皆さん、こんにちは。阿部悠平です。

 

 

春は、出会いあれば別れあり🌸

 

各地域づくり協議会でも、会長・事務長が

交代する協議会があります。

(こちらは後日詳しくお届けします)

 

城内地区地域づくり協議会で言えば

田鍋会長が28年度で会長職から

勇退されることに。

IMG_3634

(本当は猛烈に寂しいがここでは閉まっておこう😩)

 

支援センターに採用されて間もなく

ご挨拶に伺うと、開口一番

『お前なん一ヶ月ももたんで辞めるすけ!(フンッ!)』

と言われたが、一年後、カメラを向けるとこの笑顔

IMG_1728

 

ツンデレもいいとこである。

 

※ちなみにおらしょの主任は田鍋会長を

”じー”と呼びLINEでやり取りする仲である。

IMG_2041トリミング

ツッコむべき要素は満載だが

あえて触れないことに・・・

それにしても田鍋会長の返信、冷静。笑

 

 

そんな田鍋会長とのプライスレスな思い出は数知れず。

短くも深い日々を

思い返しながら行き着いた先はココ🚗

IMG_9475

 

3月の城内さんぽブログで紹介したように、

新年度(4月)から『城内さんぽ歴史編』が

新たにスタートしたので取材に直行( ̄^ ̄)ゞ

 

おい!前フリなんだったんだ!

目的ありきじゃねーか!

と自らするノリツッコミする始末である。

 

ということで本題はこちら💡

↓↓↓↓

城内さんぽ~歴史編~

 

コチラが城内さんぽ歴史編の

年間スケジュール↓

20170404145142535_0001

昨年同様、共催には

城内地区地域づくり協議会が入ってます☝🏽

提案事業としてサポートしています(^^)v

 

期間は、平成30年度の3月まで

『新編城内郷土誌』から抜粋した歴史と

イラストを交えて行政区ごとに紹介していきます。

DSC00798

ご無沙汰してました。

私も『新編郷土誌』には度々、お世話になっておりますm(__)m

例えばコチラ↓

神様に導かれ?城内の白山神社が摩訶不思議!

 

気になる歴史編は

 

トミオカホワイト美術館ラウンジコーナーを

のぞくと・・・

ありました!

DSC00797

気になる展示は・・・

 

ジャーン!
DSC00802

 

イラストに加えて写真とセットで

歴史が紹介されています✍🏽

DSC00806

DSC00812

DSC00815

DSC00817

 

「なるほど・・・」

「そうだったのか!?」

 

知って損はない!

むしろ知ることでもっと愛着が湧く

改めて、地域を知るきっかけになります😁

 

しっかり読むと

一時間くらいあっという間に過ぎちゃいます(^O^)/

 

ヒュルリーラ♪ヒュルリーラ♪

 

向かいにある『市民ギャラリー』は

若井 健一さんによる写真展

DSC00818

 

これまた惹かれる桜の写真がズラリ!

( ゚Д゚)グラッチェ

DSC00820

 

巻機山の麓にある

大山桜も展示されています🌸

DSC00828

 

そして次に・・・・

 

本当は全て紹介したいところで・す・が!

自らの目で是非ともご覧頂きたいです😊

 

また桜と言えば!

銭淵公園の観桜会

詳細はこちら↓

8360838983vol

 

『協力』には六日町地区地域づくり協議会が入っています。

ライトアップに必要な照明等の費用を

提案事業としてサポートしています<(`^´)>

 

雪解けも進み地区イベントが始まります。

各地域づくり協議会がどの事業に

主催・共催・後援しているか。

そこにも是非、注目していただければ幸いです😚

 

おらしょの次なる

プレミアムフライデーは観桜会か!?

『ゆーへー!場所とりしんばだすけ銭淵まで飛んで来い!』

とおらしょの主任に言われる前に

場所とりにいかんば(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

 

 

トミオカホワイト美術館・城内さんぽに

関するお問い合わせはコチラ↓

トミオカホワイト美術館

http://www.6bun.jp/white/

休館日:毎週水曜日

入館料:一般 ¥500 小中高生 ¥250

(ラウンジコーナー無料)

新潟県南魚沼市上薬師堂142

TEL:025-775-3646

 

銭淵公園 観桜会に関する

お問い合わせはコチラ↓↓

NPO法人 六日町観光協会

TEL 025-770-1173

Facebook⇒『六日町観光協会』で検索!

 

トミオカホワイト美術館ラウンジコーナーから

眺める八海山は絶景です♪(夕方がオススメ👍🏽)

 

DSC00834

 

是非、城内さんぽ&観桜会にお運び下さい(^^)v

記:阿部悠平