LINEで送る
Pocket

9月6日(金) 南魚沼市 中之島地区 八竜集落にて
地域コミュニティ「いきいきサロン ひまわり会」が開かれました。
開始時間には、雨があがりました。
稲穂は黄金色へと彩られ、ふっくらとしてきました。

はじめに「新しいゲーム」にチャレンジしていただきました。
2チームに分かれて、読み手の指示したカードを正確に集めるものです。
勘違いやお手付きする方が続出しました。
簡単なゲームをまたご用意させていただきますね。

次の軽運動は、円陣になり、数個の「風船」を乱打します。
風船をふくらませる為には…、コツと肺活量。

座ったままで、思いっきり上腕を振り上げます。
一心に風船に集中。

転がって、おおいに笑って、楽しみました。

歓談時間のテーマは「歳時記と大切にしている方言」 です。

8月の盆踊りの歌詞。歌詞のところどころがおぼろげな記憶になりました。

以前は、必ず参加していた盆踊り。
合同の盆踊りに行かなくなってから数十年経過された方々に、
歌詞を懐かしみながら訳していただきました。

方言を日常の会話の中で、意識的に使用することを遠慮するようになり、
家族間においても、現代の言葉に置き換えながら話すことが多くなって
きています。

語尾に多少使用する程度で、心の奥底にしまっている方が増えている
ようです。

今現在につくり出された新しい流行ことばや
単語を省略して頭文字を英字で読むなどの流行語を覚えることは
歳を重ねても必要です。

しかしながら、
状態を的確にとらえた表現の方法、
受け継がれてきた地域特有の言葉が
このまま使われなくなれば…。

時代の流れと共に忘れ去られてしまいます。

集落の「ことのは」を、会の開催毎に少しずつ収集しています。
出来れば音声の収録へと、ステップアップを試みたいところです。

記:佐藤 幸子

LINEで送る
Pocket