LINEで送る
Pocket

 

だんだんどうも、上村絵美子です。

先日、おらしょの主任が紹介していた大前神社のあばれ神輿。

【大崎の祭りは、血湧き、肉躍る!男の祭りです!】

8月15日、お祭りの様子を実際に取材してきました!

 

私がお邪魔したのは8月15日夕方16時頃。

参道にはたくさんの人が集まっていました。

SONY DSC

その先には…

SONY DSC

いました!御神輿と担ぎ手の男しょです。

石段を上り、神社に入る前に最後の一休みをしているようでした。

SONY DSC

石段の上からはお囃子が聞こえ、たくさんの人が御神輿が上ってくるのを待っていました。

SONY DSC

 

いよいよ、この急な階段を上っていきます。

まだ笑顔で余裕の見える男しょ。

SONY DSC

勢いを付けて~

SONY DSC

ちょっと上った!

SONY DSC

でも、少しすると下まで下りてしまいました…。

SONY DSC

上っては下り、上っては下り、を繰り返し、

そのたびに周りからは

「いけいけー!」「もう少し!」「あー、また下がった…」「がんばれー!」

と、様々な声援が飛びます。熱気もムンムン。

SONY DSC

 

しかも、御神輿の掛け声といえば「わっしょい!」が定番ですが、

ここ大前神社の御神輿は祭りのお囃子を担ぎ手が一緒になって謡うんです!

塩沢の住吉神社例大祭の神輿渡御も「よいー、よい!」という掛け声が独特で、

あたりは不思議で神聖な雰囲気に包まれますが、

大前神社のあばれ神輿は笛・太鼓・鉦のお囃子の伴奏と

担ぎ手の謡いでとってもリズミカル♪

御神輿が勢いをつけて攻める時と、階段を下がって態勢を整える時とで

お囃子の調子が変わるのも、とても面白く。

“お囃子”というのは音楽で囃し立て、勢いを付けさせることから

その名が付いたと言われていますが、お囃子を聴きながら

御神輿が一進一退する様子を見ていると、ちょっとヤキモキしながらも(笑)

テンションが上がりました(*^^*)

お囃子はぜひ“音”も楽しんで欲しいので、動画を撮りました!

下↓の画像の真ん中にある再生ボタンをぽちっと押すと、動画をご覧いただけます(^^)

 

また、塩沢、六日町と祭り囃子を見て来ましたが、

どちらも囃子屋台がありそこでお囃子の演奏をしていました。

【肩に背負うのは“地域の宝”】

【八坂神社神輿渡御】

SONY DSC

しかし、大崎のお囃子は屋台は無く、場所もアバウト。

笛を吹いたり、休んだり、演奏しながら御神輿の様子を見に来たり(!)

なんだかとってもフリースタイル!\(◎o◎)/

ですが若者が多く参加している、というのがとても印象に残り

この自由な感じが何とも良い雰囲気でした。

 

お神輿は何度も何度も上り下りを繰り返し、ようやく石段を上がり切ります。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

周りからも歓声が上がりますが、まだまだ、終わりません。いや、終われません(笑)

これからお宮の周りを3周して、宮入です。

 

御神輿はあっちに行き、こっちに行き、観客に突っ込みそうになったり!

時計回りで御神輿がお宮を回りますが、お囃子もその後をついて行きます。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

こちらも動画でご覧ください↓(再生ボタンをぽちっと押してください)

 

そして、いよいよお宮へ!

SONY DSC

ですが、やはりここでもなかなか階段を上りきれず、阻止されます。

何度も何度もお宮に入ろうとしますが、

その度に追い返されて観客の居る方へと帰っていきます。

それが何度も繰り返された後、おもむろに騎馬を組んだ人たちが現れ…

SONY DSC

御神輿のてっちょう(頂点)の鳳凰を外そうとします。

SONY DSC

でも、よく見てください。

この時も、役員さんの腰紐が掴まれ、なかなか鳳凰を外せません。

神様にまだお宮に帰ってほしくない!という気持ちがとても伝わります。

 

SONY DSC

宮入の様子も動画でご覧ください!↓(再生ボタンをぽちっと押してください)

鳳凰を外された御神輿も、また何度も宮入を試みます。

押し合い、お囃子を謡い、叫ぶ男たち。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

そして17時半過ぎ、ようやく御神輿がお宮の中に納められました。

大役を終えた担ぎ手の男しょは皆、清々しい顔をしていました。

 

大崎地区・大前神社例大祭のあばれ神輿。

まさに、血湧き、肉躍る!そして心も踊る御神輿でした(*^ ^*)

 

記:上村 絵美子

LINEで送る
Pocket