LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

GW明けのある夜、石打地区まちづくり協議会の総会が行われ、

私も同席させていただきました。

 

参加者は、石打地区の11行政区長と、小野塚昭治会長、

石打地区市議会議員、細矢克郎事務長の合計14名。

20170409072112

 

はじめに、小野塚会長より、石打地区まちづくり協議会が設置された経緯や、

協議会が行っている基礎事業、提案事業について簡単な説明がありました。

DSC_1265

 

総会の議題は以下の4件。細矢事務長の進行で進められました。

  • 平成28年度協議会会計決算報告の認定について
  • 平成29年度協議会事業案について
  • 平成29年度協議会予算(案)について
  • 平成29年度協議会役員の改選について

 

石打地区まちづくり協議会では、独自の特別会計基金というものがあったそうで、

その基金や市からの補助金を利用した事業の特別会計決算の報告もありました。

石打神社の屋根改修も、この特別会計基金を利用して行われたそうです。

 

既存の事業+新たな事業

 

石打地区まちづくり協議会の代表的な提案事業といえば、コチラ↓

他にも、各行政区行事や団体(塩沢歌舞伎保存会等)の活動の支援なども行っています。

今年度もほぼ例年通りの事業が決まっているそうですが、

新しい事業もいくつかありました。

 

その一つが「ふるさと納税返礼特産品開発委員会の立ち上げ」です。

今まで、南魚沼市はふるさと納税の返礼特典は設けていませんでしたが、

林茂男市長は今後、市と各地域づくり協議会とが連携して、

各地域の特産品を返礼として全国へ発信し、産業振興・販売促進に

つなげて行きたいという施政方針だそうです。

 

他にも、資料には書いてありませんでしたが、

  • 岡村貢翁のお墓案内看板設置(薬照寺内)
  • グランドゴルフ備品購入

といった声が上がっていました。

石打地区まちづくり協議会では今後、約2ヶ月に1回で役員会を開き、

事業の詳細などを相談・決定していくそうです。

 

副会長は回り順

 

最後に、平成29年度役員の改選が行われました。

石打地区まちづくり協議会の役員は基本的に1年任期で、

会長・事務長は後任がいない場合は継続になるそうですが、

今年度も小野塚昭治会長と細矢克郎事務長が継続ということで承認となりました。

 

副会長は上関小学校区・石打小学校区から1名ずつの計2名、

監事が1名で、副会長と監事は回り順で決められていました。

また、副会長のうち1名が代表区長となり、

塩沢中学校後援会にも所属するそうです。

充て職ってやつですね…。

代表区長に選ばれた区長さんは

よくわかりませんけど、私でよければ…」と引き受けておられました。

 

20170409072027

20170409072101

 

気になる山、飯士山

 

総会の最後に、ある区長さんから

「飯士山整備について地域から要望が上がっている」という発言がありました。

地域の人たちは整備を誰がやっているのか?

誰かに頼めるのか?わからない状況でした。

1111の山のナゾ

気になる協議会からの回答は…?

次回につづきます。

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket