まいど~まいど~阿部 悠平です。

 

これは昨日(2/8)の朝の話である。

 

おらしょの主任「ゆーへー、きんな(昨日)の自分の発言どう思った?」

(うわぁ~やっぱそうだよな~・・・)

「ダメだと思いました。」

「誰もお前のそっけの話、聞きたくねぇがて!話すべきことはそこじゃねぇろ!」

(やっべぇ~久しぶりにおっつぁれた・・・)

「はい。そうだと思いました。」

「じゃぁ、お前が『今日』すべきことはなんだ?!きんな、家帰って考えたか!?」

「・・・・」

 

⚡😡💢👊🏾💥←

この先、どうなったかはご想像にお任せします😂

 

では、落雷の原因をここからご覧下さいm(__)m

 

はじめの一歩

 

落雷の前日(2/7)、

上田地区にて地域と学校の連携を目指して座談会が開かれました☝🏽

IMG_1535

 

これは、昨年12月に行われた

市内12地区地域づくり協議会合同研修会後、

第一・第二上田小学校 両校の校長先生の働きかけにより、

その第一歩として今回実現しました💡

 

上田ふるさと協議会 内田 義一 会長を初めとして、

・桃田 泰雄 副会長

・木暮 貴一 副会長

貝瀬 勝男 事務長

以上、3名が協議会から出席。

IMG_1543

 

学校関係から

・南魚沼市立 第一上田小学校 校長 笛木 隆 様

・南魚沼市立 第一上田小学校 教頭 常山 利江 様

・南魚沼市立 第ニ上田小学校 校長 村山 稔 様

・第一上田小学校 PTA会長 滝沢 理 様

・第二上田小学校 PTA会長 貝瀬 健一 様

・上田北部青少年育成会 会長 曽根 斉 様

・上田南部青少年育成会 会長 上村 浩和 様

・第二上田小学校 地域教育コーディネーター 岡崎 理香 様

・第二上田小学校 地域教育コーディネーター 山本 美穂 様

 

IMG_1544

 

地域・行政から

生涯学習コーディネーター / 地域ネットワーク南魚沼 代表 松崎 一昭 様

南魚沼市役所 塩沢市民センター 金子 正宗 様

南魚沼地域復興支援センター 小林主任、阿部

 

以上、17名が出席しました✊

IMG_1535

 

学校から地域へどう貢献できるか

 

意見・アイディア交換が始まり、

両校の校長先生からは・・・

 

★今までは、学校の都合に応じて地域の方からお手伝いして頂いている。

今後は、地域の要望に沿う形で、学校が地域に出向き、

地域との連携を通して子どもたちを育てたい。

その中で上田ふるさと協議会と連携を図りたいと考えている。

 

★学校は地域の関わり・繋がり無くしては成り立たない。

学校の都合だけで地域から支えてもらうのではなく、

地域に何ができるか、どう貢献できるか、Win&winの関係を築きたい。

 

その方法として学校とふるさと協議会が連携して

地域に貢献できる提案事業を行いたいということでした📝

 

この子はどこんちの子だい??

 

こうしたお話を受けて出てきた意見がこちら↓

 

自分の子どもがでっこくなると集落の子どもがいっそ分からん!😨

 

 

確かに!いや、それはおごった!!😳

学校と協議会だけでなく地域んしょも一緒に連携しんばならん!

という意見も出てきました!

 

“核”となる

 

地域ネットワーク南魚沼 松崎 様からこのようなお話がありました。

IMG_0022

(松崎 一昭 様)

 

地域づくり=人づくりではないか。

協議会だけで固まるのでなく、協議会が核となり地域団体と連携して

互いに協力し合って地域づくりを行うことが大切ではないでしょうか。

 

更におらしょの主任から、

東地区地域づくり協議会の組織編制について紹介がありました✍

20161216132727309_0001

 

東地区地域づくり協議会は、様々な地域団体・学校が

組織に参画しています。

 

両校の校長先生も協議会総会に参加しています✊

 

更に女性部も!!

東組織

 

つまり東地区地域づくり協議会は、

地域全体で全員で提案事業を考え、地域づくりを行っています💡

 

このようにおらしょの主任は、

目指すところはココと提案したの

 

で・す・が!

 

落雷の原因となったのがココであります。

主任が絶妙なアシストをしてくれたにも関わらず・・・

 

私、まったく的外れなことを喋ってしまったのです😱

(チーン)

 

普段、支援員として自分が市内12地区の地域づくり協議会を訪問したり、

関わる中で、座談会に参加してくださっている皆様方よりも

情報を知っている自分が

学校と地域が連携している地域が他にもあるのに、そこに触れなかった・・・😰

 

もう一歩進むために

 

地域団体や住民が組織に参画するには

“どのようなアプローチが大切か”

話題は移って行きます✍

 

★いきなりガッチリした組織を形成せずにまずは

小さなこと、できることから始めよう!

 

★学校と協議会が手を組んでこんなことを始めるよ、携わっているよ。

これを地域に発信しよう!

そこから様々な団体からも地域づくりに参加してもらおう!

 

★既存の事業に関連付けして学校と地域が連携していこう!

 

まずはしっかりと根を張ろう。そこから枝分かれしていこう。

全員が同じイメージを共有し始めた瞬間でした。

 

人任せじゃ明日に繋がらない

 

動き方が定まってきた所で大事なのが、今後の動き方。

 

ゆっくり運んでいては進まない。

 

次回の開催までに個々に意見やアイディア、地域の意見を持ち寄ろうと。

 

地域教育コーディネーター 岡崎 様からも

「私たちは、PTAの中にいるので、女性の意見を集めるなどしていきたいです」。

さっそく頼もしいお言葉を頂きました☺

 

 

次回は、持ち寄ったものをもとに

連携の実現に向けた具体的な話が行われようとしています!

 

 

次回開催は3月7日(火)です。

 

上田地区の方で地域づくりに共に参加したい!という方が

いらっしゃいましたら是非、支援センターまでお声掛け下さい。

志高き方をお待ちしております!

 

IMG_1542

 

今回は堅い感じがしたな~

おらしょの主任はそんなの関係なくボリボリお菓子食べてたけど・・・😑

「ゆーへーこれちょーだい♪おら、甘納豆、大っ好き😋 かわりにこれくんら~」

まじで心臓に毛、生えてるろ?

やべっ!また怒られる!

 

続く・・・

 

記:阿部 悠平