LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

 

南魚沼市内12地区にある地域づくり協議会では、

協議会ごとにおたよりを発行しています。

発行の頻度や内容、方法は協議会によって違っており、

地域内各戸に配布するところや、回覧板でまわって来るところなど、様々です。

どんな感じなのかは、過去のブログ↓でも紹介しています。

【各地域より支援センターへ】

【新たな親しまれる場所へ】

【【ふうきんと】と【スポーツの中之島】】

 

そして、南魚沼市内の各学校からも、

おらしょにおたよりを届けてくださるところがあるんです。

私が以前何度かお邪魔した後山小学校のおたよりは『ぶなばやし』。

20160720122003533_0002

 

「あいさつ郵便」の取材をした際には、

なんと私も写真入りで紹介していただきました!

「あいさつ郵便」の様子はこちらから↓

【おはようございます、あいさつ郵便です】

後山小学校のホームページからはバックナンバーもご覧いただけます。

http://www3.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1510009

 

それから、南魚沼市立総合支援学校の『SCHOOL NEWS』。

前号では「ほくほく線」というローカル列車で実施した

「カフェトレイン」の様子が紹介されていました。

0001-1

この記事を見たとき、えみこの目がキラーン☆と輝き、

「わぁ!見てください、これ!すごいですよ!

ヘッドマークがちゃんとMSGカフェのキャラクターだし、

ほくほく線のロゴマークが入った帽子かぶってるんですよ!

49-1

かわいい~♡♡行きたかった~!またやらないかなぁ(≧▽≦)」

と、鉄子はとってもテンションが上がったのですが、

他は誰一人このテンションには着いてきてくれませんでした(T_T)

ですが、とっても素敵な試みですよね♪

 

0001-3

0002

最新号では「アビリンピック」という、障がい者技能競技大会で、

銀メダルと銅メダルを受賞した生徒さんが紹介されていました!

日頃の学習や、MSGカフェでの経験の賜物ですね(*^^*)

【それぞれの新しい春】

こちらも、ホームページからバックナンバーがご覧いただけます。

http://www3.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1570001&frame=frm54c9a5caf1964

 

そんな素敵な総合支援学校で、さらなるレベルアップを図るため、

ある学習会が行われました。

以前にも総合支援学校の生徒さんたちがビジネスマナーや接客についての

学習をしていることをご紹介いたしました。

【素敵な場所で、素敵な笑顔に会いました(*^_^*)】

もちろん、その成果はMSGカフェでの様子や、

アビリンピックでの受賞からわかりますね。(*^^)v

【MSGカフェと南魚沼市図書館】

DSC_3048

 

ですが、子どもたちはいつまでも支援学校の生徒ではありません。

卒業後は様々な進路へと進みます。

そこで、接客マナーだけでなく、ビジネス全般において必要となる

“敬語”や“言葉づかい”を学ぶ時間が設けられました。

 

パターン化して覚えよう!

 

教室のドアを開けると、生徒の皆さんがいつものように元気よく、笑顔で迎えてくれました。

そんな皆さんにおらしょの主任から質問が。

「どうしてみんなは笑顔で迎えてくれたの?」

思いがけない質問に、生徒さんたちは驚いているようでした。

私でも、いきなりそんなことを聞かれたら、答えに困ってしまいます。

生徒さんたちは普段から接客を学んでいることもあり、

自然と笑顔が出たのかもしれませんが、答えは「挨拶」にありました。

挨拶の挨(あい)には「押す」、拶(さつ)には「迫る」という意味がありますので、

相手に押し迫り、心を開いてもらうためには

やっぱり笑顔で人と接することが大事なことなんです。それを伝えたかったんですね(#^.^#)

 

ビジネスの場では丁寧な言葉遣いが求められます。

普段使っている言葉を丁寧にすると、どんな言葉になるか?

パターン化することで覚えやすくなります。

・あの人はだれ?→あちら様はどなた様ですか?

・これでいいですか?→こちらでよろしいでしょうか?

・わかりました→かしこまりました・承知いたしました(了解しましたはNG)

 

20160827013738

校長の横尾浩先生をお相手に、たくさん練習です。

 

合わせて、間違いやすい言葉遣いもレクチャーします。

・(名前を聞きたいとき)お名前を頂戴できますか?→お名前をお聞かせ願えますか?

・(伝言を)主任の小林さんにお伝えしておきます→主任の小林に申し伝えます

・(AとB、どちらがよろしいでしょうか?と聞かれ)Aいいです→Aいいです

など、たった一文字で感じ方が変わるものもあり、

私や同席の先生方も「へぇ~」ボタンがあったら連打していたでしょう。

 

そして、電話での応対です。

突然ですが、おらしょの主任の机の上には鏡があります。

DSC_4964

これには、電話であっても“笑顔”で応対できるように

という、とっても深い意味があったんです。

そうだったんだ~、てっきり「歯に青海苔が付いていないかを確認するため」

だと思っていました(^^;

たとえ顔が見えなくても、声から相手の気持ちは伝わります。

実際に笑顔で話した時と、笑顔を作らずに話した時とでは声が変わる

ということを、それぞれ声を出して確かめ、練習していました。

20160827020128

20160827020210

笑顔はとっても大事(*^^*)

 

ですが、笑顔ばかりではいけません。

たとえば、謝罪をするとき。

20160827022132

これでは、気持ちが伝わりませんよね。

20160827022143

服装でもそうですが、TPO(T…Time 時間/P…Place 場所/O…Occasion 場合)

に合わせて、気持ちをうまく表情で表すことが大切です。

 

 

また、接客マナー研修の際にもありましたが

“一言加える”=クッション言葉というものがあります。

「失礼ですが…」「お手数ですが…」「恐れ入りますが…」といった言葉で、

印象を和らげて丁寧な言葉になる、“魔法の言葉”として学んでいました。

 

学んだ言葉遣いは、そのままパターンとして覚えて使えるものですが、

何よりも使い慣れることが大事!ということで、

たとえば、家で晩酌中のお父さんに…

「今、お時間よろしいでしょうか。」

「ご飯のおかわりはいかがでしょうか。ご飯の盛りはいかがなさいますか。」

たとえば、家にかかってきた電話に…

「はい、○○です。お世話になっております。

申し訳ございませんが、父はあいにく席を外しております。

お差し支えなければ、お名前とお電話番号をお聞かせいただけますでしょうか。

かしこまりました。父に申し伝えます。」

といったように、とにかくどんどん使って慣れることで、

自然と言葉が出てくるようになるというアドバイスがありました。

そして最後はまた元気に素敵な笑顔で挨拶!

20160827022550

 

私も以前は接客の仕事をしていましたが、学生時代はもちろん、

社会人になってからも、きちんとしたビジネスマナーや言葉遣いについて

学ぶ機会はなかなか無く、見よう見まねの自己流でやっていました。

だから、学生のうちから卒業後のことを考えて

きちんとした教育を受けさせてくれる、

総合支援学校がとてもうらやましく感じました。

また、今回の学習会に同席させていただいたことで、

私自身、大変勉強になりました。

 

接客マナーに言葉遣いがプラスされ、さらにレベルアップした生徒のみなさん。

笑顔と立ち姿には自信も感じられ、これからの活躍がますます楽しみですね(*^^*)

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket