だんだんどうも、上村絵美子です。

ある朝のミーティング後、おらしょの主任が放った一言・・・

主任「では、おのおの抜かりなく」

一同「「「承知!行ってくるでごわす!( ̄^ ̄)ゞ」」」

そして、それぞれ各地へ向かって行きました・・・。

 

長野県上田地域出身の真田幸村が主役の

大河ドラマ『真田丸』は終わりましたが、

まだまだ、「上田」がアツイ!

といっても、もちろん南魚沼市の「上田」地区のことです。

 

ということで、私が向かった先は上田地区。

先日は第二上田小学校を訪問し、

村山稔校長先生と阿部英正様(校鳥先生)に環境教育を中心とした

お話をおうかがいいたしました。

仕掛人 村山稔校長先生&阿部校鳥先生

上田地区にはもう一つの小学校、第一上田小学校があります。

第一上田小学校といえば、春には校庭に地上絵が現れたあの学校。

地上絵がどうなったのかも気になります…

上田地域に地上絵が!?

第二上田小学校に続き、地域との連携についてのお話を

うかがうため、第一上田小学校の笛木隆校長先生を訪問してきました。

DSC_0229

DSC_0228

 

先日のブログでも触れましたが、第一上田小学校でも

地域の学習ボランティアの方々にご協力いただき、教育活動が行われています。

ボランティアは主に児童のご家族の方が登録されていますが、

児童が卒業した後もボランティアとして協力いただいている方も

いらっしゃり、とてもありがたいとおっしゃっていました。

第一上田小学校では、地域の魅力を自分達で探す校区内探検や、

田植え・米の脱穀・ぬか釜体験といったお米についての体験学習、

「子ども守ロール隊」による児童の安全確保といった活動で

地域の方々にご協力をいただいています。

 

登川鯉のぼり掲揚事業登川清流ジョギング大会

上田ふるさと協議会の提案事業として行っていますが、

現在、参加している子どもたちは第二上田小学校の児童が中心です。

こちらは平成28年の登川清流ジョギング大会(略してノボジョギ)の様子。

緑色の体操着を着ているのが、第二上田小学校の児童です。

SONY DSC

 

IMG_4235

 

ちなみに、第一上田小学校の体操着は、こちら↓

IMG_2497

 

…たしかに、第一上田小学校の児童は姿が見えません(゜_゜;

 

第一上田小学校の笛木校長に、これらの事業に第一上田小学校の児童も

参加して、上田地域全体としての活動にすることは考えられますか?

お聞きしたら、「それは難しい」という、意外な答えが返ってきました。

 

地域=学区

 

なぜ第一上田小学校の児童が参加するのが難しいのか?というと、

「子どもたちや親にとっては“地域=学区”だから」なのだそうです。

 

上田地区には20の行政区があり、そこに二つの小学校があります。

第一上田小学校の学区(行政区名)は

金清坊、中之島、上田掛之下、広道、枝吉、雲洞、三郎丸、長表、早川。

第二上田小学校の学区(行政区名)は

原芝野、横新田、上神字、滝谷、小松沢、沢口、一之沢、姥沢、台上、蟹沢、清水です。

 

実は、鯉のぼり掲揚もジョギング大会も、

開催場所は第二上田小学校の学区内。

(青い線で囲まれた部分がそれぞれの学区です)

学区

※画像はMapExpert 学区マップのデータを利用させていただきました。

 

第一上田小学校に通う子どもたちにとって、第二上田小学校の学区は

大げさに言えば「よその地域」という認識になってしまうそうです。

同じ“上田”地域ではありますが、他の学校の学区内で行われる事業には

子どもも親も行きづらいのだそうです。

 

ですが、上田ふるさと協議会に限らず、地域づくり協議会の提案事業

地域住民全員が幸せになる取組みを支援・費用の助成を行うものです。

そのためには、現行の事業の見直しを行い、地域の多くの方から

「こんなことがしたい」「こうしたらどうだろうか?」という

意見を出してもらうことがやはり重要となってきます。

先日の上田地区座談会でも、学校と協議会、そして地域の人が

一緒になって、連携する必要があるという意見が出ました。

自分たちの地域は自分たちでつくる」、それが地域づくりです。

上田の住民みんなで上田のことを考える…

それをスムーズに進めるための計画が、少しずつ進行中です。

今後の上田地区の動きをお見逃し無く!

 

上田地区合同運動会

 

また、別の時に、第二上田小学校の地域教育コーディネーターである

岡﨑理香さんから、一昔前の上田地域のお話をおうかがいしました。

地域教育コーディネーターについてはこちらをご覧ください↓

冬をも忘れるアツーーーーーーイ研修【前編】

冬をも忘れるアツーーーーーーイ研修【後編】

DSC_0230

 

岡﨑さんは横浜市で生まれ育ち、関東でご主人と出会い、ご結婚。

それを機に、ご主人の実家のある南魚沼市にお嫁に来たそうですが、

岡﨑さんがお嫁に来てすぐの頃、上田地域では地域全体の合同運動会が

行われていたそうです。

第一上田小学校と第二上田小学校が1年ずつ交互で会場になり、

両方の地域の人が集まる場になっていました。

 

そこへ新しく地域に入った岡﨑さんが行くと、ご主人やご家族が

「この人が、うちに来た嫁だすけ(だから)、よろしくお願いします」と

地域の方に紹介してくださったそうです。

地域の方に顔を知ってもらうきっかけになり、

その後の交流にもつながる良い機会だったそうですが、

現在は合同運動会は行われていません。

 

この合同運動会が復活できないかな?や、

ジョギング大会はこうしたらもっと良くなるんじゃないか?など、

小学生のお子さんを持つお母さんの、そして移住者の目線で

夢を語ってくださいました。

第一上田小も第二上田小も同じ上田地区なんですから、

学区で区別せず、上田全体で考えて行きたいですね。

 

上田ふるさと協議会(地域づくり協議会)を核としながら

地域の人で地域を考え、地域づくりをしていくため…。

支援センターも全力でお手伝いさせていただきます!

 

 

そういえば・・・アレってどうなった・・・?

 

第一上田小学校にお邪魔した際、笛木校長に

110周年の航空写真についてお聞きしたところ、

資料をくださいました!

DSC_0267

 

航空写真を使った下敷きは、秋の110周年記念式典に合わせて

第一上田小学校の校区内に配布されたそうです。

大事な記念品ですね(*^^*)

下敷き

 

120周年を迎える頃の上田地区では、

地域と学校が連携して、どのような地域になっているのか?

今から楽しみです。

 

記:上村 絵美子