LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

先日のブログで紹介した「若者まちづくり会議」、

通称「わかまちカフェ」が9月24日に開催されました。

おらしょからは“若者”を代表して、ゆーへー&えみこが参加してきましたので、

その様子をご紹介いたします。

 

「平成28年度第1回若者まちづくり会議」の参加者は約40名。

その中には高校生もおり、南魚沼市内在住在勤の10代~30代の若者が集まりました。

DSC_4890

参加者名簿の中には、地域おこし協力隊のお二人のお名前も!

“よそ者”の視点、ありがたいですね(*^^*)

【地域おこし協力隊】

【地域おこし協力隊の目に映る辻又地区】

 

DSC_4886

会議では初めに市役所地方創生推進室のみなさまから

「若者まちづくり会議」の趣旨説明と、

南魚沼市の現状が説明されました。

DSC_4887

 

現在、南魚沼市全体の人口が減少傾向にありますが、

特に0~64歳の人口減少が顕著になっています。

これからの南魚沼市を支えていくのはこの世代。

みんなが同じ方向に向かって

“若者の、若者による、若者のためのまちづくり”を考えるのが

この「若者まちづくり会議」です。

 

参加者は6つのグループに分かれ、

“若者が活躍できる南魚沼市”について話し合う、ワークショップを行いました。

各テーブルには進行役の方がいて、話し合いをサポートしてくれたので、

何をどう進めたらいいの??という不安はありませんでした(^^)

お互い簡単に自己紹介をして、

テーマについての自分の考えを付箋に書いて大洋紙に貼っていきます。

お茶を飲みながら、お菓子をつまみながら…

DSC_4891

他の人の意見を聞いているうちに、自分の中でまた新しい考えが思いついたりするので、

人と交流して意見を交換するのは大事なことだと感じました。

 

そうして出てきたたくさんの意見を、ジャンルごとにまとめ…

DSC_4892

タイトルをつけます。

DSC_4893

私たちのグループのタイトルは

チョベリグ!!って言えるまち」。

“チョベリグ”って…若者感どこ行った!?(笑)

なんて笑い合いながら、ひとつのまちづくりプランが完成しました。

 

img_9644

img_9645

こちらは、ゆーへーのグループ。

うまさぎっしり?YAHOO?

グループごとで考え方や結論はさまざまです。

 

最後はグループごとにプランの発表です。

他のグループの発表を聞くと、そういう考え方もあったなーと

新たな視点でまちづくりを考えることができました。

img_9649

 

意見を共有し、同じ方向を向く

 

今回、初めてまちカフェに参加して感じたことは、こんなにたくさんの若者が集まって、

未来の南魚沼市について考える機会は貴重なものだということ。

 

そして、今回は最終的な着地点(テーマ)が決まっていたけれど、

テーマを決めずに今の南魚沼市についての意見交換をしたり、

これからの南魚沼市に求めるものや、自分達にできること、

理想の南魚沼市をつくるためにはどうしたら良いのか、

などを話し合うのも面白そうだと思いました。

 

同じことを市内の小学校でやるのも面白いかもしれません。

今の南魚沼市に感じることや、大人になった時の南魚沼市に望むことを

小学生のうちに考えることで、将来、南魚沼で生活する時の

ビジョンを描けるのではないでしょうか。

 

南魚沼市を、若者がもっと住みやすいまちにするため、

自分にできることを少しづつでも実践していきたいです。

まずは自身が地域を知り、地域の魅力を発信することから!!

 

 

他にも、南魚沼市の移住・定住促進の取り組みがこちらからご覧いただけます。

南魚沼市で暮らす-We live in Minamiuonuma-

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket