LINEで送る
Pocket

20160531123141610_0001

 

少年野球か・・・

なつかしいな~

もう15年も前になるのか・・・

五十沢の友達と野球したいな~

・・・

 

皆さん、こんにちは。阿部悠平です。

我が復興支援センター発行

「一筆啓上 夏号vol.4」は読んでいただけましたでしょうか?

(一筆啓上 夏号vol.4についてはコチラ▼)
http://minamiuonuma.life/blog/13432/

阿部も表紙を眺めて、

少年野球時代を懐かしんでいると・・・

 

おらしょの主任 「ゆーへー!五十沢の地区名全部わかってるがーか!」

(不意打ち来たー!(^_^メ) )

阿部 「はい!」

主任 「よしっ!五十沢地区の市報配布に同行させてもらって、視察してこらっしゃい!」

 

と指示がありましたので、

まずは過去に市報配布についてレポートした支援員のブログがいくつかあることを思い出しつつ

ブログを見ると・・・

 

それぞれの地区に、

配り方や工夫していること、

エピソードがある・・・

 

※過去にも市報配布の密着取材のブログがありますので、ご覧ください)

【毎月2回発行「市報 みなみ魚沼」配布に密着!】
http://minamiuonuma.life/blog/11216/

【南魚沼市報配布 密着取材 大崎版】
http://minamiuonuma.life/blog/11819/

【昨日は何の日~♪】
http://minamiuonuma.life/blog/12688/

 

”ならば五十沢にも何かあるはず!

そこが研修視察のキーポイントだ!”

と勝手に考えた阿部。

 

さっそく発行されたばかりの

「市報みなみ魚沼6月1日号」

を配りに五十沢を飛んであるって来ました!

 

AM 8:00 南魚沼市役所本庁舎南分館へ

IMG_6464

 

しかし、様子がおかしい・・・

市報が無い・・・

 

IMG_6465

 

AM8:00からのはず・・・ 阿部は遅刻はしていない・・・おかしい・・・

大塚事務長に連絡を取ると、

すでに取りに行ったとのこと。

 

OMG―――――――(@_@;)
(オーマイガッ!)

 

ちなみに旧六日町地域の市報などの配布物は、

五十沢地区、大巻地区

IMG_6467

 

城内地区

IMG_6468

 

六日町地区は東と西に区分され

IMG_6469

 

IMG_6470

 

更に東中、西中と

4つに分けられています。

IMG_6471

 

IMG_6473

 

六日町地区は塩沢地区のように

各行政区ごとの棚は無く、

各地区(六日町・五十沢・城内・大巻)ごとに、

一か所にまとめられています。

 

急いで五十沢へ

 

そして阿部は急いで、

五十沢地域開発センターへ。

すでに大塚事務長が配布物を

各行政区ごとに並べていました。

IMG_6358

 

配る順序やルートから、

写真一番手前が重ねた時に、

一番上に来るように並べます。

IMG_6361

 

配布物を重ねていきます。

サイズの大きいものや

厚みのあるものが、一番下に。

封筒や区長さん宛のものは上に。

IMG_6370

 

一通り配布物を分け終えると、

ばらけないように一つに縛ります。

IMG_6367

 

大塚事務長のお心遣いと、

大事な配布物を届ける為の工夫を感じました。

IMG_6371

 

全て縛り終えると重ねます。

五十沢全世帯分の市報や配布物が集まると相当な量・・・

IMG_6374

 

一番多い行政区で約200世帯

一番少ない行政区で4世帯

 

車に積み込みます。

IMG_6376

(想像以上に重い・・・)

 

さあ、出発!!

 

宮からはじまり、二日町方面、

次に山谷・永松方面を配ったのち、

畔地や野中方面を配っていきます。

 

各区長さん宅には立派な看板があります。

IMG_6383

 

区長さんがご不在のお宅では、

このように他の地域でもおなじみ

市報を入れるケースが玄関に置いてあります。

IMG_6384

 

区長さんから基礎事業についての進行状況や、

大塚事務長から困っていることはないか伺ったり、

コミュニケーションを図られていました。

IMG_6386

 

昔、金城区では、

雪で当時の区長宅まで車で行けず、

歩いて配りに行ったというエピソードも聞かせて頂きました。

IMG_6385

 

全25行政区を2時間程で配り終え、

五十沢地域開発センターへ。

IMG_6391

 

繋がるバトン

 

この後市報は、区長さんを通して、
(世帯数の多い行政区は区長から班長へ)

各ご家庭に配布されます。

市報配布にあたり、

作成される方がいるのはもちろん、

作成された市報が各ご家庭一軒一軒に届くまで、

人から人へ、

バトンのように繋がっていく様子を

垣間見ることができました。

 

今後は、繋がって届いた市報を

じっくり読んでアンカーの役割を

果たしたいと思います!

 

追伸

南魚沼地域復興支援センター発行

「一筆啓上」も市報と一緒に

折り込まれていますので、

こちらも是非、一読していただけたら幸いです。

(一筆啓上バックナンバーはコチラ▼)
http://minamiuonuma.life/ippitsu/

 

はて、市報配布は午前中で終わり、正午には事務所に戻りました。

「ゆーへーーーおかえりー(^o^)/はやまんま食え(早く昼食を食べなさい)で、次、行くぞ!」

この後、私たちには過酷が待ちうけていたのである・・・

だが、この時点ではまだ知らず・・・

まさか、あんな場所へ行くとは・・・

 

詳しくは赤塚先輩のブログにて!

ゆーへーのガクガク・ブルブル(*_*;

をお楽しみに!!

 

 

記:阿部悠平

LINEで送る
Pocket