LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

 

先日お知らせいたしました

『塩沢歌舞伎保存会』の辻又公演が

1月29日に無事、行われました!

塩沢歌舞伎保存会 辻又公演決定!!

DSC_0070

 

公演に向けての準備と、当日の上演がどのように行われたのか…

裏側に密着取材して参りました(^^)

 

全員が初役

 

1月初めに塩沢歌舞伎保存会の新年会が行われ、

そこで発表された「辻又公演」。

演目は、知名度も高く、保存会でも今までに何度も公演を行っている

『白浪五人男(しらなみごにんおとこ) 稲瀬川勢揃いの場(いなせがわせいぞろいのば)』

で決定していました。

去年の『しおざわ雪譜まつり』でも、子ども歌舞伎で上演いたしました。

021

 

問題は配役。

まずは当日参加できる人を募り、

その中から誰がどの役を演じるかを決めていきます。

その結果、今回は全員が初めて演じる役ということに!

初役ということで緊張もあるかとは思いますが、

新たな試みということで、楽しみな部分も大きいようです。

稽古日程も限られていますが…さぁ、どうなる?!

 

稽古は○日

 

辻又公演まで1週間…ようやく稽古が始まりました。

台本と音源は既に準備完了。

DSC_7368

 

早速、動きを付けながらの稽古が開始です。

指導は太田喜一郎会長。

DSC_7370

 

稽古では役者さんはもちろんですが、

裏方の太鼓や音楽のタイミングも練習しなければいけません。

チームワークが大切になります。

 

また、衣装や小道具、化粧道具も準備しなければなりません。

DSC_7365

DSC_7366

DSC_7367

 

倉庫には衣装や道具がたくさん。

この中からそれぞれに合った衣装を選び、サイズを直したり、

足りない物を作ったり…なかなか大変ですが、

地域のみんなで協力して、手作りで芝居をつくりあげる。

それが地歌舞伎のいいところなんです(*^^*)

 

全員揃っての稽古は1日だけでした。

DSC_7383

 

3日目、4日目は衣装・カツラを付けての稽古。

DSC_0010

DSC_0015

 

細かいところまで演技指導が入り、衣装なども含めて最終調整を行っていきます。

化粧道具も当日すぐに使えるよう、事前に準備。

DSC_0007

 

衣装やお化粧道具は、師匠から購入したり、

機会を見て専門のお店で購入したりと、

長年コツコツと用意しているそうです。

化粧が自分たちでできるように、と師匠が「化粧教室」を

開いてくれたこともあったそうです。

 

4日間で稽古は終了

回数で言っても10回程度です。

最初は台本を見ながら始まり、練習では何度も台詞や動きを

間違えることもありました。

ですが、最後の練習では台詞も動きも90%くらいの完成度にまでなりました。

「芝居で大事なのは“一に声、二に顔、三に動き”です」

「声をお客様にぶつけるように、しっかりとお客様のほうを向いて、おなかから声を出して」

「動きは大きく、一つ一つの動きをしっかりと」

「もし本番で台詞がつかえても、周りがフォローしますから、

とにかく堂々と、楽しんでやってください」

太田会長からのアドバイスを受けながら、いよいよ翌日は本番です!

 

辻又と塩沢歌舞伎保存会のつながり

 

1月29日(日)、ついに辻又公演の日を迎えましたが、

その前に辻又と塩沢歌舞伎保存会についておさらいしたいと思います。

 

以前にもご紹介いたしましたが、今までは辻又地区の雪まつりは

小規模集落加算の交付金を利用して、

「明るい村づくりの会」の皆さまにより行われていました。

小規模集落加算の20万円【辻又編】

辻又地域の雪まつり

 

ですが、今年の雪まつりは

「環境省の協動取り組みの加速化事業の一環としての

辻又地域協議会の企画」として行われました。

もちろん、そこには地域おこし協力隊の姿も。

地域おこし協力隊

大和エリア 限界集落 「辻又」はでっこい畑

地域おこし協力隊の目に映る辻又地区

あったかい藪神地域「芹田」地域の人々

 

1月28日(土)は午後から辻又集落の皆さんと専修大学の学生さんで

雪灯籠づくりが行われました。

16389163_1103726033083339_2078929697_o

16388857_1103726056416670_1227422602_o

 

1月29日(日)午前中は辻又集落の住民の皆さんで、

辻又のこれからの姿を考えるワークショップが行われました。

辻又のいい所を挙げ、それを今後どのように辻又の村づくりに

活かしていけば良いか、住民の皆さんで考えました。

16409228_1103726166416659_1333156212_o

 

そして、午後からは芸能大会です。

実は今回、辻又に塩沢歌舞伎保存会が来ることになった背景には、

支援センターによる紹介以外にも理由がありました

 

2011年に製作されたドイツ映画「Unter Schnee(雪に埋もれて)」。

ドイツのウルリケ・オッティンガー監督が

鈴木牧之の『北越雪譜』に惹かれ、製作した映画です。

この映画を撮影する際、歌舞伎の『寺子屋』のシーンが撮りたいということで、

インターネットで調べた結果、塩沢歌舞伎保存会にたどり着いたそうです。

インターネット…やはり、あなどれません!!

