LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

お昼休みにこのブログをご覧いただいている方も多いのではないでしょうか?

ゆーへーは、主任につまみ食いされないため(?)

お弁当を隠しながら食べています(^^;

DSC_0545

 

さて、ご飯のお供の定番といえば、“梅干し”。

bbec599d4341acd483ae5851a37faa57_s

 

実は南魚沼市には「コシヒカリ条例」というものがあり、

「梅干おにぎり条例」という条例のある和歌山県みなべ町と

イベントでのコラボなど、交流を行っています。

その一つが、南魚沼市立第二上田小学校と

和歌山県みなべ町立岩代小学校の交流事業です。

 

先日、第二上田小学校で交流事業の「梅干し給食」が行われ、

その様子を取材してきました(^^ゝ

 

「梅干し給食」とは?

 

「梅干し給食」とは何かというと、第二上田小学校と交流を行っている

みなべ町立岩代小学校の児童が作った梅干しを給食で食べ、

梅干し作りに対する理解を深めようというものです。

 

第二上田小学校と岩代小学校の交流は平成27年度から始まりました。

なぜ第二上田小学校が選ばれたのかというと、

岩代小学校と同じ規模の小学校との交流を行いたいということで、

第二上田小学校に決まりました。

今年度の岩代小学校の全校児童は67名、

第二上田小学校の全校児童は68名なので、確かに同規模です。

 

第二上田小学校では学校田で5年生がコシヒカリを育てていて、

今年度は約60kgを収穫。

その3分の1(約20kg)を秋に岩代小学校へ贈り、2月に食べてもらいました。

岩代小学校の児童たちは、普段あまりご飯を食べない子も良く食べて、

おかわりをする子どももいつもより多かったそうです。

普段のご飯と南魚沼産コシヒカリの味の違いを感じてもらえました。

 

いただきます!

 

それでは、「梅干し給食」の時間です。

初めに、米作りを行っている5年生が

岩代小学校から贈られて来た梅干し作りの資料をもとに、

梅干しがどのように作られたかを説明。

DSC_0391

DSC_0403

 

梅干しは岩代小学校の児童が縦割り班に分かれて作っており、

梅の大きさやパッケージもそれぞれ違います。

DSC_0415

 

説明の後は、みんなで元気よく…いただきます!

DSC_0396

DSC_0400

DSC_0398

 

食べた後には、梅干し給食の感想発表も行われました。

・梅干しはすっぱかったけど、ごはんとマッチしていて、ごはんも梅干しもおいしかった。

・南高梅の梅干しがこんなに手間ひまかけて作られているなんて、知らなかった。

・最初は梅干しは嫌いだったけど、岩代小のみんなが作った梅干しを食べて好きになりました。

・今日はいつもより早く食べ終わりました。

・すっぱい梅干しが美味しくて、2個も3個も食べました。

DSC_0409

DSC_0410

 

最後はやっぱり元気よく、ごちそうさまでした!

DSC_0413

 

おらしょに戻り…

 

絵:ただいま戻りました!

主:おー、おつかれー!ちゃんと取材してきたかー?

絵:はい!

主:よしたよした。じゃあ、梅干しとコシヒカリのコラボは誰が中心になって進めたって?

絵:・・・?え~と、それは小学校では説明が無かったです・・・(-_-;

主:そこ聞かんばだめだねっか!何しに行ってきたがーだ!ちゃんと調べて来い! ( `Д´)ノ

絵:はっ、はい~!!行ってきます!(>_<)

 

と、いうことで、梅干しとコシヒカリの調査はまだまだ続くのでした…

tantei_boy

 

次回、調査編をお楽しみに!

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket