LINEで送る
Pocket

こんにちは!阿部悠平です。

 

旅行や出掛けるとかなりの確率で『雨』

土曜日も出かけようと思ったら、雨。笑

もはや、友達からも「この雨男!なんで来たがーて!!」

と言われる始末😑

(僕、誘われたんですけど・・・)

 

翌日、薮神地区地域づくり協議会

山田 勝会長にお誘いいただき、

国際大学の学生さんと坊谷山遊歩道の会の皆様と

『坊谷山(ぼたんやま)』に登ってきました😁

IMG_2349

 

 

ちょっとタイム✋🏾

 

「なんで大崎・坊谷山に薮神・山田会長?」

 

実は、・・・・・

南魚沼市への陳情

森林・山村多面的機能「越後ふるさと里山林協議会」

こうした働きかけや、交付金事業の紹介が最初の接点。

 

この看板も山田勝さんと遊歩道の会が

市に予算支援を依頼した結果、作成が実現✌🏽

(苦労の末にできた看板です)

IMG_2345

↑南魚沼市と入っています

 

それ以降、3年前から山田 勝さんは

『坊谷山遊歩道の会』のメンバーなのです✌🏽

IMG_2211

(山田 勝 薮神地区地域づくり協議会 会長)

 

グローバルな繋がり

 

この日、特にイベント的な雰囲気は無し🙄

今日は一体!?山田さんに伺ってみると💡

 

「以前、登ったIUJ(国際大学)の学生さん達の中で、

坊谷山の評判がすごく良くて、噂を聞いた学生さんから

”登りたい”という多数の声があってさ・・・・」

 

以前、学生さんの声を伺う機会があったのだとか。

(グローバルな繋がりがあるんだなー😮)

 

そしてこの日(5月14日)

遊歩道の会は、朝から駐車場の花壇整備。

IMG_2354

 

ちょうどこの日、

メンバーの方が集まるとのことで、実現したんだとか☝🏽

 

言葉に壁はなし!

 

さっそく、私含む遊歩道の会メンバー

6名による歓迎ムードに包まれ、学生さん到着。

IMG_2352

 

山田さんの流暢な英語での会話に驚き・・・・

(英語、堪能ですやん!)

 

11時には、下山して餅とお汁を

学生さんに振る舞うとのことで、

いざ、スタート!

IMG_2362

スピーディー(1時間)な登山です。

 

そして、今回の目的の一つ

【IUJを坊谷山から眺めてみよう!】

絶景です✌🏽

IMG_2394

 

頂上まではゆーくり登って約30分ほど。

坂戸山に比べたら楽々♪

植物を観察しながらいけばGood👍🏾

IMG_2385

 

今回、学生さん達と登る中で

通訳的(言語)な問題は、ありませんでした。

 

それもそのはず!

今回、学生の中には日本人の方や

日本在住暦十数年の卒業生も参加されていました。

 

柳屋山荘(アジト)では中島 孝一さんが

餅とお汁を準備して出迎えてくれました(^^)

IMG_2415ネーム

 

餅・汁・皿・箸

全て中島孝一さんの実費です😭

焼き台も急遽新品で購入してきたとか・・・

(もちろん、自費)

IMG_2414

 

そんな坊谷山遊歩道の会の方々を山田さんは、

「遊歩道の会の皆さんは、自分達でなんとかしょうと

する素晴らしい方ばかりだからね。

私は、活動に参加したりサポートするだけ😁」

と仰います。

 

大崎地区地域づくり協議会

「坊谷山が好きだから守ろう!」

という遊歩道の会の気持ちや想いに賛同し、

提案事業で予算支援をしています(^^)

 

また、中には個人的に差し入れをして下さる方もいるんだとか😀

 

「予算が欲しいとかでなくてそ、、、、

本当に皆さんの気持ちがなにより嬉しいがーそ。

と中島さんは仰います。

 

坊谷山遊歩道の会が最も求めてる支援は、

予算や活動資金ではないのです。

 

例えば、予算的支援は不可能でも

坊谷山の素晴らしさや知名度向上の為の支援

つまり、情報発信をお願いしたいと✊🏾

 

「活動の費用はなんとかできても、

坊谷山の魅力を多くの人に伝えるには

おいら(俺達)には限界があってそ。」

 

情報発信は、支援センターや行政ができる

支援のひとつ。

IMG_2383

 

そうだ、今回の花壇整備も

大崎地区地域づくり協議会

花いっぱい活動とタイアップしてできないかな~🙄

 

さっそく、話を聞きに大崎に行ってきます!✈

 

『坊谷山』や『遊歩道の会』についての

詳しい紹介は、以前にレポートしました😀

コチラからどうぞ↓

坊谷山は宝の山でした!

見て二割 登って五割 医療費削減 坊谷山

IMG_2358

 

坊谷山 柳古新田ルート

(株)みやま第二工場 様敷地内に駐車場があります。

駐車場に脇に登山口&看板があります♪

是非、皆さんも登ってみて下さい(^O^)/

『宝の山』の意味がきっと分かるはずです😀

〒949-7251 新潟県南魚沼市大崎556−3

駐車台数約5台

IMG_2420

 

記:阿部悠平

 

LINEで送る
Pocket