LINEで送る
Pocket

こんにちは。

南魚沼地域復興支援センター 小林悦雄です。

 

前回ブログに【巻機山バッチ】を探し、現地訪問をしたという話を書きました。

何も手がかりがないなか、巻機山登山道入り口にある清水集落に住んでいる、

私の先輩から紹介頂いた方が、『やまご旅館』のご主人・小野塚高一さんでした。

3月24日のブログにて紹介 → http://minamiuonuma.life/blog/11909/

 

小野塚さんは、巻機山を愛し、自然を守る為の活動をたくさんしておられ

その活動内容をひとつ皆様にお知らせいたしたく、

今回は巻機山の自然保護と山小屋の維持管理をボランティアで行っていられる団体の

『巻友会』をご紹介いたします。

 

006

 

春の巻機山 もう雪溶け真っ最中ですね。

 

【巻友会】とは?・・・

 

昭和48年・・・今から42年前です。

当時も山ブームであり、百名山である巻機山にも多くの方たちが訪れたそうです。

当時は今ほど登山環境も整備されておらず、訪れた方は身勝手に山を登り、

自然の大切さや高山植物の保護の意識は薄かったそうです。

 

そして、旧塩沢町上田地域で山の環境が悪くなっていくのを見た地元の若者7名が、

酒を飲みながら語り合った中、

自分たちでこの山を守ろうと立ち上がったのが、【巻友会】発足の始まりだそうです。

 

現在まで地道に活動を継続されてこられ、登山者が安全で気持ちよく登山できるように

高山植物群生域へのロープ設置保護や山小屋の清掃管理を、40数年間続けて来たそうです。

 

発足当時のメンバーは、10名程度で、年齢も30歳前後の血気盛んな若者でしたが、

年数を重ねる中メンバーも増え、現在は30名近くが集まり、大所帯になったそうです。

嬉しいことに、発足当時の方々のご子息が多く参加されており、現在は親子二代の会員が6組もおられます。

今年から世代交代ということで、歴代会長を務めた方のご子息が六代目会長を務めることとなり、

【二世会長】が誕生したのだそうです。

 

005

 

六代目巻友会長 田村仁さん

お父さんは第二代会長を昭和59年から12年間務められたそうです。

 

六代目会長・田村仁さんにお話を伺いました。

若い会員がメインとなり、2人一組で毎週日曜日に登山を行い、

高山植物保護やロープの点検・山小屋の清掃管理を、登山者が帰る午後1:00頃より行っているそうです。

(昨年はシーズン19回の実施実績だったとのことです。)

 

001

 

発足当時からのメンバーと若い二世代メンバーの皆で点検登山風景です。

 

屋小屋を管理するにあたっての困りごとを伺うと、

最近は登山者の意識やマナーも向上しているものの、全員が全員マナーを守ってくれる訳ではなく…

いろんなトラブルがあります。

一番はトイレ!

トイレはバイオトイレであり、紙を分解できないのです。

『紙をトイレに捨てないで』の注意書きをしていますが、どうしても捨ててしまう方がいて、大変困っています。

お願いです。巻機山の山小屋では、トイレの中に紙を落とさないでください!

田村仁会長の強いお願いです。

 

002

003

 

苦労して登り、すぐに掃除開始だそうです。

 

004

 

バイオトイレのため、おがくずの攪拌が必要、これも一苦労です。

 

やめましょうよそんなこと!!!

山小屋には、お心づけ用の木箱が備え付けられてあり、トイレをお使いになられた登山者から

「お気持ち」を入れていただいているそうです。

頂いたお心づけ(お金)は山小屋の維持管理費に充てられています。

この大切なお心づけ用の木箱は、過去に2~3回壊され、中のお金がなくなっているそうです…

『きれいな心で山に登りましょう。』・・・やめましょうよそんなこと!!!

 

マイボス(主任)はこのひどい事件のことを、巻友会の友人から聞いて知っていて、写真を持っていました。

 

11430167_871216922953110_1784504318397903447_o

11220760_871217026286433_7514258000918703532_o (1)

11430181_871216989619770_3371131303358330187_o

11312836_871216929619776_1367686202916180464_o

 

 

山を愛する人、登山する人に悪い人はいない・・・。

これは悪質、窃盗目的でやっている。頑丈な木箱が、ねじあけられ、ごっそりお金が盗まれていた。

「怒り心頭というより悲しいよね・・・」と言っていました。

この壊された木箱を発見したのも巻友会。すぐさま報告され、巻友会の方々が修理に行き、新しく取り付けたそうです。

 

 

気温も温かくなり春らしくなってきました。登山シーズン間近です。

皆でこの自然守り、楽しく気持ちよく山を楽しませてもらいましょう。

 

山バッチを探して歩く中、人と人の繋がりを通して

地域や自然を愛し実際に行動されている有志の方々の存在を知り、

今まで自分の事・家族の事しか考えなかった、じさまにとっては

恥ずかしい!ありがたい!感謝の気持ちになりました。

じさまも何か地域の役に立てることを探します。

 

 

 

巻友会フェイスブック
https://www.facebook.com/%E5%B7%BB%E6%A9%9F%E5%8F%8B%E3%81%AE%E4%BC%9A-1415535555440909/

 

 

 

記:小林 悦雄

LINEで送る
Pocket