LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。阿部 悠平 です。

 

最近の支援センターには嬉しいお知らせがたくさん届きます😀

 

岩之下フラワーロードが、花いっぱいコンクールで審査員特別賞を受賞(^^)

授賞式の様子はコチラを押して下さい↓↓

before after こんなかっこよかったんか!!

 

11月には、旧大和町が合併30周年を記念して埋設されたタイムカプセルが、

合併から60年を迎えた今年、開封され、記念式典が開催されました。

開封の様子はコチラを押して下さい。↓↓

Xデー、到来!!

記念式典の様子はコチラからご覧下さい。↓↓

30年前の大和町長と現・南魚沼市長の気持ちは同じだったキセキ

 

11月20日(日)

薮神地区地域づくり協議会の事務局があります、

薮神地域コミュニティーセンター『まほろば』の開館

30周年記念式典が開催されました。

まほろば30周年記念式典の様子はコチラからご覧下さい。↓↓

祝・薮神地域コミュニティセンター「まほろば」30歳!

 

この良き日を記録しようと夢中になって

カメラのシャッターを切る。

写真を撮りつつ、動画も記録する。

が、しかし!😤

最も大事なところを全く動画で撮っていなかった。

撮れてなかった。ではなく、撮っていなかった。

これは、大失態です😱

おらしょの主任:「ゆーーーーへーーーー!!こるぅらーーーーぁーーーー!」

おら:「ひえーーーーーぇーーーー」

おらしょの主任:「ちっとまってろーーー・・・・」

どこかに電話をかける・・・・

「頭が特徴的な・・・青木一男さんのところへ行きなさい。」

そうです!この立派なカメラは青木一男さん個人のもの・・・。

img_7020

藁にもすがる思いで、当日記録をしていた

青木 一男さんに映像の提供をお願いに伺いました。

「よしっ、じゃあおらちに来い」(私の家に来なさい)

と快く映像を提供してくださり、一安心・・・(;´д`)=

青木さんに感謝ですm(__)m

 

上の写真を見ていただくと分かるように、

使用してる機材は、家庭用のビデオカメラ+某有名メーカーの立派なカメラです。

この立派なカメラこそがコチラ!

img_0308

 

最近、購入したばかりで

今回の式典が初使用だったそうです。

ちなみにお値段は〇十万円とのことで、

「奥さんにばれるがが怖い」と青木さんは戦々恐々のご様子。

img_0309

 

 

・カメラのアングルを動かすときは、左から右へ

・頭は切れてもアゴの辺りは絶対切れてはならない

といった写真やビデオを撮影する上での基礎を大いに学ばせて頂きました。

「はぁ、趣味を通り越して道楽だて」とおっしゃるように

若い頃からカメラが好きで、全て独学。

現在は、文化芸能発表が近隣である際は撮影を依頼されることもあり、

編集も自ら行い、参加者の方に渡しています。

img_0310

(Roland製の編集機でサクサク編集ができます。)

 

名取

文化芸能発表の撮影や編集をしている青木さんですが、

日本舞踊の名取なのですヮ(゚д゚)ォ!

img_0314

 

ナトリ・・・?

教えてGoogleってことでググッてみると

名取・・・芸道において一定の技能を修得して、

師匠より芸名を許されること、許された人。

また、その芸名のことを名取名という。

 

( ゚Д゚)グラッチェ

底知れぬ魅力を感じ、更に根掘り葉掘り

お話を伺うと「肝心要」の言葉の由来から

要の正しい持ち方、テクニックについてお話いただきました。

img_0316

img_0319

中々、正しい持ち方をしている人は少ないとのこと。

正しい持ち方ときちんとしたテクニックで

いかにしなやかなに見せるかが大切とのこと。

 

この後、剣舞についての説明と

正しい剣の振り方等を教えて頂いたのですが、

話の流れは最終的に

「阿部くんは”お茶”をしないさい。」

と言うことで話は終着しました。

 

何度も足を運んで

 

カメラに舞踊に多岐に渡ってご活躍されている、青木 一男さん。

他にもこんな活動をされています。

img_0322

 

中身はというと・・・・

 

img_0312

img_0325

 

南魚沼市・十日町市・魚沼市の昔の写真と

3つの各地域をテーマにした歌の収集を行っています。

歌に至っては3・4年前から集め始め、約85種類あるそうです。

 

写真に関しては、「紫蘭(しらん)」という写真集に

感銘を受けた青木さんは、自分たちでも写真集を作ろうと

旧大和町の写真家と共に制作を目指して団体を結成。

しかし皆、撮る写真がバラバラで解散という経緯がありました。

 

その後、自ら写真を捜し求めました。

当時の写真を持っている方は、名家の人が多く、

また、蔵の中から探さなければならない。

見ず知らずの青木さんに快く写真を提供してくれる人は少なく、

何度も訪れ、やっとの思いで貸していただけたそうです。

(この日の私といったら・・・・青木さんありがとうございますm(__)m)

 

img_0326

これだけのファイルも

永い年月をかけて集めた中のごく一部。

写真だけの部屋もあるそうですヽ( ゚д゚ )ノ

 

誰もしないことを

 

なぜ歌や写真を集めているのか伺うと

青木さんは一言

「誰もやらないことをしねぇばな」と。

 

写真集を作りたいという目的ももちろんありますが、

根本には、自分たちの生まれ育った地域をモチーフにした歌や

今は見ることのできない景色や場所を

色んな方に伝えたいという青木さんの想いがあります。

img_0328

 

カメラも舞踊も全て自分がやると決めたことに、一切の妥協は許しません。

お米作りに限っては、昔ながらの米作りにこだわって生産しています。

以前、こうした米作りに対してある方が、このような発言をされたそうです。

「何年前に、県のしょに”昔ながらの米作りをしても、味は少ししか変わりませんよ”

って言われてねぇ・・・農家はその少しを上げるために骨を折る思いで作ってるがだぞ!

そーれを・・・もう頭にきちゃったよ!」

と当時を振り返りながら話して下さいました。

 

その熱量は何処から来るのか伺うと、

「頭はねぇすけ、好きなことはとことんやるようにした。

誰もやらねぇことならなおさら。それに、これは地域を知ることにも

繋がるすけなぁ。まぁ、好きんがど!」

と笑いながらお話してくださいました。

 

沢山、お話を聞かせていただき

タイムスリップしたような感覚になっていました⏰

「阿部くんはやっぱりお茶しなきゃダメだな。いい掛け軸にいい袴買ってさ」

と言いながら青木さんは、DVDを渡してくれました。

 

パッケージを見ると

原作:川端康成『雪国』

と記されたDVDが。

「たくさん見て勉強しらっしゃい」と一言残し

家の中に入っていかれました。

 

 

青木一男さんから頂いた映像を元に

まほろば30周年記念式典の動画を作成しました。✍🏼

episode2はただいま編集中です。

You Tubeに支援センターチャンネルも開設しました。

チャンネル登録お願いします!

▼南魚沼地域復興支援センター YouTube↓↓▼

https://www.youtube.com/channel/UCsMvUy5n3v9_b70ZXC8WDDg

【まほろば30周年記念式典~episode1~】

(再生マークを押すと動画が再生されます👆🏽)

 

動画は、支援センターホームページ内の

薮神地区地域づくり協議会ページからもご覧になれます。

大崎や五十沢も動画がありますので、一度ご覧になってみてください(^^)v

薮神地区地域づくり協議会

http://minamiuonuma.life/community/area_yabukami

大崎地区地域づくり協議会

http://minamiuonuma.life/community/area_osaki

五十沢地区地域づくり協議会

http://minamiuonuma.life/community/area_ikazawa

 

記:阿部悠平

LINEで送る
Pocket