LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。阿部悠平です🙂

 

下界もついに雪が降りましたね~☃

 

八海山も冬の顔に姿を変えました!

img_0660

 

一年を通して

真っ白な八海山が一番好きだな~と実感❄

早くバフバフのパウダースノーを

味わいたくてウズウズです🏂

 

さて、城内にいるということは

おらしょの日記をご覧の方なら

分かると思います💡

 

4月から始まり、毎月お伝えしている企画

城内さんぽ~イラストで見る城内~のコーナー👍🏽

img_0627

4月~11月までの城内さんぽの記事はコチラ▼▼

城内さんぽ【4月イラスト】

城内さんぽ【5月イラスト】

城内さんぽ【6月イラスト】

城内さんぽ【7月イラスト】

城内さんぽ【9月イラスト】

城内さんぽ【10月イラスト】

城内さんぽ【11月イラスト】

 

城内さんぽ~イラストで見る城内~【12月イラスト】

 

架けかえからすでに2週間経過してしまいましたが・・・😨

12月イラストは、法音寺田崎が舞台です。

img_0629

 

位置はこちら↓

img_06312

 

「法音寺」といえば、

「妙音寺区」ができるキッカケとなった

お寺『法音寺』がある地区です。

img_0642

妙音寺についてはの記事はコチラ▼▼

神様に導かれ?城内の白山神社が摩訶不思議!

 

法音寺がこちら!

img_0662

天平7年(西暦735年)藤原麻呂が建立したと

いわれる真言宗智山派の古寺。

阿弥陀如来像や宝物があり、

30年に1回、御開帳を許されるそうです😯

 

気になるイラスト↓

img_0634

タイミング良く雪が降り

イラストに近い写真を撮影することができました📷

 

法音寺正門

img_0665

 

正門のイラストも季節は違えど

見比べるとそのまま😳

img_0635

 

門には、真言宗智山派と彫られています。

img_0667

真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)は、

日本における仏教の宗派の一つ。

弘法大師空海を始祖とし、

真言宗中興の祖・興教大師覚鑁(1095年-1144年)を

開祖とする新義真言宗と呼ばれる宗派の中の一つ。

(Wikipediaより)

 

法音寺正門の右側には「亀福寺」があります😀

img_0664

 

img_0638

だいぶ昔に描かれたであろうイラストと

写真の丸太の描写が全く同じ!!

 

歳月が経っても変わらない場所があるんだな~

と心に沁みます😌

 

続いて向かったのは「田崎

img_0640

 

山王様を訪れてみました😀

img_0668

奥へと続く参道

雪のせいか寒々していて

ミステリアスな雰囲気😎

img_0669

 

社殿に近づくと、

12月イラストではこのように描かれていたんですが・・・

img_0633

 

冬囲いでいっそ伝わんね!😲

 

img_0670

 

ひとまず社殿まで階段を登ってみる。

これは万全な冬使用であることが一目でわかります。

 

img_0673

 

一人で滑って転んでも誰も笑ってくれないなー

と思うような急な石段。

あっ、すみません😰

受験生の方は敏感な時期ですね

慎みます😥

img_0672

 

12月イラストもお寺や社殿、

景色だけでなく思わず笑ってしまうような

イラストもあります😁

img_0643

師走の忙しい時期ですが、

トミオカホワイト美術館へお運び下さい( ̄^ ̄)ゞ

 

市民ギャラリー

 

また、城内さんぽの向かいに展示してある

市民ギャラリー12月は・・・

 

城内地区豊年ふるさと祭りの

代名詞!

水面に映る花火の写真展です🎆

img_0647

img_0645

 

撮影者は松田 昇 さん

城内商工会長を務められています😀

img_0650

 

img_0652

展示されている写真は

自らの目で実際に生で観ていただきたい

作品ばかりです👍🏽

 

城内地区豊年ふるさと祭りの記事はコチラ▼▼

ジャンボ!ジャンボ!ジャンボ!全てが”ジャンボ”なふるさと祭り

 

 

トミオカホワイト美術館は、

12月26日から1月4日まで休館です。

年明け1月5日(木)から開館です。

詳細はコチラ▼▼

トミオカホワイト美術館12月・1月 休館・臨時休館日

 

img_9475

 

休館日・架けかえ日等ありますので、

一度調べてから訪れてみて下さい😀

 

1月展示は、新堀・新堀新田です。

2017年最初の城内さんぽもお楽しみに😊

 

記:阿部悠平

 

LINEで送る
Pocket