皆さん、こんにちは。阿部 悠平です。

 

明けましておめでとうございます🐔

昨年は、大変多くの方から支援センターブログを

読んでいただき、誠にありがとうございましたm(__)m

 

2017年も楽しく・笑いあり・涙あり・怒りの鉄拳たまにありの内容で

地域づくり協議会の活動、支援センターを始め

南魚沼市の情報を発信していきますので、

支援センター職員一同を本年も宜しくお願い申し上げます。

 

12地区地域づくり協議会総会&忘年会

 

2016年12月27日(火)

南魚沼市12地区地域づくり協議会総会が開催されました。

支援センターも3名で出席させていただきました😀

img_0780

 

次第の通り総会は進み

20170104133325679_0001

 

総会終了後は、出席者で忘年会でした🍻

img_0793

 

お酒も入り普段できないような話から

お褒めの言葉まで・・・

2017年に向けて身が引き締まりました☺

img_0792

 

夜の帳を抜けて・・・・

 

翌日、12月28日(水)は、

一足早く【市報 みなみ魚沼 2017年1月1日号】の配布が行われました。

0001-7

 

林 茂男 南魚沼市長の新年の挨拶が掲載されています✍🏽

0002-1

 

前日の忘年会時に

塩沢地区まちづくり協議会 寺口事務長から

「明日、おらのセコ(手伝い)に来てくんねぇか」

と依頼され、市報配布の応援に駆けつけました!

 

今年は拍子抜け

 

楽しい夜の代償を抱えながら

塩沢地域全世帯の市報が置かれている

塩沢市民センターに向かいました✊

img_0809

 

「昨日はさっつぁ呑んど~」(昨日はかなり呑んだ)

と寺口事務長(^^)

img_0811

 

今回、応援を依頼された経緯として

例年通りだと市報1月1日号に付随する

配布物は膨大な量なんだとか・・・😮

img_0812

 

が!!しかし!!

今年はどうしたことか普段と変らない量とのこと。

配布物としては5つ程。

例年より3~4種類は少ないとのことでした。

img_0815

 

寺口事務長もこれには拍子抜けしたようで

「お前さん、来てもらったども少ねかったて」と・・・🙀

img_0813

 

“俺、居ても邪魔になるだけかこの展開は!”

と心の中で想うも

力仕事を率先して積み込み作業に従事💪🏽

img_0816

 

少ないと言えど、世帯数の多い塩沢地区はかなりの量

寺口事務長のマイカーに同乗させていただき出発!

配付時は効率良く、最短ルートで回ります。

 

毎年、区長が決まるとそこから最短ルートを導き出し

年間を通して決めたルートを回ります👍🏽

img_0818

 

寺口事務長お馴染みの『

笠といえば、一時間は話せるおらしょの主任。

雪国の暮らしには昔から欠かせないマストアイテム。

 

笠の利便性、魅力については・・・

ココ、チェック⇒【笠~雪掘り・田んぼに畑仕事・何でもござれ!

直接聞きたい方は事務所までおいで下さい!✌

 

で、市報配布で一番厄介なのが“配布物が濡れること”

各行政区長から各世帯へ配られるまでに

雨や雪で濡れてしまうことだけは絶対避けなければなりません😣

img_0823

 

車を玄関ギリギリまでつけます。

ここでの距離も最短で!

 

今は、市報配布日にクリアボックス等を玄関に置いて

濡れない対策を区長の方々にはとって頂いています💡

 

でも、たまに出し忘れる時もありますよね・・・😰

そんな時、対応できるようにいつでも新聞紙やビニール袋を常備しています☝🏽

img_0822

 

昨年12月に行った12地区地域づくり協議会合同研修会に

出席していただいた田崎 芳作さん(二分区長)は外に出てきて下さいました😁

合同研修会の感想を頂きました!ありがとうございますm(__)m

img_0819

12地区地域づくり協議会合同研修会のレポートはコチラ▼

冬をも忘れるアツーーーーーーイ研修【前編】

冬をも忘れるアツーーーーーーイ研修【後編】

冬をも忘れるアツーーーーーーイ研修【番外編】

胸が熱くなるメッセージ。

 

栃窪に向かうと下界とは打って変わって雪の降り方が別格!!

そして、驚くべきは積雪量⛄

img_0825

乾雪が降り、道路は真っ白でした!

標高500mでこんなにも雪の降り方が変るんだと

身をもって実感します😳

 

「見てみ、栃窪んしょいいが作ったろい」

と寺口さんが言うように

栃窪区長の木製看板は新品でツヤツヤ💮

img_0824

 

昨年に引続き今年も小雪❄

市報配布の際に雪が降ってないこと、

少ない事は安全面や負担を考慮すればありがたいこと☝

 

しかし、ウィンタースポーツが主産業のこの地は

小雪であれば営業に支障をきたすので複雑ですね😣

 

「毎年、雪崩に巻き込まれたらおっかねぇな~と思いながら届けてるて~」

(毎年、雪崩に巻き込まれたら怖いと思いながら届けている)

と寺口事務長も冬場の市報配付は、大変だと仰るように

世帯数の多い地域、栃窪・岩之下区と移動範囲も広いです。

冬場になると凍結や雪崩れ等の心配が付きまといます😓

 

これは、薮神地区地域づくり協議会の事務補助員 小幡さんも

辻又や後山に配付に行く冬場は特に心配になると仰られていました😵

img_7881

 

また、冬の配付は夏に比べて時間を要します⏰

濡れないための対策を施しながらの配付は

夏場に比べ約1時間程度変ってくるそうです🙄

近道が通行止めになるもの一つの要因だとか。

 

この日も、雪が降り生憎の天候でしたが

無事に塩沢市民センターまで帰ってきました( ̄^ ̄)ゞ

img_0826

↑これは市報配布仕様の寺口事務長の車

コンパネが収まるように裁断してフルフラットにしています☝

 

今回は6箱ほどでしたが多いときには、

カゴが10個上になることもあり

過去の市報1月1日号ではそれが普通だったとか・・・😱

 

膨大な量の配布物と本来の役割を果たせず終いでしたが😭

1月~2月にかけてあと3回冬場の市報配布があります。

 

このレポートと内容が重なりますが、

雪国の市報配布は以前レポートしてあります。

コチラをご覧下さい▼▼

毎月2回発行「市報 みなみ魚沼」配布に密着!

 

事務所に戻るとこんな光景が・・・

おらしょの主任ま~たやらかしっちゃったて~」と🙈

img_0831

 

大掃除のはずが余計に散らかった気が・・・😩

img_0830

 

以上、2016年最後の活動でした( ̄^ ̄)ゞ

2017年も引続き宜しくお願い申し上げます。

 

記:阿部 悠平