皆さん、こんにちは。阿部悠平です。

 

先日、おらしょの職員で「蛍」の話をしました。

「今年は蛍どーだっぺか?」

「今年は早くて、はぁでんんくなったっぺか?」と、会話をしていたところ

五十沢でホタルを発見しました!

IMG_7190

 

ホタルを見たのなんて何年ぶりだろう。

地元にホタルがいることに感動しつつ関東にいたら見れなかっただろなー!

と思い南魚沼に戻ってきて良かったと思いました!(^^)!

 

南魚沼地域復興支援センターの中で、

阿部は東京からUターン、赤塚先輩は新潟市からのIターン!

IMG_0003

 

南魚沼市議会議員であり、山岳ガイドであり、プロのスノーボーダーでもある

永井拓三議員は、東京生まれ東京育ちですが、

雪に魅せられ南魚沼に移住しました。

IMG_7176

 

女子力観光プロモーションチームの渡邊さくらさんは

なんとイギリス生まれ・・・(@_@;)

帰国子女なんてかっちょえー!(憧れます・・・)

DSC_3492

(俺、全部同じポロシャツだなー笑)

 

この事務所には日々、いろいろな方が訪問してくださいます。

日々出会う方たちと交流が生まれるなかで

身近に、こんなにもUターン・Iターンした人がいたとは!(@_@)

 

 

 Uターン

 

阿部は、南魚沼の大自然に魅力を感じ大学卒業とともにUターン。

華やかな東京生活とキャンパスライフに胸を躍らせ、18歳の時大学進学と共に上京しました。

しかし、冬は地元で毎日スノーボード三昧な生活

IMG_5011

 

夏はBBQやスケボーでダウンヒル

場所はもちろん【登川】

IMG_5708

 

IMG_5702

 

「生活をするならやっぱり地元だな!」

自然が溢れる南魚沼で生活することを選択しました。

IMG_6607

968840_467076306722383_993851312_n

(フジロックも隣町でありますし・・・)

 

支援センターの活動に”移住定住促進・地域外との交流促進を図る活動”があります。

実際、南魚沼市内外から一体どれほどの人が、

Uターン・Iターンしているのか調べてみました。

 

南魚沼市の人口

 

南魚沼市は、平成17年に人口62,869人いたのが、

平成28年5月の時点で58,574人と平成17年に比べて約4,000人減少しています。

平成25年から平成27年にかけては毎年約600人減少しています。

南魚沼市人口

 

表は平成26年10月~平成27年9月までの南魚沼市の転入・転出を表したものです。

(県外)
平成26年10月~平成27年9月 学業 家族 戸籍 職業
転入 256 144 35 328
転出 306 170 60 510
(県内)
平成26年10月~平成27年9月 学業 家族 戸籍 職業
転入 10 103 100 342
転出 34 131 100 396

 

死亡・出生による関係もありますが、著しく人口が流出して減少してるという印象より、

減ったぶん、県内外から南魚沼に移り住んでいる数が多い印象を受けました。

 

南魚沼の外へ

 

表からもわかるように学業を理由に転出する数が多いです。

南魚沼市・学業による県外移動
H26年10月~H27年9月 306人
H25年10月~H26年9月 285人
H24年10月~H25年9月 314人
H23年10月~H25年9月 197人

 

南魚沼で生まれ育った多くが、高校卒業後は南魚沼以外の場所へ進学することが多いと思います。

地元に就職したいけど、都会の方が幅広い職種や給与面でも待遇が良かったり・・・

すると、なかなかUターンする選択肢は狭くなるのではないでしょうか。

 

 

市報7月1日号

 

市報7月1日号から

シリーズ 南魚沼への移住と定住】と題して

実際の移住者の声をお届けする企画がはじまりました。

第一回は、六日町地区美佐島にあります

「まつえんどん」さんの紹介です。

20160708135126073_0001

 

南魚沼にUターン・Iターンした方は南魚沼のどこに魅力を

感じ、南魚沼で生活することを決めたのでしょうか。

南魚沼でどのような「ライフスタイル」を営まれているのか

南魚沼地域復興支援センター】も迫りたいと思います!

 

記:阿部悠平