LINEで送る
Pocket

 

こんにちは、ぼくドラえもんです。

いや、間違えました。上村絵美子です。

 

おらしょでの私のあだ名は「ドラえもん」です。

“体型×青色”で、まさにドラえもん(*_*)

14074497_1039711116142693_2010778657_o

14088985_999216883509873_1721111185_n

というのもありますが、他にも理由があるらしい?

実はロボット!?ぜひ直接確かめてみてください(^^)

 

さて、ドラえもんといえばタイムマシン!

今回は前回に引き続き、時を越えたお話です。

30年前の薮神にはコミュニティセンター「まほろば」が誕生しました。

【30歳のバースデーパーティー!その1】

そして同じく30年前、現南魚沼市役所大和庁舎では

“あるモノ”が時を越えるため、準備されていました。

 

 

1986年から2016年へ、タイムトラベル!

 

“あるモノ”とは、タイムカプセルのこと。

前回、薮神地区地域づくり協議会の青木事務長に教えていただいた場所を見てみると…

DSC_4882

DSC_4880

おぉ~、本当に「タイムカプセル」って書いてある!

さっそく庁舎の中へお邪魔し、

大和市民センター長の高橋明宏さんにお話をお伺いしました。

 

大和庁舎のタイムカプセルは30年前、

旧大和町の合併30周年を記念して埋められたのだそう。

ん?30年前で30周年?

なんだかわかりづらくなってしまったので、整理すると…

 

昭和31年(1956年)、南魚沼郡東村、大崎村、浦佐村、薮神村が合併し、大和村が誕生。

昭和61年(1986年)、合併30周年記念行事でタイムカプセルを埋める。

平成28年(2016年)、タイムカプセル埋め込みから30年、開封式典予定。

 

ということでした。

つまり、旧大和町の合併からは今年で60年になるので、

30歳じゃなくて60歳の還暦お祝いになりますね!(*^^*)

 

30歳改め、60歳のバースデーパーティー!

 

高橋センター長に、当時の資料も見せていただきましたが、

大和町合併30周年記念行事として講演会が行われたり、

芸能大会、マラソン大会、抽選会など、たくさんのイベントが行われました。

なんと、記念イベントはテレビ放送もされたそうですよ!

そして、その資料に載っていたのが、こちら。

20160928145416752_0001

タイムカプセルには一体何が入っているのか!?

それは実際に空けてみるまで、高橋センター長もわからないのだそうです。

当日の新聞や、子どもたちの作文はもちろん入っているだろうし、

カセットテープや写真も入っていると嬉しいけれども、

中身の保存状態がどうなっているのか…。

某市場のように中に水が溜まっていたりしたら、

水の成分も調べなきゃいけないかもしれないし…なんて(^^;

埋めてある場所も、そんなに深くは無いハズだけど、

実際に掘ってみないとわかりません。

いや~、なんだかとってもドキドキします!!

 

ということで、中身の状態を確認した後で、

タイムカプセルのオープン(開封)セレモニーが行われます。

タイムカプセルの掘り起こしは11月3日(木・祝)9:00~。

オープンセレモニーは11月7日(月)10:30~、

南魚沼市役所大和庁舎にて行われます。

セレモニーでは市長や当時の関係者による挨拶のほか、

30年前にタイムカプセルに入れた作文を書いた

当時の小学生だった方も出席されます。

また、これを記念して、旧大和町の歴史をつづった年表を

大和地域の各戸に配布する予定だそうです。

セレモニーの様子はまた取材し、ご紹介いたしますね!

 

タイムカプセルには色々なものが入っているのでしょうが、

一番大きなものは当時の人たちの“想い”と“”です。

30年後はどんな町になっているんだろう?

こんな町になっているといいなぁ!

そんな気持ちがタイムカプセルには詰まっています。

30年前の想いと夢から、未来の南魚沼市の新たな夢が生まれるかもしれませんね(^^)

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket