LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

南魚沼市は花ざかり!

🌻大巻地区の大巻中学校 【シンボルを守り、咲き続けるために

🌺中之島地区の大原運動公園 【大原運動公園の花壇は住民の「おもてなし」

 

また、大崎地区では大崎地区地域づくり協議会が行う提案事業

「花いっぱい運動」として

🌺今町新田 【花咲く大崎地区

🌺大崎小学校 【われらのつどい はなとさけ

につづき、特別養護老人ホーム「雪椿の里」でも花植えが行われました。

DSC_1545

 

雪椿の里は平成24年6月に開設され、まもなく6年目を迎えます。

施設名の「雪椿の里」も、地域に雪椿が多く植わっていたことから

名付けられたそうで、施設内には様々なところに木材が使用され、

ホールにも花の写真が飾られていたりと自然の温もりを感じます。

平成24年の開設当初から地域のボランティアの方と一緒に

敷地内への植樹などの活動が行われているなど、

自然を大切にしている施設です。

 

また、雪椿の里では施設利用者のお年寄りの方々と

大崎小学校や大崎保育園の子どもたちとの交流が行われており、

大崎地区地域づくり協議会が支援を行っています。

毎月2回の市報配布でも、高橋事務長が雪椿の里を訪問していて

それらの連携などにより、

施設の開設3年目から花いっぱい運動に参加しています。

 

今年、雪椿の里に届けられた花の苗は200鉢。

プランターと施設敷地内の花壇に花が植えられますが、

この日は施設利用者の方々(希望者)約20名の手で

プランターへの花植えが行われました。

DSC_1548

 

色とりどりの花を前にした女性たちは「まぁー、キレイな花だこと」と、

まるで少女のような笑顔を見せながら話に花を咲かせ、

男性達も花に囲まれ、明るい笑顔を見せていました(*^^*)

DSC_1556

DSC_1564

DSC_1571

DSC_1572

 

花を植えたプランターは玄関に飾られ、施設の職員さんが中心となって

水やり、草取りなどのお世話を行うそうですが、

「私も手伝いたい」という利用者の方もいらっしゃいました。

残りのお花は敷地内の花壇などに植えられます。

DSC_1590

 

また、この他に施設内のバルコニーにもプランターに植えられた花が

飾られていて、明るく彩っていました。

DSC_1588

 

「サルビアは、終わった花を切るようにしていけば

脇芽が出てまた新しい花が増えるの。」

お花に詳しい方がいらっしゃったので、少しおうかがいしたら

「昔から花が好きで、家でも様々な花をお世話していたんだけど、

施設に入ってからはそれもできなくなって、家族に任せている」

とお話しくださいました。

 

自宅を離れて過ごすということは寂しさもあるかもしれませんが、

色とりどりの花々や大崎の自然に囲まれ、

参加した皆さまには明るい笑顔の花が咲いていました。

雪椿の里が大事にしていることの一つは、

利用者の皆さまに幸せや喜びを感じていただけるような支援を行うこと。

大崎地区地域づくり協議会の「花いっぱい運動」は

「笑顔いっぱい運動」でもありました。

そういえば地域の名前がおおさき。

「大きく咲く」ですものね(*^_^*)

シリーズで大崎地区地域づくり協議会の「提案事業」の一部をお伝えしました。

花いっぱい運動への助成金は約13万円です。

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket