LINEで送る
Pocket

八海山は、南魚沼市にある岩峰群です。
最高峰は標高1,778mの入道岳であり、古くから霊山として崇められてきました。
越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)の1峰で、
日本200名山のひとつにも数えられています。

その八海山には3ヶ所の登山口があり、
それぞれ違う時期に、それぞれの登山口で火渡りの行事が行われます。
3ヶ所の中で一番最初に行われるのが、八海山火渡大祭大倉口です。
エリアは旧大和町の東地区に位置します。
大倉口は5月末に、そして城内口が6月末、大崎口が10月末と続きます。

当日は、住民に加えて県内外からも多くの人々が訪れ、
開かれた神道を無病息災・家内安全・商売繁盛を祈願しながら渡ります。

また、神事の前には稚児行列が行われ、地元・大倉区の子ども達が大役を務めます。
他にも赤石地区を拠点とする八海太鼓の皆さんが、
太鼓を披露して火渡り大祭を盛り上げます。
開催にあたっては、大倉区住民をもとに
八海山おおくら火渡り大祭実行委員会が、毎年準備から運営まで行っています。

東地区地域づくり協議会は、
協議会が発信しているブログ『水無みようパッション』や

東地区地域づくり協議会お便り『水無みよう こよみ』で
情報発信を行い、祭事に携わっています。

伝えによると炎や煙が龍に見えると、良い年・豊作の年となるそうです。
心願成就と共に大倉区民の地域を想う気持ちが、
一体となった大倉口の火渡り大祭です。

■開催日:2017年5月28日(日曜日)
■開催地:南魚沼市大倉864-1/八海山大倉口里宮前広場(坂本神社)
■お問い合わせ先:大和観光協会025-777-3054

 

LINEで送る
Pocket