミング”調査シリーズ

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket