LINEで送る
Pocket

皆さんこんにちは!赤塚 悠輔です!

 

先日おらしょのゆーへいこと阿部 悠平が

やらかしてしまった!? ブログ、

アンカーにバトンが届くまで

http://minamiuonuma.life/blog/13467/

はご覧いただけましたでしょうか(^^)??

 

市報配布への同行取材から戻ったゆーへいを

待受ける過酷な現実…。

休む間もなく向かった先でゆーへいを襲う

ガクガク・ブルブル…。

ぜひご覧くださいm(__)m

 

 

水無渓谷現地視察とチョット勉強会

 

 

ゆーすけと、まんまを食ったばかりのゆーへいの

悠・悠コンビの姿は、

南魚沼市旧東地区の八海山麓にある

サイクリングターミナルにありました。

y1_20120208192903_80160700_1328696943

「八海山麓・水無渓谷研究会」が

毎年主催されている、

【水無渓谷現地視察とチョット勉強会】

の取材に訪れたためです。

 

※「八海山麓・水無渓谷研究会」とは、

地域の発展と引き換えに失われた、水無川で遊ぶ子供たちの姿や、

里山から聞こえる元気な遊び声を取り戻そうと有志で発足し、

約30年間自然との共生を基に国や県、市と話し合いを行い

地域づくりに取り組んでいる会です。

 

 

IMG_2623

 

この日は研究会のほかに、

国土交通省北陸地方整備局湯沢砂防事務所、

新潟県南魚沼地域振興局、南魚沼市役所の

それぞれの担当の方が全部で30名程集まり、

水無渓谷の現地視察と

事業に対する勉強会が行われました。

 

まずはサイクリングターミナルに集合して、

八海山麓・水無渓谷研究会の井口 寛会長からご挨拶。

IMG_6396

それからバスなどに乗り込みいざ現地視察へ!

ゆーすけもゆーへいが操る復興支援センター号に乗り込み、

最後尾を付いていきます(^^)v

 

水無渓谷の上流へ車でどんどん登っていきます。

IMG_2626

IMG_2629

自然豊かです。

 

車は越後三山森林公園駐車場へ。

IMG_2630

 

 

ガクガク・ブルブル

 

 

車から降りると…

 

寒い…(ToT)!!

風が冷たい(ToT)!!

この日は最高気温が19℃の上に、渓谷の中。

事前準備に失敗したゆーすけは

かなり薄着で訪れてしまいました。

 

参加者の皆さんは、それはもうしっかりとした

服装でありました。

IMG_2631

 

しかし、ふと横に目をやると、

衝撃な光景が!!

そーです、ゆーへいです(^_^;)

 

レスラーのような体格の彼は、いつもこんな服装。

IMG_2375

DSC_2852

そーです、半袖です☆

 

 

この日ももちろん半袖!!

IMG_2649(2)

(勉強会のときの写真ですみません。。)

 

半袖にスニーカーは彼一人でした!!

まさに・・・レスラー!!

 

そんな過酷に立ち向かうゆーへい☆

「だっ、大丈夫っす(+_+)!!」

ガクガク・ブルブル…

明らかに寒さを我慢している(>_<)

事前準備の不足に、心で詫びるゆーすけでした(^_^.)

 

レスラーより強い堰堤(えんてい)

 

越後三山森林公園駐車場から少し歩くと、

土砂崩れの跡が残る場所が。

IMG_2634

IMG_6427

平成20年7月27日(日)に水無川流域で発生した局地的豪雨により

土砂崩れが発生し、水無川を挟んで対面にあった公園も

飲み込んでしまったとの事。

 

IMG_2633

(公園があった場所。土砂崩れの強烈さを物語っています。)

 

その土砂が下流まで流れないようにする、

湯沢砂防事務所の事業

「高石上流第2号砂防堰堤(えんてい)」

を見学しました。

 

IMG_6407

IMG_6408

水を完全にせき止めないように、

水通しがありますね(^^)