ドイツ在住の日本人作家、多和田葉子さんにもご協力いただきながら

撮影の準備が進められていったのですが、魚沼地域での撮影は

塩沢歌舞伎保存会が各地を紹介し、ロケ地が決められました

その撮影場所の一つが、この辻又集落

2010年末に、辻又多目的センターのグラウンドや

辻又集落の雪の中で撮影が行われました。

だから、辻又は塩沢歌舞伎保存会にとっても思い出深い場所で、

そこで出張公演ができることを、とても楽しみにしていました

unter schnee

(映画のポスターも辻又で撮影されました。)

 

塩沢歌舞伎保存会が辻又に到着すると、多目的センターの前には

観楽座』の幟が。幟についてはコチラをご覧ください↓

天国からも見えるように・・・『観楽座』の幟立て

DSC_0020

DSC_0019

 

開演2時間前、最後のリハーサルを行う役者の皆さん。

DSC_0029

 

控室では、化粧の準備も進められています。

壁に貼ってある見本を見ながら、化粧を施していきます。

DSC_0026

 

化粧や衣装の準備を行うのは保存会員の阿部ヨリさん。

化粧の専門家ではありませんが、慣れた手つきで

あっという間に化粧が施されていきます。

DSC_0033

DSC_0036

DSC_0038

DSC_0040

 

私も目元と口元のお化粧のお手伝いをさせてもらいましたが、

自分の顔を塗るのとは違って、なかなか難しい・・・。

でも、特技の“着物の着付け”を活かして、衣装の着付けもお手伝い(*^^)v

支度が整ったところで、記念写真。はい、バーッタリ!

(歌舞伎の見得を切ることを「バッタリ」と言っています^^)

DSC_0043

 

地域おこし協力隊の中山元喜さんも役者で特別出演!

地域おこし協力隊

あったかい薮神地域「芹田」地域の人々

 

塩沢歌舞伎保存会 辻又公演 開幕

 

開演前に太田喜一郎会長より、塩沢歌舞伎保存会と

辻又のつながりについて簡単にお話がありました。

ドイツ映画の撮影のことは知らなかったという住民の方も多かったようで、

へぇ~そうだったんだ、という声も聞こえました。

「歌舞伎の名台詞を言ってみよう」のコーナーでは、

観客の皆さんと一緒に台詞を言って、歌舞伎に親しんでいただき…。

DSC_0055

 

いよいよ開幕です。

といっても、幕はありませんが(^^;

DSC_0065

 

白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場』は、ざっくり言うと、

五人組の泥棒が役人に捕らえられそうになったため、

つかまる前の最後の見せ場と一人一人が自分の名前や経歴を名乗り、

最後は役人と大立ち回りをする、といった内容です。

五人の泥棒はとても個性的で、役に合わせた七五調の台詞が有名です。

この「五人男」がヒントとなり、戦隊ヒーローが五人組みになったとも言われています。

DSC_0071

DSC_0074

16409133_1103707249751884_493793299_o

 

今回も動画を撮影しました!

手振れの部分などをカットしたダイジェスト版ですが、

ぜひご覧ください(^^)

下の画像をポチっと押すと、動画が再生されます↓

 

上演は無事終了!

保存会員の皆さんも私も、本番まではドキドキしていましたが、

終わった後は達成感と、もう終わってしまったという

少し寂しい気持ちになりました。

 

 

衣装を着替え、化粧を落としたあとは、試作品だという

辻又産玄米を使用したベーグルサンドと豚汁をいただきながら、

地域芸能の観賞。

DSC_0094

16388950_1103726189749990_124395774_o

16443032_1103726233083319_1540356691_o

16409455_1103726273083315_163666293_o

DSC_0092

 

最後は『薮神音頭』をみんなで踊って雪まつりが終了しました。

DSC_0095

DSC_0104

DSC_0107

 

辻又に生まれ育ち、80歳を超えたという住民の方にお話をお伺いしたところ、

辻又でも自分が生まれる前には芝居をやっていたという話があることや、

テレビくらいしか娯楽が無い地域にとって

今回の雪まつりでの地域芸能の発表は

とても画期的なことで、嬉しいことだとお話いただきました。

昔は今の5倍も人がいて、地域の青年会が中心になって

祭りで踊りや浪曲が披露されることもあったけれど、

人口減少と高齢化が進んでしまった今、

地域を盛り上げるためにこのような催しをしてくれることは

ありがたいことだとおっしゃっていました。

 

辻又と薮神地区、塩沢歌舞伎保存会の交流が生まれた今回の辻又雪まつり。

辻又でも昔は芝居をやっていたという、新たな発見をすることもできました。

地域に残る伝統芸能を通じて人が集まり、コミュニティができる。

それは地域芸能の再興や地域の活性化にも繋がります。

地域の伝統芸能を地域づくりに活かしていけるような取り組みを

今後、進めて行きたいと思っています。

 

2月5日(日)は合同節分祭!

 

setubunsai

 

辻又集落のある薮神地区地域づくり協議会では

2月5日(日)10:00から恒例行事『合同節分祭と大抽選会』が行われます!

今年もたくさんの“福”が用意されていますよ~(*^^*)

どなたでも参加できますので、ぜひ2月5日(日)は「まほろば」へお運びください♪

大事なことなので、もう一度…

どなたでも参加できます!!

 

今までの様子もこちらからご覧いただけます↓

第4回 合同節分祭と大抽選会 薮神地区

第5回 合同節分祭と大抽選会

薮神地区「合同節分祭と大抽選会」開催されました!

藪神【合同節分祭と大抽選会レポートNo.1】

藪神【合同節分祭と大抽選会レポートNo.2】

藪神【合同節分祭と大抽選会レポートNo.3】

行かないと損!ですよ~
 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket