皆さん、こんにちは。阿部 悠平です。

 

おらしょの日記(珍道記)を

ご覧の方なら一度は目している

主任から鉄拳制裁を受ける

私の様子・・・😩

2760

(ここだけの話、弥三郎ばさなんていつもです。)

 

おらしょの主任「おい!なんか今言ったっぺ!?」

 

ヒィィィィ(((( ;゜Д゜)))

 

しかし!!

 

そんなブログの様子をご覧になり

事務所に訪れてくださる方がいーーーっぺぇいるのも然り✊🏽

 

3月7日 (火)

 

事務所に一本の電話が。

おらしょの主任宛てに元県議会議員の若月仁様からでした。

取り次ぐと

「あらーーー♪仁ちゃん、久っさしぶり~(^^♪」

「ふむふむ・・・なじょもなじょも♪おらしょの若けしょ、

焼くなり煮るなり、好きにしてください♪」

 

ヒィィィィ(((( ;゜Д゜))) 喰われる!!!

・・・・てか、知り合いかぃ(・・;)

その日のうちに来訪され主任と長時間、ヒソヒソ話し・・・・

あぁ、きっと、喰われるんだ、売られるんだ、ドキドキドキドキ

 

3月14日(火)

 

子ども・若者育成支援センターより

若者担当・相談員 若月 仁 様

相談員 今村 小百合 様

お二方が、支援センターに訪れてくださりました(^^)v

 

IMG_9157

(写真奥 左:今村 様 右:若月 様)

 

このたびは、「職場見学をさせてほしい。」ということでした。

「なんでおらしょに?」の主任の問いかけに、若月様は

「若い職員の皆さまが昌子さんのもと、切磋琢磨しながら、活き活きと

働いて成長している姿をブログを見て感じたからです。」

というお答えだったそう・・・。

まてよまてよ・・・そもそも

子ども・若者育成支援センターとは?も少し詳しく!

(通称:子若センター)

国や県の動向を受け、南魚沼市が、平成23年4月に設置しました。

「子ども支援」「若者支援」「家庭教育支援」を3つの柱と して、

相談や自立のための支援を行っています。

○子ども支援(小・中学生の教育相談、登校支援教室の設置)

○若者支援(義務教育期終了から39歳までの若者相談、居場所の提供)

○家庭教育支援(学校・家庭・地域連携促進事業・心豊かな子育て教室)

○青少年健全育成事業  などが業務とのこと。

 

この度の職場見学の対象は、義務教育期終了から39歳までの「若者支援」です。

20170316142631580_0001(4)

(↑目的が非常にキーポイントです!)

 

過去には以下の企業様に出向いて

見学を行ってきたそうです。

20170316143539384_0001(2)

20170316143539384_0001(#9

 

雷鳴とどろく

 

今回、支援センターが

職場見学の場に選ばれたのか、よくよくお聞きしてみたらば

 

おらしょの日記

 

から見える

おらしょの主任と若けーしょとの

日々の様子から

若手にフォーカスしてみたいとのことでした😁

840

 

若手と言えど

主任が若くないというのではありません。

(※ここ大事)

 

支援を求めている方々は、

小さな光でいいから見出したい。

見出した光をもとに自立したい。

そんな想いが強いそうです。

 

だから同世代の言葉

強く共感や光を感じるそうです🙂

 

それぞれの過去と未来

 

20代の阿部

30代の小林(卓)と上村

そして、大きな声では言えませんがごじゅーだいの主任の4人が共に

 

時に涙アリ・笑いアリ・鉄拳制裁アリ

若月様が子若センターにいらっしゃる若者の皆さまに

おらしょを見せたい!と思ってくれたから。

そして、それを主任が受け入れたからです。

 

IMG_9159

 

 

3月14日(火)は見学前の事前説明と

3名(阿部・小林(卓)・上村)それぞれの

今までの歩みから支援センターにて

勤めるに至るまで。

 

見学当日に向けた事前ヒアリングでした☺

DSC_0728

 

それぞれの話を聞く中で、

お互い初めて知る過去も!!!

おらしょの主任は話を聞いてて、げらげら笑う(ーー;)

途中、言葉を誤りツッコまれる

一幕もありましたが無事、回避┐(´д`)┌

 

職場見学は4月ですが、

当日来られた方が「光」を見つけ出す

最良の1日になればと思います( ̄^ ̄)ゞ

いや、ここに来れば間違いなく見つかります!!( ̄^ ̄)ゞ

またレポートしたいと思います😎

 

続く。

 

結の灯り前編&関連ブログはコチラ↓↓

おらしょも羨むチームワーク

雪ごったくから思わぬ展開に!

 

記:阿部 悠平