 

この『高石上流第2号砂防堰堤』は

堰高12m,堰長81.70mと

実際に見ると長さは非常に長いです。

IMG_6411

 

山の中にはまだ土砂が残っているとの事ですが、

これから年月をかけて少しずつ流れていくそうです。

そのためにも堰堤が必要になっていくのですね(^^)

 

そして市役所の商工観光課では、

公園の再整備を計画されているそうです。

水無渓谷の素晴らしい景色を見ることができるので、

完成が楽しみです(*^_^*)

 

 

堰堤といえば、支援センター便り「一筆啓上 春号Vol.3」の

【事務長に聞くシリーズ②】で、

塩沢地区まちづくり協議会の寺口事務長が

鎌倉沢川の砂防施設についてお話されていました。

無題

 

堰堤を直接見るのは今回が初めてでしたが、、

南魚沼市初の建造物としての登録有形文化財である

鎌倉沢川の砂防堰堤も見に行こうと思います(^o^)

 

 

大倉地域の視察

 

堰堤の見学を終えて、寒さから逃げようと

ゆーすけとゆーへいは無意識に

足早に車へと向かいました^_^;

 

次に向かったのは、南魚沼市旧大和地域の大倉にある

「大倉橋架け替え工事」の現場でした。

IMG_2639

南魚沼地域振興局により

道路改良事業の一環として行われている事業ですが、

地域の方からの“道幅が狭くて車で通りづらい”という声にも

対応されているとの事でした。

(詳しくはこちら▼)

http://www.pref.niigata.lg.jp/minamiuonuma_seibi/1356819621340.html

 

IMG_6439

平成29年12月に完成予定☆

地域の方は首を長くしてお待ちでしょうね(^O^)

 

 

続いて同じく大倉にある「大倉里山砂防」を見学。

この地域では土砂崩れが起きやすいそうで、

湯沢砂防事務所の事業により建設された

立派な堰堤がありました。

IMG_6448

 

通常の堰堤は水通しがぽっかりあいているのですが、

この堰堤の水通しの中には何やら黒い物体が!?

IMG_2645

 

これは土砂崩れが起きた際に、

流木などを食い止めるためにあるんだそうです!!

日本中の里山砂防ではこのような形が一般化してきているようで、

まさに知恵と技術の結晶ですね(^_^)

 

自然との共生

 

現地視察が終わり、サイクリングターミナルへと戻ってきた一行。

ようやく屋内へ入れるということで、

悠・悠コンビは内心ホッとしました(^^)

参加者全員で勉強会へと移ります。

IMG_2647

 

この日視察をした、

「高石上流第2号砂防堰堤(えんてい)」、「越後三山森林公園」

「大倉橋架け替え工事」、「大倉里山砂防」

について改めて各担当者より説明があり、

参加者との意見交換を行います。

IMG_2650

IMG_2655

IMG_2649

(半袖ゆーへー)

 

水無川に対する地域の方の思い、

そして「自然との共生」のために

尽力されている各事業所の皆さん。

自然災害から身を守り、美しい自然と共生をし、

子供たちの遊び場所を取り戻すために

活動されていることを勉強させていただきました。

 

皆さん、どうもありがとうございましたm(__)m!!

 

 

 

帰所後…

取材内容をまとめていると、

「ぶぁっくしょ~~~ん(>0<)!! あ゛~(-.-)」

と事務所中に響き渡る

大きなくしゃみ(・o・)

 

ゆーへいが風邪でも引いたかと思ったら、

隣で鼻水を拭くおらしょの主任(-.-;)

 

・・・なんでやねんっ!!

 

職員全員の心の声でした(^^)

 

その後レスラー阿部は風邪など関係なく

元気いっぱい働いておりますので、

ご心配なく(^o^)♪

 

ブログをご覧の皆さんも、

どうぞお体に気をつけて

お過ごしくださいね(^o^)

 

記:赤塚悠輔

LINEで送る
Pocket