LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、昭和61年生まれ、30歳の上村絵美子です。

先日、30年前に埋設されたタイムカプセル開封についてレポートいたしましたが、

同じく30年前の昭和61年には薮神地域コミュニティセンター「まほろば」が開館しました。

【30年前の大和町長と現・南魚沼市長の気持ちは同じだったキセキ】

11月20日に、この「まほろば」の開館30周年記念式典が行われましたので、

支援員みんなでお祝いに行って来ました。

記念式典について前回のブログはこちら↓

【30歳のバースデーパーティー!その1 】

 

ゆーへーはカメラを手に、「一足お先に行ってます!( ̄^ ̄)ゞ」と出発!

少し後から女性陣(おらしょの主任&えみこ)も追いかけました。

が、女性陣がまほろばに到着した時に問題発生。

駐車場には車がたくさん…

誘導係の方が「ここへバックで置かっしゃい」と誘導してくれたのですが、

実は私…バック運転がとっても苦手なんです(*_*)

「そっちじゃなくて、こっちだてー!」なんて調子でなんとか駐車し、

会場へ入ったときにはすでに式典が始まってしまっていました…。

 

来賓代表の挨拶は、井口一郎南魚沼市長。

この日(11月20日)は南魚沼市長選挙が行われており、平成16年から12年間にわたり

南魚沼市と市民を導き続けてきた井口市長の、残りわずかな公務の一つでした。

井口市長の挨拶では、昭和50年代後半、薮神地域では地域コミュニティ活動が

南魚沼の中でも先駆けて特に活発に行われており、その活動拠点として「まほろば」が誕生したことや、

今までの薮神地域のコミュニティ活動が素晴らしいということ、

また、これからの地域づくりについてのお話がありました。

img_0464

 

さて、この貴重な井口市長のご挨拶、間に合ったゆーへーが動画で撮っていてくれているだろう…と思ったら、

ゆ「スミマセン!写真しか撮ってなかったっす…」(>_<)

主「なんしたー?!こねさ大崎の高橋事務長に動画が見られて嬉しいって誉められたばっかだっぺなー!」(`Д´)ノ

と、そんな一騒動もありました(笑)

 

「まほろば」誕生秘話

 

薮神地域コミュニティセンター「まほろば」は、南魚沼市公民館薮神分館と一体となっています

「まほろば」の一室には、歴代分館長の写真がずらり…。

DSC_5138

 

現在の分館長は第16代にあたり、薮神地区地域づくり協議会会長の清塚功さんが兼任しています。

img_4992

 

「まほろば」建設に当たっては、昭和58年4月から平成4年3月まで分館長を務められた、

第9代分館長の井上重一(しげいち)さんが尽力されました。

DSC_5181

 

「まほろば」誕生以前は旧薮神村役場の建物を公民館薮神分館として使用していましたが、

地域の人たちが集まるコミュニティ施設が欲しい、という地域の声が高まり、

センター建設を行政に要望しました。

しかし、当時の大和地域には学校や病院、体育館、コミュニティホールなどの大型施設が

次々に建設されており、薮神地域にコミュニティセンターは必要ないのではないかという声も上がったそうです。

昭和59年に薮神地区が新潟県からコミュニティづくり運動推進地区の指定を受け、

「薮神地区を考える会」が発足しました。70名の会員がコミュニティセンター建設のために

調査・研究・議論を重ね、地域の皆さんが一体となった結果、「まほろば」が完成し、

昭和61年11月23日にこけら落しが行われたそうです。

この「薮神地区を考える会」が薮神地区地域づくり協議会の前身となっています。

まほろば」とは万葉集に出てくる古語で「美しく優れた良い場所」という意味があり、

地域の皆さんからの公募により選ばれ、命名されました。

 

地域活動団体の表彰と地域芸能の発表

 

さて、薮神地域と「まほろば」の歴史をご紹介した所で、記念式典に戻ります(^^)

井口市長の挨拶の後は、地域で活動する団体の表彰式が行われました。

img_0522

左から、「ほおずきサロン」様、「九日町桜並木の会」様、清塚会長、井口市長、

「坂大トキエ」様、「志太ミヨシ」様、「後山明るい村づくりの会」様。

 

「ほおずきサロン」様は、平成12年から一村尾担い手センターで高齢者の認知予防活動をされています。

「九日町桜並木の会」様は、九日町の洞源寺坂通りに桜の木を植え、約30年間にわたり管理・保存を行っています。

「志太ミヨシ」様は、老人をテーマにした寸劇を全国的に行い、NHKにも取り上げられました。

40年にもわたるボランティア活動を行い、90歳を越えた現在も高齢者施設などで踊りを行っています。

「後山明るい村づくりの会」様は、昔は冬季は孤立集落となっていた

後山地域を活性化するため、各種行事やブナ林公園の管理などを行っています。

 

そして、「坂大トキエ」様。

坂大さんといえば、「まほろば図書館」や節分祭のブログで登場していますが、

おらしょの主任とは今まで電話でのお話しのみだったそうで、

やっとお会いすることができた~♪と、おらしょの主任が喜んでいました(^^)

【薮神出身 坂大トキエさんという女性】

【薮神【合同節分祭と大抽選会レポートNo.3】】

 

受賞者を代表して、坂大トキエさんより謝辞が述べられました。

坂大さんのことは以前おらしょの主任がブログで書いていましたが、

まほろば図書館誕生についてのお話をあらためてお聞きし、

地域の発展と子どもたちの成長を願う、坂大さんの故郷に対する強い想いに感動しました。

 

その後、薮神地域で活動されている、地域芸能の発表が行われました。

トップは先ほど表彰を受けた志太ミヨシさん。

img_0524

とても90歳を超えているとは思えない、元気でしっかりとした踊りで、とても可愛らしい方でした(^^)

お孫さんも小学1年生の頃から踊りを習っており、今も踊りをされているそうです。

DSC_6762

 

他にも、全部で5団体8曲が披露されました。

img_0529

今町 山田舞踊研究会 様

img_0540

今町 ハウヘレ・フラ 様

img_0559

一村尾 秀峰会 様

img_0566

芹田 踊り保存会 様

 

調子に乗って動画もいくつかご用意しました!

↓下の画像をぽちっと押すと再生されます。

 

その後、青木事務長お待ちかねの「葉月みなみ」さんの歌謡ショーがあり、

会場は大盛り上がりでした。

img_0626

変わらないもの…

img_0677

 

最後は薮神地区区長会長の井上智明さんから閉会のご挨拶がありました。

挨拶の中では、「まほろば完成当時は30代だった私ですが、

髪の色は変わっても30年前の情熱は変わらず今も持っています!

井上重一さんの想いは私たちが受け継いで行きます!」と、力強い想いが語られ、幕が閉じられました。

 

「まほろば」開館に尽力された井上重一さんは残念ながら既に亡くなられていましたが、

薮神地域の人たちが自分達の地域(ふるさと)を想う気持ちを強く感じた式典でした。

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket