LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。阿部 悠平です。

 

先日、ある言葉を学びました。

それは事務所での一コマ。

上村先輩とおらしょの主任が何か会話をしていました。

話の内容は入ってこないけど、

時折、おらしょの主任からある”単語”が聞こえてきます。

おらしょの主任『ジョイカなー!( ゚∀゚)アハハ

・・・ん!?

 

またしばらくすると

おらしょの主任『ジョイカなー!ψ(`∇´)ψ』

ん!?おかしいなー

おらしょの主任は横文字に弱いはず。

いや、シンプルにタレントの”JOY”のことか。

 

でも妙に気になったので2人に聞いてみました。

ゆ『ジョイカって英語ですか?日本語ですか?」

2人、黙る、冷たい視線・・・からの爆笑!

そんな笑うなよ(ーー )と心の中で呟き

この後、聞き取れずくどいと思われるしまつ・・・(-.-)

発音やイントネーションの理解に時間がかかりましたが、

たっぷり意味を教えていただきました。

本当の南魚沼っ子になるにはまだまだ程遠いようです。

 

滝谷・小松沢の花植え活動

先日、上田ふるさと協議会へ伺うと

上田ふるさと協議会が行う提案事業の一つ

滝谷区・小松沢区合同の【花植え活動】を行っている

貝瀬 松久(かいせ まつひさ)さんにお会いしました。

img_0040

貝瀬松久さんは、来年度の花植え活動の予算の要望書を

上田ふるさと協議会がある上田農村環境改善センター(テーブルマーク近く)に

提出に来たところでした。

花植え活動について、貝瀬 松久さんに案内していただけることに(^^)v

 

子ども達に誇れる場所を

滝谷・小松沢区が花植え活動を行っている

エリアは滝谷大木六線と滝谷橋東側の二ヶ所です。

(※赤丸が花植え活動エリア)

%e8%8a%b1%e6%a4%8d%e3%81%88%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2

花植え活動を開始したのは今から6年前、平成22年。

滝谷橋東側から始まりました。

 

きっかけは小学生の通学路であるこの通りが

草が生い茂り荒れ果ていたことから。

そんな光景を通るたびに見てきた松久さんは、

『こんな景色を毎朝・毎晩通学する子ども達に見せたくない』

と思い、滝谷区長就任時に

松久さん自らが発起人となり花植え活動を始めました。

img_0037

長年手付かずのままだったので、

初年度は草刈りや土を新たに入れて整地することから始めました。

p1020938

年4回ほど活動日を設けていたので、

整地が整った初年度の秋、

春に咲くように区民で

チューリップの球根を植えました。

p1020953

花を植えた場所を”おり姫のお花畑“と名づけ

自ら看板も作成しました。

p1020974

花植え活動に取り組む前から趣味は“植栽”という程、

花を育てたり、観賞することが大好きな松久さん。

小まめな草刈りや肥料撒き、

土質や花の知識が広いこともあり

春には色鮮やかな花々が咲きました。

p1050173

 

村の入口

松久さんは、『おり姫のお花畑』開始と同時に

集落の入口である滝谷木六線沿いにも花を植えました。

ここにはある問題がありました。

それは捨てられたゴミです。

img_0001

(空き缶にペットボトル、ビン)

img_0004

(一箇所に捨てられた大量の吸殻)

松久さんは実費と協議会からの交付金で

滝谷木六線沿いの整地を始めました。

p1020930

↑このように草木が生えて荒れていたところも

↓整地と共に一掃

p1050240

p1050076

(↑作業前)

(↓作業後)

p1020809

整地するとたくさんのゴミが別の場所からも出てきました(>_<)

身勝手な人間のせいで

長い年月の間このようにゴミが蓄積されていったのでしょう・・・(:_;)

 

ここからと思ったのもつかの間

整地も整いここからがスタートと思った矢先

平成23年7月26日~30日にかけて発生した集中豪雨。

p1040172

p1040183

活動は一時中断し、この年は満足に活動できなかったそうです。

復旧作業で廃土された

河川に流れた土に目をつけた松久さん。

ダンプカーを手配してその土を頂ける事に!

これがとても栄養のある土でした。

(車のリースにも協議会からの交付金を利用)

 

平成24年の春からさっそく花植えを開始!

植える花は『丈夫で手間の掛からないもの

p1020957

年々植えられた花々は毎年綺麗に開花!

春から秋にかけて通る人を楽しませる景観が広がっています。

p1020680

p1020859

 

ある問題

開始当初は毎回約30~40人程の方が参加していましたが、

年々参加者が減るようになってきました。

現在では参加者は多くて15名程

日曜日の早朝に行っていることもあり、

子どもや若い人達の参加が少ないそうです。

となると心配なのが“継続できるか”

松久さんの願いは、

自らが退いても花植え活動を継続して欲しいということ。

p1020797

滝谷木六線は約400m程あるので、

ピークの半数に減少した今では

少しずつ、できる範囲で活動しています。

(これが30~40人いるとまた違うのですが・・・)

p1050221

また、ゴミのポイ捨ても開始当初に比べれば

減ったものの今もなお絶えず捨てられています(T_T)

 

花植えの力

協議会からの交付金の使い道として、

平成25年まで重機リースの代金が掛かりましたが

それ以降、予算は主に除草剤や肥料代です。

p1050108

花も参加者の持ち寄りや、前年度に採取した種を植えています。

チューリップの球根やそばの実も育てて得たものです。

img_0039

p1020948

 

滝谷大木六線と滝谷橋東側は様々な種類の花が植えられ

把握しているだけでも約45種類

持ち寄りで植えているので実際は更に多くの種類の

花が咲いています。

p1020812

p1020587

 

これは松久さんのご自宅に飾られているものですが、

全て花植え活動をしている場所で育った花です。

すごく綺麗ですよね!(^_^)

p1020847

 

今年度の活動は10月を最後に終了してしまいましたが、

南魚沼地域復興支援センターでは、松久さんの想いや

活動場所の現状を多くの方に知っていただきたく

ある働きを行っています。

この動きについては

後ほど皆様にお伝えしますので乞うご期待!!

p1020793

 

記:阿部 悠平

LINEで送る
Pocket