LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

 

先日のブログ【30歳のバースデーパーティー!その1】でも少し触れましたが、

“山の学校”後山小学校に新たな仲間が増えました!

新たな仲間は埼玉県から六日町地区に引っ越して来ましたが、

少人数教育を行っており、ご家族の方がこの地域を

気に入っておられるということで、後山小学校への転入を選んだそうです。

ようこそ、南魚沼へ!😊

新たな仲間が増えて、さらに賑やかになりそうですね♪

%e9%bb%84%e8%89%b2%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

こちらのご案内も“13人”になっています(^^)

ということで…

10月23日(日)に後山小学校で文化祭が行われます。

 

%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%9e%e3%81%86%ef%bc%91

%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%9e%e3%81%86%ef%bc%92

(去年の全校劇は「かさこじぞう」でした^^)

fotorcreated

内容は、児童やPTAによる演劇発表(8:50~10:15)、作品展示といった

一般的な小学校の文化祭と同じようなものもありますが、

この文化祭はオープンスクールを兼ねているので、

後山小学校ならではの企画があります。

 

一つは、その道の達人に子どもたちへ、そして大人へ向けて

夢を語っていただく『キラリ☆夢塾』(10:30~11:40)。

昨年の講師は、南魚沼市民会館館長の西潟錦一さん、

またの名を「五十沢友郎」さんでした。

五十沢友郎さんといえば「魚沼ことば」などのかわいらしいイラストで

有名ですが、会社員だった西潟さんがどのような紆余曲折を経て、

大好きなイラストの仕事をするところまでに至ったか、

“夢を持つこと”の大切さを語っていただきました。

DSC_3187

%e3%82%ad%e3%83%a9%e3%83%aa%e2%98%86%e5%a4%a2%e5%a1%be%ef%bc%92

(講演写真は昨年のものです)

今年は㈱共立観光の倉田智浩さんを講師にお迎えし、夢について語っていただきます。

倉田さんは、東日本大震災復興を願い結成されたボランティア団体

「越後愛届け隊」の隊長であり、震災復興支援活動にかける思いや

活動における体験談、夢の実現に向けて、といったことを

「今だからこそできる未来貢献」というテーマでお話しくださるそうです。

子どもたちはもちろん、大人も“夢”についてあらためて

考える良い機会になり、毎回大好評という『キラリ☆夢塾』。

どなたでも参加できます(^^)

 

そしてもう一つは、特認校説明会です(11:50~12:20)。

後山小学校は、南魚沼市内どこからでも通える「特認校」です。

少し古い情報ですが、南魚沼市のホームページからも

特認校の概要をご覧いただけます↓

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/kosodate/kyouiku/1455423662916.html

支援センターの今までのブログでも後山小学校の様子を

ご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください↓

【全校生徒12人 山の学校】

【二人の卒業生Vo1】

【狂言ミュージカルin後山小学校 前編】

【狂言ミュージカルin後山小学校 後編】

【おはようございます、あいさつ郵便です】

 

「後山小学校って名前は聞いたことあるけど、どんな学校なんだろう?」

「他の学校とは何が違うの?」「そもそも、特認校ってなに?!」という方に

ぜひお運びいただきたいです。

 

説明会には校長先生、教頭先生はもちろん、

南魚沼市議会議員さん、PTA会長さんも出席されるので、

学校への疑問や、行政への要望や意見、

実際に通学しているお子さんを持つ保護者の方のお話などを

直接聞いたり、質問したりすることができます。

 

たとえば、私が住んでいる石打地区からでも後山小学校へ通うことは認められています。

ですが、石打から後山というと、南魚沼市のほとんど端から端へ行くようなもの!

%e7%9f%b3%e6%89%93%e2%86%92%e5%be%8c%e5%b1%b1

直線距離でも約20km、車で行くとなると、

距離は約30km、時間が50分くらいかかります。

ちなみに歩くと約6時間(笑)

通学は保護者による送迎が基本となりますが、市から協力してもらって

最寄り駅(浦佐または五日町)からバスを出すことはできないのか?とか、

仕事の時間の関係で下校時刻には間に合わないから、

下校時刻を過ぎても校内にいられる、学童保育のようなことはできないのか?

といった、さまざまな疑問・質問を学校や行政に直接ぶつけたり、

現在子どもたちはどうやって後山小学校に通っているのか、

といったことなどを保護者の方から詳しく聞くことができます。

こんな機会、なかなかありません!

 

また、全校児童による演劇は“一人一役、全員主役”。

狂言ミュージカルで学んだ演技力や、地域の歴史をふり返るという内容を応用し、

後山地区の歴史を紐解くような劇を予定しているそうです。

基になっているのは「光のトンネル」という、後山地区の

開拓の実話を描いた児童向け書籍。

DSC_4966

現在は絶版になってしまっているそうですが、

南魚沼市内の大和図書館・塩沢図書館で借りられるようです。

南魚沼市図書館のホームページから蔵書検索もできます↓

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/soshiki/kyouikuiinkai/shakaikyouikuka/toshokan/annai/1451909014463.html

劇を通して、演じる児童や大人たちも

後山の歴史をより深く学ぶことができますね。

 

学校の隣には『新潟県・森林浴の森100選』に選ばれている

後山ブナ林公園』もあります。

文化祭の頃には紅葉もちょうど楽しめるのではないでしょうか?

ぜひ10月23日(日)は後山小学校の文化祭・学校説明会へ!

↓こちらからも文化祭のチラシがご覧いただけます。

http://minamiuonuma.life/wp-content/uploads/2016/10/93923572bef467f88e49477bbce91ac7.pdf

南魚沼市立後山小学校 ホームページ

http://www3.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1510009

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket