LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

ある日のおらしょにて・・・

主任「あー、焼き芋食いてー!」

私「えっ!…焼き肉の間違いじゃなくてですか?」

主任「肉しか食わんわけじゃねーて!( `Д´)ノ

肉も食いてーども、今日は焼き芋が食いてーが!」

私(結局、肉も食べたいんかーい!(^_^;))

安心してください、おらしょの主任は野菜もちゃんと食べてます(笑)

 

さて、思い起こせば、夏から始まった塩沢歌舞伎保存会シリーズ。

受け継がれる伝統と、変化する時代

塩沢歌舞伎保存会~松羽目作り編~

塩沢歌舞伎保存会 辻又公演決定!!

天国からも見えるように・・・『観楽座』の幟立て

辻又に泥棒五人組あらわる!

みなの衆!さぁ、来ーい来い来い来い!

 

いよいよ、本番!

 

平成29年2月18日(土)、

塩沢歌舞伎保存会のしおざわ雪譜まつり公演が行われました。

 

当日は朝8:30に会場の勤労者体育センターに集合。

会場内の片づけをしたり、椅子を並べたり…

お客様をお迎えする準備を整えます。

私は、前日におらしょの主任に、アナウンスの猛特訓をしてもらいました!

「違う!やり直し!」

「おい!ずぅずぅ弁になってるぞ!やり直し!」

「やめやめやめ!早口すぎ!」

「声がひくーーーいっ!ドレミファソの『ソ』まであげぇーい!」

おらしょのゆーへーも思わず聞き入る、お手本の主任の声(・・;)

まるでべつじ・・・ゴチン!

そんなこんなで、夜遅くまでのアドバイスを思い出しながら、

アナウンスの練習をしました!(^^)

原稿、めっちゃ書き込みました!!

DSC_0390

 

また、牧之通りに飾らずに残しておいた『観楽座』の幟

会場周辺に立て、会場への道のりの目印にします。

DSC_0281

DSC_0318

DSC_0315

DSC_0313

 

会場の一番後ろに残された幟は、

昨年亡くなられた、歌舞伎保存会の大切な方のもの。

ここから舞台を見守っていただきます。

SONY DSC

 

お昼近くになると、役者達の化粧も始まりました。

梅王丸役は、事務局長の中沢晃さん。

中沢さん

 

桜丸役は、木村秀彦さん。

木村先生

 

辻又公演と違い、今回の化粧・衣装・道具は師匠の京桝屋さんによるもの。

辻又公演の時に自分達で施した化粧と比べると…さすがプロ、美しいです。

ちなみに、こちらが辻又公演の時の化粧・衣装↓

DSC_0044

 

13時頃から、会場にお客様も入り始めました。

今年も受付にはお地蔵様。

16730528_1846726008924149_7423814254133773130_n

DSC_0334

 

『しおざわ雪譜まつり』は雪国の文化に触れ、郷土の歴史に触れるもの

 

そして14時、しおざわ雪譜まつり実行委員長の

中島成夫様によるご挨拶があり、開会。

SONY DSC

 

しおざわ雪譜まつりは今年で第33回を迎えますが、

歌舞伎公演は今年で17年目となります。

当初は雪で作った舞台で上演され、今では歌舞伎公演は

しおざわ雪譜まつりに欠かせないものとなっています。

 

中島様のご挨拶が終わり、いよいよ上演。の前に、

演目『菅原伝授手習鑑 車引』のあらすじや見どころ、

配役などをアナウンス。

ですが、幕の裏からはまだバタバタと音が聞こえてきます。

…大丈夫かな?(・_・;

近くにいた保存会の方にアナウンスを進めてもいいか

助けを求めると、大丈夫じゃねーか?ということで、いざ!

それでは、開演です。ごゆっくりとお楽しみください!

通常であれば、この後で拍子木の音が鳴り、幕が開くのですが・・・

 

・・・(ドタバタ)

 

・・・(○○さん、こっちー!)

 

なかなか幕が開かない!!ちょっと早かったかな?(@_@;)

どどど、どうしよう!!

 

数十秒が十数分に感じられた、その時…

チョーン!と、拍子木の音が響き、いよいよ幕開きです!

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

舞台は無事、終了しました。

 

そして、なんと、ここでサプライズ!

 

舞台転換の間に、終演後の役者がそのままの衣装・化粧で降りてきて、

舞台セットの前で記念写真を撮る時間が設けられました!

というのも、

今回の演目『車引』は、塩沢歌舞伎保存会にとって初めての演目。

なので、衣装は全て京桝屋さんが手作りで新調したもの。

それも、本場、歌舞伎座の衣装にもひけをとらない、豪華な衣装です。

ぜひ、ご来場のみなさまに近くで見ていただきたいという、素敵な計らいでした。

サプライズは大成功で、あっという間に人だかりが。

ち、近づけない…

DSC_0342

DSC_0344

(お客様の勢いがすごく、写真がブレてしまいました!(^^;)

 

その後の「雪華会」による芸能の演目も華やかに進み…

SONY DSC

 

こちらも、お菓子撒きのサプライズ(*^^*)

SONY DSC

 

みんなで作った『松羽目』も、魚沼市の干溝(ひみぞ)歌舞伎保存会の

子どもたちによる友情出演「やまびこ三番叟」で、お披露目されました。

SONY DSC

 

松羽目と、子どもたちを見守る、保存会のみなさん。

SONY DSC

 

最後は『松羽目』の前で塩沢歌舞伎保存会の太田会長よりご挨拶。

今年も多くの方々に支えていただき、公演を行うことができました。

三本締めの後、幕が閉まり、閉会となりました。

SONY DSC

 

公演のダイジェスト動画も作成いたしましたので、こちらもご覧ください🎥

画像をポチっと押すと、再生されます↓

 

あっという間・・・

 

お客様をお見送りした後は、役者は化粧を落としたり、

裏方では早速舞台の片づけが始められていました。

DSC_0357

 

塩沢歌舞伎保存会の活動は、

塩沢地区まちづくり協議会石打地区まちづくり協議会

中之島地区まちづくり協議会から提案事業としての協賛金や、

しおざわ雪譜まつり百八灯大護摩のろうそく奉賛金(一部)、

そして、お越しいただいたみなさまの「お心」に支えられています。

DSC_0336

 

また、「お心」とは別に、花代をくださる方も大勢いらっしゃいました。

その中には、塩沢小学校の岡村秀康校長のお名前も。

DSC_0356

SONY DSC

(左:地域おこし協力隊 中山さん/中:塩沢小学校 岡村校長/右:歌舞伎保存会 木村さん)

 

みなさま、本当にありがとうございます!!

 

 

そして、翌日は舞台設営と逆の要領で解体、片づけが行われました。

DSC_0381

 

塩沢歌舞伎保存会員の方が、すっかり元に戻った会場を見て

「昨日のことが夢のよう…」と呟いていて、

私もなんだか寂しい気持ちになりました。

 

と、思っていたら…事件発生!

なんと、牧之通りに立てた60本の幟が行方不明!

どうやら早朝に誰かが外していたらしいのですが…

盗人か!?はたまた、歌舞伎の神様か!?

と、ドキドキしていたのですが…

 

真相は、牧之通りにお店のある

歌舞伎保存会の会員の方が外して保管してくれていました(^^)

ちなみに、辻又公演『白浪五人男』では義賊(泥棒)の親方役をされていた方。

もしかしたら、遊び心だったのかもしれませんが(笑)一件落着です。

 

SONY DSC

 

幟は濡れてしまっていたため、大量(約80枚)の幟を

どうやって乾かそうか…みんなで頭をひねったのですが、

お昼ご飯を食べているうちに天気が良くなり、

雪に幟を差して日干しして乾かしました♪

 

今回の歌舞伎公演のアンケートを少し見させていただいたら、市外から

インターネット、パソコンで情報を見て来場された方も何名かいらっしゃいました。

また、駅など多くの方が利用する場所にもポスターを掲載させていただきました。

関東から来たという方のお話も伺いましたが、

「毎年この時期に南魚沼へは来ていたけど、今年初めて

歌舞伎公演を観て、素晴らしかった。また来年も観に来たい。」という

嬉しい言葉もいただきました。

 

昨年の公演では子ども歌舞伎の上演があり、

子どもたちの家族や友達も観に来てくれて、

非常に多くのお客様が来てくださったそうです。

それと比べると、今年の公演ではお客様の年齢層も高めでした…。

 

今年は塩沢子ども歌舞伎の上演はできませんでしたが、

子ども歌舞伎に限らず、小学校や中学校、地域の子どもたちによる

演目があれば、子どもたちにも地歌舞伎を知ってもらう

良い機会になるかもしれませんね(*^^*)

来年はどんな公演になるか・・・楽しみにしていてください!

そして、どうやら3月にもう一つ公演があるという噂も…。

続報をお待ちください!

 

隈取

 

しおざわ雪譜まつり、第2弾は「山伏編」を予定しています。

こちらも、乞うご期待!!(^^)

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket