LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

 

さて、1月6日(金)に六日町・八坂神社で伝統行事『婿の胴上げ』が開催されます。

八坂神社といえば、夏に神輿渡御の様子をレポートいたしました。

その時の様子はこちらをぽちっと↓

【八坂神社神輿渡御】

 

DSC_3664

 

まずは八坂神社について簡単にご紹介いたします。

八坂神社は応永4年(1397年)創立。

祭神は素盞鳴尊(スサノオノミコト)で、明治4年までは

八坂神社ではなく牛頭天王(ごずてんのう)と呼ばれていました。

神輿渡御の御神輿にも、よく見ると「牛頭天王」の文字が↓

SONY DSC

 

八坂神社の祭日は7月18日の例祭と、11月23日の新嘗祭、

1月6日の祈年祭(春祭り)となっています。(六日町誌より)

 

この春祭りで行われる儀式が『婿の胴上げ』です。

前の年に結婚した新郎を八坂神社の拝殿で胴上げする、

という…少し変わった風習です。

_dsc0102

_dsc0106

 

南魚沼地域復興支援センターの活動内容の一つ

伝統文化や産業技術の継承』ということで、

この『婿の胴上げ』について、まとめてみました。

 

400年以上続く伝統行事

 

八坂神社の『婿の胴上げ』の起源は今から約450年前の戦国時代にさかのぼります。

その頃の南魚沼一帯は「上田の庄」と呼ばれていて、

坂戸城主 長尾政景公の治下にありました。

ちなみに、長尾政景公の子が上杉景勝公、その家臣が直江兼続公です^^

当時は封建社会の強い風習で、婿養子は蔑まれることが多く、

初詣の際にも町の悪童が嫌がらせをすることもあったそうです。

(むいかまちスケッチボックス 六日町観光便覧より)

『婿の胴上げ』は長尾政景公が、

この土地に来てくれた婿養子を祝い励ますため、

さらに農兵の士気を高めるために始められたといわれています。

 

なぜ“婿”なのか…?

 

おらしょの主任に「必殺仕事人の『婿殿!』とか、知ってるろ?」

と言われ、「???」となった私とゆーへー…(^^;

 

知る人ぞ知る時代劇・テレビドラマ…必殺仕事人シリーズに登場する(少し古いか・・汗)

主演の藤田まことさん演じる中村主水が婿であるため、嫁と姑、

はたまた上司にまでに疎まれ、陰に日向にいびられ続けている場面が

描かれていて笑いを誘いますが、極めつけが、姑からの「婿殿!」と

強い口調で説教されるところが実に面白おかしく描かれていたとのこと。

(おらしょの主任・談)

 

“婿(婿養子)”というのは、男性が自分の家を出て、

妻となる女性の家庭に入る、ということです。

「お婿さんは、なかなか土地に馴染めなかったり、よそ者扱いされて

しまうことが多かったから、婿を大事にして、早くこの土地に

馴染んでもらいたいという、政景公のお婿さんに対する励ましだったのでは

ないかな…と思うよ。」と、おらしょの主任が教えてくれました。

そうしたことが一致団結に繋がり、城下の繁栄のためになるとの

意図があったんじゃないかな…とも。

 

戦国と平成…時代が変われど、悩みは一緒。

人口減少・少子高齢化… (*_*)

とにかく人口を増やさなくては・・・という政策だったのです。

なるほど…坂戸城主・長尾政景公は、この土地に婿に来ることを

喜んでくれるような風習を作る必要があるということで、

『婿の胴上げ』が考案されたのですね。

今でいう移住定住促進です。

平成の南魚沼市で行われている移住定住促進事業については

こちらをご覧ください↓

【南魚沼で暮らす We live in Minamiuonuma】

 

意外と多い?!お婿さん

 

実は、この度の『婿の胴上げ』では

おらしょの主任の同級生の息子さん、嶋倉悠斗さんが

花婿として胴上げ儀式に参加されるそうです♪

14333577_711799498985173_6985049570888381523_n

14358777_711822725649517_6237520386041589568_n

 

悠斗さんは昨年、実優さんとご結婚された新婚さん💕

わぁーーすてき~(*^^*)

ご結婚おめでとうございます!!

5807

5810

5811

 

とっても素敵なので、和装のお写真も!

撮影場所は塩沢の牧之通り。お二人ともお似合いです💕

いいなぁ…うらやましい~😍

 

昔は胴上げされるのは神社のある地域に婿入りした方だけ

だったそうですが、近年は婿入りだけにこだわらず、

前年に地区内で結婚した新郎を地域住民が祝福し

胴上げされているそうです。

当日も支援員が取材に参りますが、

ぜひ皆さまも400年以上続く伝統の『婿の胴上げ』

ご一緒にお祝いください(^^)

 

ちなみに、ゆーへーのお父さんも、私の父も、

それぞれの家に婿入りした“お婿さん”でした。

そして私も、お婿さん大募集中です(笑)胴上げしてお祝いしますよ~♪

 

 

八坂神社 婿の胴上げ

 

【日時】

平成29年1月6日(金)

18:30~ かがり火点火

19:30~ 神事

20:00~ 胴上げ儀式

 

【場所】八坂神社(新潟県南魚沼市六日町1951)

※駐車場は南魚沼市民会館駐車場(徒歩2分)をご利用ください

 

【お問合せ】

NPO法人 六日町観光協会

TEL:025-770-1173

HP: http://www.muikamachi.jp/

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket