LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

カラオケでよく歌う曲は「あずさ2号」、「銀河鉄道999」、

「いい日旅立ち」、「津軽海峡冬景色」です(笑)

この曲たちの共通点は何でしょう?

答えはこの先をご覧ください。

 

あっという間に9月!南魚沼は黄金色に染まっています。

DSC_4690

 

さて、9月1日は何の日だったでしょう?

まずは「防災の日」。

1923年(大正12年)9月1日午前11時58分に関東大震災が起こりました。

マグニチュード7.9という大地震で、14万人もの犠牲者が出た大災害です。

このことを風化させず、災害に対する備えを再確認するため、

1960年(昭和35年)に制定されました。

DSC_4705

DSC_4699

数日前、南魚沼市役所に地震体験車が来ていたので早速体験してみました。

過去の様々な地震の揺れを体験することができるのですが、

大きな揺れになると椅子に座ることすら大変で

周りに棚や物があったりしたらもっと危ないだろうなと思い、

地震の恐ろしさと、日頃からの備えや訓練の重要さを実感しました。

 

それから、1日といえば毎月恒例の市報配布

9月1日はゆーへーが中之島地域を回りました。

市報と一緒に届けられた、おらしょの「一筆啓上」もご覧いただけましたでしょうか?

ippitsu_image05

 

そして、「岡村貢翁顕彰祭」が石打で行われました。

hyoshi

岡村貢(おかむらみつぎ)は私財を投じ生涯をかけて

この南魚沼に鉄道(上越線)を通そうと尽力した郷土の偉人です。

その岡村貢翁の功績を讃える顕彰祭が、毎年9月1日に行われています。

 

JR石打駅に建つ銅像。

SONY DSC

自宅からの最寄り駅が石打駅な私は子どもの頃、

駅に行くたびに「このおじさんは誰なんだろう?」と不思議に思っていました。

自称“鉄子”のくせにそんなことも知らないようじゃおごった!

ということで、岡村貢翁顕彰祭におじゃましてきました。

ちなみに、冒頭の曲の共通点は「鉄道」です☆

今はNGT48の「Maxとき315号」を歌えるように頑張っています(^^)

 

岡村貢翁顕彰祭

 

9月1日11時ちょっと前、石打駅に到着すると、すでに何やら音楽が…。

会場には「岡村貢翁を称える歌」が流れ、厳かな雰囲気です。

「岡村貢翁を称える歌」といえば…以前の支援員のこのレポート!↓

【第4回南魚沼コシヒカリRUN in 石打 -石打まちづくりだより「飯士山」-】

おらしょの主任が参列していたらまた歌っていたかも…。

むしろ私も一緒に歌えるようにならなきゃですね!

 

参列者の皆さんはスーツなどフォーマルな服を着た人が多く、

私は普段着のポロシャツ…(・・;

しかもなぜか空いている席は2列目だけ!場違い感ハンパない\(◎o◎)/

SONY DSC

ですがへこたれず座らせていただきました。

石打地区まちづくり協議会の細矢事務長(写真左)の司会進行で顕彰祭は粛々と進みます。

小野塚会長(写真中央)からは岡村貢翁と南魚沼の観光についてのお話もありました。

SONY DSC

JR東日本越後湯沢駅の駅長さんや、

岡村貢翁から数えて5代目になる子孫代表の方も参列されていて、

それぞれ岡村貢翁に対する感謝の思いなどをお話されていました。

 

SONY DSC

その後、「岡村貢翁を称える歌」が流れる中一人一人銅像の前に献花をし、式は終了です。

 

銅像の隣には大きな石碑があり、岡村貢翁の功績が記されています。

SONY DSC

↓昔はパネルに文章が記されていたのですが、

3515_2848x2136

昔の文体で読みづらかったため、2年前にこのような石碑を作ったそうです。

石打駅をご利用の際はぜひ読んでみて下さい。

 

昔は“裏日本”とも呼ばれていた新潟県。

ですが2015年の都道府県別魅力度ランキングでは19位に輝いています。

最近では地酒を楽しめる「越乃Shu*Kura(コシノシュクラ)」や

“走る美術館”「現美(ゲンビ)新幹線」といった観光列車も魅力の一つです。

また、南魚沼に住む私たちの通勤通学やお出かけにも欠かせないものです。

上越線が生まれなければ上越新幹線も生まれませんでした。

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。』

で有名な、川端康成の小説「雪国」も生まれませんでした。

これらもすべて100年以上前の岡村貢翁の活動によるおかげなのですね。

岡村貢翁が現代の人なら、プロジェクトなんちゃらや某大陸で取り上げられていたでしょう。

上州と越後を繋ぐ「上越線」の生みの父、岡村貢。

これからは感謝の気持ちで銅像を見上げ、上越線に乗りたいと思います(^^)ゞ

 

最新の上越線

 

ちなみに、上越線といえば私は白地に緑or青のラインが入った車体を思い浮かべます。

oldjyoetsu

が、今年から新型車両が導入されています。

スタイリッシュ!

newjyoetsu

ぜひ新しくなった上越線に乗ってみてください!

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket