皆さんこんにちは。

酒井 晴香 です。

 

えっさだったね~!たっしゃだったかね?なじょだい?(*^^)

(お久しぶりですね~!お元気でしたか?最近どのようにお過ごしですか?)

 

「えっさだったね~、たっしゃだったかね?」といえば、以前にもブログに…

コチラをポチっと → http://minamiuonuma.life/blog/8566

 

さて、復興支援センターでは、

ホームページのリニューアルを着々と進めています!

9月初旬頃から、少しずつ進化中なのです(*^^)v

10月7日現在のトップページはこんな感じに…

topga2

 

【南魚沼地域復興支援センター】ロゴ(名前)の下すぐに、メニュー(項目一覧)が来るように

各ページが閲覧できるようにボタンが配置してあります。

見たいページにマウスを持っていき矢印を合わせると、文字枠が緑に変わります。

【地域づくり協議会】のページを見てみましょう!

 

%ef%bc%92

 

【地域づくり協議会】をクリックすると。

 

jimucho1

jimucho2

jimucho3

 

12地区ある地域づくり協議会の事務長さんが登場!

 

更に、地域づくり協議会が何なのか?「地域の為にできること」などが記されています。

【基礎事業】・【提案事業】についても掲載してあります。

 

kiso

teiann

 

こちらのブログ↓にも、基礎事業・提案事業について書かれています。

第2回塩沢地区コミュニティー連絡会

 

各地域づくり協議会のページはどんなふうになっているか…

まずは【浦佐地域づくり協議会】のページをクリックして、みてみましょう。

 

urasa

 

以前は事務長さんの写真だけでしたが、

会長さんの写真も見られるようになりました( ^^)

今後、会長さん・事務長さんのご紹介ページも増える予定です。

 

画面少し下にいくと、【お問い合わせ】として

各地域づくり協議会の所在地や連絡先、開館時間などが載ってます。

ん?ここ↓をみてください!

 

urasa_hp

 

浦佐地域づくり協議会には、ホームページのURL(場所をお知らせする住所)が!

そうです!浦佐地域づくり協議会は

12地区ある地域づくり協議会の中で唯一、独自のホームページを開設しているのです!

 

urasa_hp2

 

浦佐地域づくり協議会HP http://urakyou14.com/ ←ここをポチッとしてください。

 

ご覧いただくと、

浦佐地域づくり協議会の概要や、役員名簿や規約や予算や

会計決算概要報告などが閲覧できたり

「浦佐地域づくり協議会では今後こんなことをやりたい!」という

構想などが掲載されています。

またブログも開設しており、インターネットを使った情報発信を小まめにされています。

浦佐地域づくり協議会ブログ http://yucreate.exblog.jp/

 

次に【大崎地区地域づくり協議会】のページを見てみましょう!

同じく、会長さん・事務長さんの写真があり、お問い合わせ先があり…

順番に見ていくと…

ありました!地域づくり協議会のおたより!

pdf

 

小さいな…読めない~と思った方、大丈夫です!

おたよりの写真をクリック(ポチッと押して開く)してみてください!

すると、大きくなって読めるようになります。

 

insatukoko

 

PDFといって電子ファイルとなっているので、

右上にあるマークを押して頂ければ印刷をすることもできますし、

ダウンロード(パソコンに転送)して保存することもできます。

 

o-saki

大崎地区地域づくり協議会のおたよりには、協議会メンバーが載っていたり、

基礎事業・提案事業の報告がされており、

地域づくり協議会の交付金を使用してどんなことが行われたかがわかるようになっています。

 

大崎地区地域づくり協議会のおたよりは、

写真もふんだんに掲載されているので、見やすくなっています( ^^)

 

次に!【中之島地区まちづくり協議会】のページ、おたよりを見てみましょう!

nakanosima_fuukinnto

nakanosima_fuukinnto2

※これは一部です。

4月15日発行~現在まで14回おたよりが発行されているので、

復興支援センターホームページ(http://minamiuonuma.life/) →

地域づくり協議会 → 中之島地区まちづくり協議会  から過去のものまでを全てご覧いただけます!

 

中之島地区まちづくり協議会のおたよりには題名があります。

その名も「ふうきんと」。

以前にもブログに書いていました。http://minamiuonuma.life/blog/10448

 

中之島地区まちづくり協議会では

月に2回、市報発行日と同じ毎月1・15日に発行されています。

それも回覧板ではなく、中之島地域全戸配布なのです!

全戸配布は回覧板に比べ、紙やインク代などが多くかかってしまいますが

「回覧板ではなく全戸配布にすることで、一人でも多くの方に地域のことを知ってもらいたい」

という中之島地区まちづくり協議会・荒川事務長の願いが込められています。

 

 

ここまで紹介した【おたより】とは

地域づくり協議会が、それぞれの地区内の住民に向けて発行しているものです。

おたよりは12地区ある地域づくり協議会でも、

発行している地域と発行のない地域もあります。

発行回数もそれぞれ違いますし、

回覧板で回している地区や地区内全戸配布している地区、

関係各所のみに配布している地区など…さまざまです。

 

支援センターでもおたよりについて話をしました。

おらしょの主任 「回覧板って読んでる?」

はるか 「私はアパート住まいだからか、回覧板は回ってきたことがありません(*_*)」

ゆーへー 「回覧板って…( ・・)」

えみこ 「うちは父が見てることが多いですかね。家族全員までは読んでいないです。」

と、それぞれの家庭で違いがあることがわかりました。

 

おらしょの主任は続けて、

「回覧板って、早く次んしょに回さんば悪いとって、

父ちゃんやじいちゃんだけが読んで次に回してしまうこともあるがーて。

そうすると、書いてある大事な事も覚えてられないし、

回覧だと家に保存しておくこともできない。

おらは大事なところは携帯のカメラで撮って保存しとくてー。」

 

た、確かに…(・・;)

でも、お年寄りやカメラ付き携帯電話を持っていない人にはそれもできない…

 

回覧・全戸配布 それぞれの利点・難点

 

回覧は、一枚の紙を順に回して読む為

紙やインク代の削減につながるという利点はありますが、

おらしょの主任の言葉を聞いて、回覧の難点にも気づかされました。

地域内全戸配布にすれば回覧以上に地域住民の目に留まる可能性は増えますし、

各戸で保管することもできるようになります。

しかしお金がかかったり…

地域内全戸配布・回覧、どちらも利点や難点があると思います。

まして地域づくり協議会も12カ所あるので、やり方も様々で当然だと思います。

 

共通しているのは、

おたよりを出す = 知ってほしい情報があるから 発行されているはず。

そんな事務長さんたちの思いのこもったおたよりを、たくさんの方に読んでもらいたい!!!

各地域内住民の方に向けて発行されているおたよりを

南魚沼市内の他の地域の方にも、事務長さんにもご覧いただけるように、

ひいては全国どこからでも誰にでもご覧いただけるように!

と、ホームページに掲載することにしました。

 

すると、

「他の地域のしょはこんなことしてるが~」

「おらの地域もそっけんことしてーなー。頑張らんばなんねーなー!」と

今まで他の地区の情報を知る機会がなかった住民にも

支援員ブログに加えて、おたよりも読んで頂くことができるようになりました( ^^)

 

今後発行されたおたよりは順次ホームページに掲載していきますので

ぜひご覧ください!

 

ブログを書いているそばでおらしょの主任は

「ホームページの画像、もっと○○した方がいいがじゃねっかー?」

「地域づくり協議会のページももっと情報量を増やす為に〇〇しようそ!」

と、更なるパワーアップに向けて構想中です!

もっともっとホームページ進化します!( ^^)

長文失礼いたしました。お読みくださりありがとうございました。

 

記:酒井 晴香