LINEで送る
Pocket

皆さん、ジャンボ。阿部悠平です。

 

ジャンボはスワヒリ語で”こんにちは“という意味です。

大巻のジャンボかぼちゃの事を書いてたら急に

中学一年の英語の教科書に載っていた一番最初のページを思い出しました。

それは、ケニアからきた女の子がこう言うのです。

ジャンボ、ケン!!ハバリ?(訳:こんにちは、ケン!調子はどう?)

英語の教科書なのになんでスワヒリ語なんだと思いつつ

それ以後、英語の先生が「Hello,Every one(皆さん、こんにちは)」と言っても

私含むごく数名は「ジャンボ!〇〇!ハバリ!」と返し続けていたのを

鮮明に思い出しました。

 

第36回大巻地区親善バレーボール大会』の取材から

次に向かったのがこちら!

img_9890

城内地区・城内小学校で行われていた

第28回城内地区豊年ふるさと祭り』に向かいました( ̄^ ̄)ゞ

 

この日は城内ロマンチカ、この日って!?】にて

お伝えしたように城内豊年ふるさと祭りは

・鮭の掴み取り

・ヌカ釜で炊いた新米

・東京ロマンチカ宮内ひろしさんの特別ライブ

・水面に映る芸術的な花火

ぎっしりと楽しさが詰まったお祭りでした(^O^)/

 

想像を超える企画

多くの地域がお祭りで魚の掴み取りを催していました。

掴み取りで放流される魚はニジマスがどこの地域を見ても

多かったのですが、城内豊年ふるさと祭りは規格外でした!

プログラムにあるように

鮭の掴み取り』にさっそく向かいました( ̄^ ̄)ゞ

20161007082356623_0001

鮭の掴み取りの会場は城内小学校の屋外プール。

プールを囲うように沢山の方が集まっていましたヽ( ゚д゚ )ノ

img_9892

プールの中をよーく見てみると

鮭、泳いでる!!(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

img_9894

獲った鮭を撮らしていただくと

鮭サイズはま~ずでっこい!Σ(゚д゚(゚д゚(゚Д゚

7.8匹獲っている中学生もいたり、

子どもが獲った鮭を親御さんが袋に入れる

そんな光景がいくつも見受けられました(^^)

 

img_9900

 

ヌカ釜炊きの新米

メイン会場に戻ると

城内商工会による模擬店がズラリ。

美味しそうな食べ物ばかり!

img_9915

当日は雨で気温も低かったので、

『塩ちゃんこ』や『モツ鍋』が大人気でした(^^)v

img_9914

温かい汁物と一緒に頂きたいのが

ヌカ釜で炊いた新米\(^o^)/

城内商工会の方に撮影のお願いをすると

快く写真を撮らせて下さいました。

ありがとうございますm(__)m

 

もみ殻を回りに敷き詰め杉っ葉も中に入れて

いざ、着火!

img_9944

しばらくすると火が強くなってきたので、

釜を乗せて炊きます。

目安は炊き上がるまで約30分

蒸しが約10分程度

img_9946

40分後

炊きあがったヌカ釜炊きの新米が

コチラ!

img_9952

釜の中が宝石箱や~

某有名グルメリポーターの彦〇呂さんの

有名なフレーズがぴったりな

宝石のように輝く炊き上がり( ゚Д゚)グラッチェ

炊き上がった後は丹精こめて握られたおにぎりに

img_9933

img_9968

 

おらしょの主任、発見できず・・・

あったこい格好をして、あったこい汁を片手に

会場全体の注目の的だったのが

特別ゲスト 東京ロマンチカ 宮内ひろしさん

img_9954

「あれ??おらしょの主任みあたらんなー┐(´д`)┌」

と思いつつも

宮内ひろしさんは、ソロ曲から様々な曲のカヴァーまで披露し、

会場にいた全員を魅了していました(^^)

 

他にも地元・城内地区の方々が『芸』を披露し、

悪天候に負けない程、会場を盛り上げていました。

img_9910

img_9935

img_9937

 

静寂から怒涛のラッシュ

芸能ステージイベントが全て終わると

次はお待ちかねの『ビンゴ大会』

今まで息を潜めていたかのように

子どもからお年寄りまで多くの人が集まってきました。

img_9958

芸能ステージ開始時からMCを務めていた

お笑いコンビ『さむらい侍』の2人がビンゴ大会の進行を務めていきます。

img_9963

(さむらい侍の公式ブログはコチラ↓)

さむらい侍weblog

 

ビンゴ大会が始まるとそれまで賑やかだった会場の

雰囲気は打って変わり数字を読み上げる声だけが

響き渡り、会場にいた人全員がビンゴカードに

釘付け状態でした(,,’Д’)ポカーン

img_9964

 

世界で唯一の花火

PM18:30

城内地区豊年ふるさと祭りのメインイベントと

言っても過言ではありません。

代名詞の一つ

水面に映る芸術的な花火

『秋の大煙火大会』の始まりです。

 

大煙火大会実施におけるエピソードは

事前レポートしたブログ

この日は城内ロマンチカ、この日って!?】でも

伝えしたように打ち上げ会場周辺の田んぼを有する

農家さんの協力なしでは成し得ない事でした。

天候に左右されながらもお祭りに間に合うよう

稲刈りを行い水を張り・・・

故に秋の大煙火大会は城内地域全員の

『想い』が詰まった芸術的な世界唯一の花火大会です(^^)v

 

芸術的な花火である事は城内地区や市内に限らず

県外の方にも知られており、

打ち上げ場所や撮影スポットを偶然私に聞いきた方も・・・

そんな多くの人を魅了する水面に映る花火の写真を

提供していただくことができました。

14567428_596690990534442_250498648190980128_o

14568142_596690850534456_5952693912391005886_n

14590114_596690853867789_8136964067086404661_o-1

14650649_596690887201119_4257836911177119508_n

 

昨年に続き今年も生憎の雨模様・・・(´д`)スマン…

来年は秋晴れのもと開催できるよう晴れ男にならねば!と思いました。

今年は終了してしまいましたが、このレポートを機に来年は市内各地から

城内地区豊年ふるさと祭りに訪れる方が増えればと思います。

あいにく私のスマホで花火は上手に写せず、

この花火の写真は、いつもお世話になっているおらしょの主任のお友達で、

市内在住の川上忠夫さんから頂きました。

カメラの腕も磨きたい阿部悠平です!

 

記:阿部悠平

LINEで送る
Pocket