LINEで送る
Pocket

 

皆さんこんにちは!赤塚悠輔です!

 

おらしょの主任から、

「ゆーすけ、新潟市出身だよな?ちっと聞きたいことがあるがーて」

と声をかけられました。

 

新潟市についてどんなことだろうと思い、

「そうですよ♪ 何ですか(^o^)??」

と答えたところ…

 

「新潟市でバスに乗っていたか?」との事。

 

・・・

・・・んっ!? バス!?

 

 

illust1790

 

 

美味しいお店とか観光場所などについて

聞かれるものだと思っていたので、

一瞬キョトンとしてしまいました( ゜0 ゜)

 

でも思い返してみると、バス乗っていない…。

ずっと自家用車で行動していたから、バス乗っていない…。

 

そんな話をしていると

主任   「南魚沼市のバス乗ったことがあるか?路線バスとか市民バスとか。」

ゆーすけ「・・・ないです(/_;)」

主任   「こっちのバスの乗り方分かるか?」

ゆーすけ「・・・わかりません(T_T)」

主任  「車に乗らんない時とかバス使うすけ 知っておいた方がいいぞー(^o^)/」

「飲み会で車を置いてって取り来る時とかそ(笑)」

それは飲み会が大好きなゆーすけには、

『超重要事項』 なのでありました!(^^)!

 

 

123909336436016108981_FI2623975_1E

 

 

でもそもそも,

バスの乗り方どころか、どんな所をバスが走っているのかさえ

分からないことに気がつく ⇒ 早速調べる!

 

<調査結果発表>

■路線バス

南越後観光バス㈱が運行されている11路線

(詳細は南魚沼市及び南越後観光バス㈱のHPをご覧ください)

南魚沼市HP

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/kurashitetuduki/douro/koutuu/1454742371684.html

南越後観光バス㈱HP

http://www.minamiechigo.co.jp/

■市民バス

市内交通事業者が幹線や公共施設と地域を結ぶ13路線を運行

(詳細は南魚沼市のHPをご覧ください)

南魚沼市HP

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/soshiki/kensetubu/toshikeikakuka/toshikeikakukakari/kokyokotu/1451902845750.html

 

乗って残す、乗って活かす

 

 

なぜこんな話になったかというと…

 

先日復興支援センターに、市役所都市計画課の野上様がお越しになり

南魚沼市における路線バス・市民バスについておらしょの主任と楽しそうにお話をされていきました。

 

 

公共交通は自家用車を持たない方にとって不可欠な移動手段であり、

自家用車を利用している方にとっては代替の移動手段としてなくてはならないもの。

 

 

また、自家用車に頼りきると歩く機会が減少してしまいますが、

バスを利用されることで自然と歩く機会が増えて運動不足の解消になったり、

自動車の運転に不安を感じ始めた方への安心安全な交通機関の提供など、

利点が多くあります。

 

さらには1人の人が自家用車で移動するときに比べて、

バスでの移動は二酸化炭素の排出量が約3分の1と言われていたりと、

地球温暖化防止対策までにも寄与しているとの事。

 

 

バスってすげーーーーーーーーーーーーーーーーー(*^o^*)!!

 

正直今までそんなにバスの事を重要に考えていませんでした・・・。

日本全国のバス関係者の皆様、申し訳ございませんでしたm(__)m

 

ですが、そんな重要なバスですが年々利用者が減少していて、

路線維持が大変になっているという事実もあるそうです。

 

 

路線バス・市民バスを維持するには多くの方から

乗って残す、乗って活かす

という意識を持っていただくことが重要との事でした。

 

 

利用者が減少する理由の一つとして、

「バスの乗り方が分からず、バスに乗ることを不安に感じて利用を控える」

という事があるようです。

 

 

あっ、まさにゆーすけ状態!

 

 

バスに乗るときは運転席側の前の扉から乗るの?

後ろ側の扉から乗るの?

 

お金は乗るときに払うの?

降りるときに払うの?

 

など、分からないことばかりだと確かに乗るのが不安になってしまいます。

 

う~ん困ったなぁ(:_;)どうしようかな(:_;)

atama_kakaeru_man

 

 

 

そんな困ったに野上様から

心強いお話が!!

 

 

 

バスの乗り方教室

 

 

 

そうなんです!

 

バスに乗る際の不安を解消して、

通院やお買い物などの時にバスを利用していただくことを目的に

「バスの乗り方教室」というものを計画されているそうなんです♪

 

20160511142046198_0001

20160511142103297_0001

 

お住まいの各地区へ『バスごと』お邪魔して、

専門の係員が乗車・降車方法や運賃表の見方など、

実際にバスを使って解説をしてくださるそうです(^o^)/

 

バスごとくるなんて、たまげたなぁ(゜o゜)

 

また、バスの乗り方だけはなく、

実際にバスの運転席に座り、

運転手からはどうしても見えにくい「死角」を確認したりと、

バスに乗っていないときに注意するべき点などもお話があるそうです(^.^)

 

交通事故の予防にはとっても大切になりそうですね!

job_driver

 

 

さらには教室を開催する場合は、

日時や場所などは各地区に合わせて行っていただける上に、

なんと!

費用は無料!!

だそうです(^m^)

 

※但し、下記基準があります。

(※路線バスの車両を使用するには参加者が30名くらいを基準にする。

小さな集落は、何地区か合同もしくは老人会と子ども会共催と考える。

市民バスの車両を使用するには参加者が10名くらいを基準にする。

車両がなくても良いようであれば参加者が少人数でも伺う。)

 

 

先日、南魚沼市老人クラブ連合会にてご説明されたそうですが、

各地区からの開催の申し込みを募集しているそうです。

 

この機会にバス乗車への不安を解消して、

どんどんバスを利用していただきたいです(*^。^*)

 

「乗って残す、乗って活かす」

地域の大事な交通手段を、

地域の方々で残し、活かしていきたいですね。

 

教室が開催されるときには僕も乗り方を学びに、

取材をかねてお邪魔したいと思います。

 

その模様はまた後日のブログをお楽しみに(^^)v

 

 

 

連絡先:市役所建設部 都市計画課都市計画係  担当:野上様  電話:025-773-6662

 

 

 

記:赤塚 悠輔

LINEで送る
Pocket