LINEで送る
Pocket

 

みなさんこんにちは、小林 卓史です。

昨日の南魚沼市の最高気温✨

ちゃらララ、ちゃらララ、ちゃらララ〜♪

 

“35”℃❗❗😱

 

連日の豪雨から一転、全国的に猛暑が続いてますので、

水分補給はこまめに行い、体調管理に気をつけたいです✋

 

さて、「市内の“わかりづらいネーミング”調査」シリーズ第3弾👊

前回は市内6つの支援センターのうち、3つの“支援センター”が

ある「南魚沼市ふれ愛支援センター」(施設)を紹介させていただきました。

minamiuonuma_naming

今シリーズからは、その施設内にある2つの“支援センター”が何を、

どういった方が“支援”しているところなのか紹介していきます。

 

④ 相談支援センター みなみうおぬま

muikamachi_map

「ディスポート南魚沼」側の正面入口とは建物の真裏にあたる

もう1つスロープ(手すり)の付いた入口があります。

IMG_4452

入口を上がり、すぐ右手に“相談窓口”と

書かれた窓口があります💁
(正面入口からも遠くなりますが、行くことはできます)

IMG_4464

IMG_4463

こちらが「相談支援センター みなみうおぬま」という事業所です。

 障がいのある方や、その家族の生活や福祉についてのご相談に   乗ってくれるところ です。

平成21年の「南魚沼市ふれ愛支援センター」誕生とともに、新設されました。

相談窓口の他に、レクレーションを楽しむ「交流室」と「相談室」があります。

service3

service2

こちらの事業所は「社会福祉法人 南魚沼福祉会」の方々が、

障がい者相談支援事業”を行なっています。
(※南魚沼市民病院に隣接している「特別養護老人ホーム みなみ園」内に本部事務局があります)

主に委託費を財源としています。

障がいのある方が地域の中でどのような暮らしをしていきたいかを

お聞きして、福祉サービスの利用援助・就労支援・専門機関の紹介をします。

利用は無料です

 

■ どんな方が相談にのってくれるの❓

IMG_4569(※いろいろ教えて下さった指導員の桑原 佳子さん)

◯ 社会福祉士/5名
◯ 精神保健福祉士/2名
◯ 介護福祉士/5名
◯ ホームヘルパー2級(初任者研修)/2名
◯ 事務員/3名
※市の職員ではありません。

上記のような、国家資格を持った南魚沼福祉会のみなさんが対応して下さいます。
(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士)

また、おらしょでいつもお世話になっている「南魚沼市総合支援学校」とも

連携し、卒業後のサポートや就職相談を行なっているそうです。

相談業務の他に、「地活(チカツ)」と呼ばれる事業があります。

 

地域活動支援センター(地活)とは…

20170710110506718_0001

地活(チカツ)は社会福祉法人 南魚沼福祉会」が南魚沼市・湯沢町から

受けている委託事業です。

軽いスポーツ、習字、お茶飲み会、演奏会、調理実習などイベント盛りだくさん❗

利用対象者は南魚沼市・湯沢町に住んでいる障がいをもった方です。

火曜日から土曜日に南魚沼市、湯沢町の各所を回り、活動しています。

schedule1※各会場とも施設利用料は無料。
ただし、飲食費やレクレーション実施に必要な一部費用は実費負担となります。

 

参加者には毎月、行事予定表を配っています📖

また家庭訪問(アウトリーチ)も行なっており、行事予定表を

自宅まで持っていくこともあるそうです🏠

この活動は障害者自立支援法に基づいて、2006年より地域生活支援事業の一つとして

各市町村で行われています。

 

■ 地活(チカツ)は障がいをもっている方でこんなお悩みがある方の支援をいたします❗

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DSCF3769
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
DSCF3758
(※写真は使用許可いただいております)

 

「同じ障がいをもっている仲間と話してみたいなぁ〜😊」

「ひとり暮らしで孤独だなぁ〜😔」

「仕事は難しいけど、簡単な内職みたいな仕事なら…😄」

「手芸や絵を書きたいなぁ〜✐」

 

など、活き活き生活をするためのコミュニティ活動です。

 

「地活」に関してのお問い合わせはまず

「相談支援センター みなみうおぬま」に

お電話または来所してご相談ください💁

 

■ 営業時間
月曜日〜土曜日/8:30 〜 17:30
(日曜、祝祭日は休業日)

■ 住所
〒949-6611 新潟県南魚沼市坂戸399番地1(南魚沼市ふれ愛支援センター内)

■ お問い合わせ
TEL/025-770-1331
FAX/025-770-0980

■ ホームページ
http://minamiuonuma.or.jp/soudan

お話しを聞きながら気づいたことは、

市内の各“支援センター”と呼ばれているところは、

支援センター同士で連携を図っているということ。

お互いに紹介し合ったり、フォローされているのだと言います。

 

「“居場所”を作ることが大事なんです」

 

悩んでいる方や困っている方のために。

印象的な言葉でした✨

今回、何度か訪問させていただきましたが、高野施設長を始め、

親切にいろいろ教えて下さいましてありがとうございました。

 

次回は2階にあるもう1つの“支援センター”

「子育て支援センター」に行ってみようと思います。

 

▶ シリーズ4に続く…📖

 

記:小林 卓史

LINEで送る
Pocket